via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

SRAM eTAPを!

試乗車で試してきました!

スミマセン、ハイ





ども、おいでませ。

レース記事もひと段落したところで、気になっていた事項を書いていきます。
今回は、すらむ いーたっぷ と、 すらむれっど


皆さんご存知ですか、SRAMを?


シマノ、カンパニョーロに次ぐ、第3のコンポーネントメーカーと言われているアメリカにある会社の名前です。
MTBではかなりのシェアを誇っている様ですが、ロード系はシマノ、カンパの牙城が高くなかなかシェアが広がってこなかったようです。
しかし、近年普通の機械式に加え、無線式の電動コンポを発売したことで、一気に有名に
ツイッターやブログを見ても、こちらに載せ替える人もチラホラと散見されます。



そんな中、無線とは一切関係ないところで、このコンポが非常に気になっておりました。



その理由が、

 ①ブラケットが小さく、握りやすい

 ②ブラケット角が直角に近く、私の握りにフィットしやすい

 ③ブレーキレバー角調整があり、ブレーキが掛けやすい

 ④シマノと一部共有できる



という、無線関係ないやん!という箇所でした。



①について
 私の手はそれほど小さくないのですが、ライド中は常にブラケットやハンドルを握り続けています。
 手を添えてなんて、ほぼやりません。
 そのため、ずっと握っていると疲れてくるシマノの機械式デュラは、もう嫌だったんです。。。。


②について
   私の握り方は親指を立てて握ります。
  シマノやカンパに比べ、スラムの方が圧倒的に立てやすい形状をしていると、最近気づいてから気になってました。


③について
   これは3段階ぐらいブレーキレバー角度が調整できるのと、ブラケットを持ったまま指1~2本でブレーキが掛けやすいという情報を仕入れたからです。
  シマノもアルテやデュラまで行くと、相当掛けやすいですが、ブラケットポジションと下ハンポジション両方で掛けやすくする場所っていうのがないのです。
  掛けやすいけど、どちらかのポジションだけっていうのがシマノ。
  女性はもしかしたら、スラムコンポにした方がブレーキ問題なども一緒に解決しやすいかもしれません。


④について
  そしてこれまでカンパの事をあまり触れていませんが、理由はこの④
 カンパにするとコンポーネント一式すべてを変える必要があります。 ついでにホイールハブなども。
 しかし、スラムはギアドライブ系だけ統一する必要がありますが、これとシマノブレーキやクランクが使える!
 これが大きいです。






そして気になる値段は、
 STIレバー、FD、RDなどのドライブトレインだけ交換した場合のSRAM eTAPが 
   210,000円(税抜)ワイドギア使用ver。

 デュラのDi2にした場合とそんなに変わりません。 
こう考えるとやはり高い。
しかし、無線なので、電動ワイヤーなど張り巡らさなくても済むし、非常にすっきりした車体になりそうです。




そして、いざ試乗。





まずは、機械式のSRAM REDから。
握った感触は、とてもよく握りこみやすい。
シマノと違って余計なでっぱりやむき出し部分がないので、握りこめる感じです。

大きさは、機械式のデュラより若干小さい程度。
親指の立て易さも若干良いかなというくらいです。

さて、肝心の変速性能ですが、これはちょっと気になる違和感が・・・。

操作性は、ダブルタップ操作ですぐ慣れますし、楽しいです。
しかし、変速としてみると、
フロントはまあ可もなく不可もなく、カリカリッと言ってすぐ変わります。

ただ、リアはまず音がデカい!
1段1段、ガチャンっ!とかなりの音量を出しながら変わっていきます。
また、変速の速さはやはりもたつくかなという感じ。
もたつきながらミドルギアあたりではうまく変速できなかったりと不安箇所が散見されます。

所見印象として、
   

単純な休日ライドなら、操作性や握り易さから、これが良いと思えるほど充分過ぎるコンポです。
ですが、いざレースと考えると、かなり厳しい。   
もたつく場面が必ず出てくるのと、不意のアタックに対応失敗してしまうイメージがふつふつと湧いてきました。





そうしていよいよ 無線式のSRAM eTAPを。
握った感触は、機械式のREDより一回り以上、いや二回り近くまで小さく、手の中の納まりも良いです。
変速方法は、機械式と違いますがこちらの方がフィーリング的に簡単。
また、変速レバーを押し込まなくても、薬指や小指で軽く動かくだけで、認識してくれます。 





