via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

30-30インターバル

ども、おいでませ。

今年初投稿でございます。
皆様、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m








さてさて年末年始のお休みも終わり、ようやく日常ルーティンが戻ってまいりまして、

日々のトレーニングメニューも今まで通りの順番に戻ってきました。



と言うことで、昨日(1/11)は今まで通りの高負荷練を行いました。



高負荷練で、ここ2ヶ月継続しているのが、

「30-30インターバル」です。

色んな文献やサイトでは、パワーやVO2MAX解説やら書いていますが、



私の目的は、
・クリテに特化したメニューに絞る

・レース中のインターバルやゴール前で落ちこぼれない強さ

・全開で踏むトレーニング

・心拍を徹底してあげる


としましたので、


強度は400w以上、
本数目標20本(30-30で1セットを20セット)


パワーは置きに行かず、セット前半は500w可能なら出し、

5本過ぎからタレてきても、400wを切らないように踏む。

と言う単純なメニューにしました。






高強度メニュー中はあれこれ考えたり、パワー変更させる暇がないので、そうしちゃいました…






そして、目標本数20本ですが、常に全力なので、

当然20本こなすことは難しいです…




が、

前回より多く本数をこなす!

前回よりパワー高く継続させる!

をクリアして、20本達成出来ることを目標に頑張ることにします。




なぜ20本かは、クリテでカーブ立ち上がりや、逃げ、アタックに全周回対応出来るようにするために必要となる本数と考えたからです。





そして昨日のメニューは、

15分アップ (40Wから徐々に上げて130W)

30-30インターバル×12本

5分レスト

15分SST →  5分しか持たず

15分ダウン 




本数は、12本しか持たずでしたが、8本当たりから呼吸困難に陥り、
12本終わったところで、大きく傾きあやうく落車というくらいまで追い込めました!


その後、15分SSTでベースを鍛えようと思いましたが、4分当たりで右ふくろはぎが攣って終了・・・。






ふくろはぎが攣るっていう事は、まだまだ脚の使い方が悪いのかな???




このメニューは、10月中旬から初めて、2か月半くらい続けております。
ただ、強度的に週一回しかしていませんが。。。
それでも8回以上はやってきてますが、いまだになれませんね。



富士ヒルやハルヒルも控え、そろそろFTPやヒルクライムについても気になる時期になって、
年末年始でトレーニングメニューも色々悩みましたが、

3か月以上は同じメニューをこなして、結果を見ていきたいので、
暫くはこのメニューとサイクルを続けていきたいと思います。








で、何事も無かった様にブログ書き始めてるけど、「ごめんなさい」とか、シリーズの続きとかガン無視?




・・・・・





今年もよろしくお願いいたします!


にほんブログ村





閑話休題〜(。-_-。)

ども、おいでませ。

この週末は雪やら寒さやらで、全く走る気にならなかったオデでつ。



水曜に大磯クリテがあったのですが、そこから週末にかけて、からだが
「ちょっと休もうよ〜」って言っているようで、イマイチ頑張れる気にならなかったので、結局ダラダラと過ごしちゃいました。


なので、自転車乗らなかったら、あとする事といえば、



散歩です!




2人で金色(こんじき)の野に降り立ち、




黄昏れ、








朝の極寒の雨の中外に出て、





そうそう、最近全くカメラをいじってなかったので、スマホでばかり写真を撮ってたのですが、

改めてコンデジを出してきて撮ると、


まあ、綺麗に撮れる…





と言うことで、調子に乗って沢山撮ってきました。



今日は釣り日和じゃね⁉︎



なあ、そうだろっ!




撮ってばっかいねぇで、早く進め!




おらっ!ウンコするぞ!




いつも一緒になる友達と!





朝の散歩から帰ると、濡れたのでシャワーを浴びて、ひと眠り…




はぁー、幸せの時間。




寝かせろよっ!






午後から所用で、みなとみらいに用があったので、ウルを連れて行くと、



おっ、食いモンの匂い!



赤レンガで雪を用意したイベントがありました。
ウルも初めての雪。

美味しそうに舐めてました…











3倍以上あるワンコに遭遇しても、普通に向かって行って、逆に相手がビックリするって言うね。






ふふふっ、俺は強い!



ビシッ!




でも、どれだけ格好つけてもおやつを前にしたら、




く・ぎ・づ・け!





今日も楽しかったぞ!また連れてけ、な!






あー、寒い!

川崎マリンエンデューロ~スタートから1時間半~

ども、おいでませ。


遅れに遅れていましたが、2016/10/16 に開催された 『川崎マリンエンデューロ 3時間ソロ』
の続きを書いていきまーす!



さて、スタート位置に並んだ、雑兵3名。





緊張の中、スタートの号砲がなり、一斉にスタートを切ります。
と言っても、最初の1周ほどはローリングスタートだったので、ゆっくりペースの中、熾烈な順位
争いを繰り広げていきます。


午前中の同じ時間にスタートを切ったのは、全員3時間コース。(あと5時間ソロのキングクラスも。。。)
2時間は午後からなので、ペースが混成することはないのですが、同じ3時間でもチームや男女混成
などまちまちなので、男子のみのチームの方々が、ペースを上げるべく前に詰めてきます。

そこで私、ソロだからと、ちょっと気後れしたすきに、バンバン間に入られて、気が付くと先頭集団の
一番うしろ。。。。








まあただ、先頭集団にはかろうじて残れました。

あとは、先頭集団でどれだけ残れるか。
目指すは最低1時間、出来たら2時間半は残りたいところです。



弩フラットな周回コースで、途中向かい風区間などもあるコースですが、集団の魔力か人が密集した
状態でもストレートは40㎞/h以上出ています。

ただ、まだ始まったばかりだからか、そんなに苦しくもない。




ただ、先頭集団といえども、集団の後ろにいると2か所ある360度ターンの度に、カーブ手前で詰まり、
カーブ抜けると先行と前が空くので追いつくためインターバルがかかるという繰り返しになります。

集団の先頭はこれの負担が少なく、後ろになればなるほど負担が大きくなります。
(まあ、それでもストレートは楽できるし、落車のリスクも少ないし。。。)




30分~1時間くらいの間は、チームで交代する人が出てきたりして集団も徐々に人数が減ってきます。

そのタイミングで、強烈なインターバルに耐え切れなくなった人が、1人また1人とカーブの度に中切れ
起こす様になりました。



中切れは万死に値する!チネッ!




しかもそういった人たちは、自分の限界を知らないのか、はたまた周りの迷惑を考えないのか、ぎりぎりまで
粘り、カーブを抜けて立ち上がりのスピード上げるところで、切れていきます。。。。。



これは相当迷惑です!





誰もがキツいカーブ立ち上がりで中切れされたら、先行者に追いつくのも一苦労です。



せめて、空気を読んでカーブ手前で横にそれて道を開けて欲しかった。





スタートから1時間を過ぎると、初め40名以上はいた集団も交代や中切れで、いつしか半数近くまで減っています。








ん?1時間? 




やったー、凄げー1時間は先頭集団についていけた!




少し脚に来るものはありますが、このペースでいけばあと1時間は持ちそう。
そうすると、残り1時間が出来るだけ踏ん張って、集団に居続けるという希望も湧いてきます。




そんな計算も働きだした1時間過ぎ。

ストレートですが、道幅がやや狭まるスポットで、前方から、



がらがらがっしゃ~ん!




私の前の前の前から突然、あり得ない音が発生しました。 落車です!



もう少し余裕もあれば、声も出せましたが、そんな余裕もないほど目の前で落車です。 もうタヒは目の前です。






~以下、超スローモーションで見えた回想(実際は2~3秒)~



3人前の人が落車。


くぼみで前輪とられたのか、ハスッた様にして横に倒れていく。


同時に真後ろの人も巻き込まれて転んでいく。。


私の目の前の人も、どう見ても助からない。


しかし、問題はこの人がどっちに逃げるか。私の位置からは右に行くしかない。


私の右隣にもう一人いるがその人も転かさず、体で押して右に逃げ始める。


ゲッ、前の人右に来た。
そして、前の人がとうとう巻き込まれて落車。


前の人が思ったより右に来たので、私の逃げ場がない! ヤバい・・・




もうダメだ・・・・




これは一番低い高さの場所に乗り上げるしかないか。。。。
脚だったらゴメン!



っと思ったら、前の人つんのめって前転になった。後輪浮いてきた。。



微妙にスペース出来た。 ここだッ!



もう何も考えず全身に力を入れて突っ込む。


タイヤが左こめかみに当たる!!でも押し返す。



抜けた!



タイヤは?チェーンは?   無事だ!


体は?   何ともない!



行ける!!!



~以上、超スローモーションに感じた、一瞬の出来事~




なんとか無事にすり抜け、後ろからもどんどん突っ込んでくるので、止まることなく少し前に進んで振り返ると、
大惨事になってました。
ただ側道を見ると、サポートライダーの方が駆け寄ってくる所だったので、自分はレースに戻ることに。




しかし、先頭集団遥か彼方~



ローテ組んで追いつこうと回りを見渡すも、追いつこうとする人誰もいない。。。。



しょうがないので、ソロで必死に踏み、必死に踏み、
うしろで誰かついてきたようだけど、気にせず踏み、
ふと見るとまた独りになってて踏み、

やっと半周分走った頃、先頭集団のしっぽを何とか捕まえる事が出来ました!



しんどかったT^T、今日イチ頑張った!









しかし、予期せぬトラブルで先頭集団にはいるものの、満身創痍のウルちゃん。


果たして、このまま集団に残れるのか⁉︎
無事にゴールは切れるのか?


つづく!





つづく… ⁉︎

にほんブログ村

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