変則性能は、機械式と比べれば格段に静かで滑らか。
シマノと比較すると、まだ若干音はあるな~。
ただ、音はそこまで気にならないレベル。 




変則性能としても、充分レースにも使えるなというレベルでスムーズに動きます。
シマノのデュラに比べると、少しもたつく印象ありますが、まあ大丈夫だろうと言えるレベルです。

ブラケットの形状も私には問題なくピッタリ。
しっかり握って1日ライドしても、大丈夫です。



ブレーキのかけ心地は、ボジションがあってなかったのでちょい微妙でしたが、レバーをかけた瞬間の軽さは、デュラの比ではありませんでした。



これはなかなかそそられます。

あとは、値段だけの問題です。


かなり悩みます! ってか悩ましいです。。。








最後に、参考までにと言うことで電話をくれたショップスタッフのマイロードバイクにも乗せてもらいます。

アルテグラのDi2を乗せ、フレームは試乗車と同じ物です。




ブラケットの感じは、電動になって小さくなったのか、良い感じです。
私でも握りやすく、どこか当たって痛くなりそうって事も無さそうです。

変速はやはりシマノ
何の遜色もありません。

ただ、ブレーキレバーは今の機械式とあまり変わらず。
余裕を持って掛けられますが、やはり軽い力でという部分はSRAMが秀でてるかな…

ブラケットと下ハンで丁度良い場所を探すのは大変そうです。


しかし、値段はアルテだと、SRAMの半額近く




充分じゃん!安くできるし!
いやむしろ、これが良い。。。







お金に余裕があれば、握ったフィーリングとまだあまり持っている人がいないという点で、
SRAM eTAP!
と言いたいところですが、

考えていた悪い印象は、全て払しょくされてしまったため、アルテグラ Di2が俄然魅力的になってしまいました。


そして今なら、新世代アルテグラの発売が控えていることもあり、いくらかの割引が出来るそうです。。。





   




あの・・・・・、奥様これが・・・・









うおー、どうしよう!?

にほんブログ村

心の休息

ども、おいでませ。

土曜日で、どうせそんなに見る人もいないだろうと、力を入れずに書いております…



この前の木曜日は、奥様の実家へ。
もちろんウルも連れてです。




へへっ、一緒に行ってやるよ!






途中、海老名SAで休憩すると機動警備隊のパトカーや白バイの展示会があったので、ウルの散歩がてら寄って見ると、




子供用のパトカーもありました。






そうして実家へ。

実家では、ウルと同じミニチュアシュナウザーを飼っていて、こちらはウルより3才年上の


リンちゃん。








田舎の家で庭が広いので、2匹で遊び、






ウルは、追いかけ回されます…




このリンちゃん、
とても人見知りで、よく顔を合わせている人でも、吠えまくり、

おじいちゃんおばあちゃん以外には、誰も抱っこさせず、



私もちっちゃい時にしか会ってないので、絶対吠えられると思ったんですが、












あれっ⁉︎





奥様にはなかなか近づかないのですが、おかしいですね…




折角なんでちょっと自転車乗ってきて、その後で2匹と目一杯遊んであげると、









疲れたんでしょうか…



まあ割と可愛い感じにくっついてきます。






あれっ人見知りは⁉︎





家に入った瞬間は、凄い吠えてたんですけどねぇ…



そして、




終いには、寝ていた私につられて、







💤💤💤



普段のウルの場所が見事にとられ、


ウルは拗ねてお母さんのところへ…








いやー癒されました。


もう一匹いても良いな…





さあ  仕事  練習練習!

水墨画の様な風景に

ども、おいでませ。

昨日の続きで、長野県ポタリングツアーの様子を書こうと思ったんですが、宮田村ヒルクライムコースの試走状況なんて書いても、ほぼ誰も興味示さないと思いますので、


とても綺麗な風景だった、1箇所だけピックアップして書きます。





ところで皆さんは、
御射鹿池(みしゃかいけ)

ってご存知ですか?




長野県茅野市豊平にあるため池で、東山魁夷が「緑響く」という作品のモチーフとしたことで、とても有名な場所です。


そして場所は、茅野市とありますが、山の中腹です。

そうあの八ヶ岳の。



八ヶ岳ということで、麦草峠を超えるあのメルヘン街道を思い浮かべる人もありますが、ここはメルヘン街道から一本それた、奥蓼科温泉郷に通じる道を行きます。


場所はここ。





メルヘン街道は、距離こそ長いものの、急勾配は少なく、走りやすい道なので、憧れている人も多いと思います。



その様な中で、こんな風景が1本それた道に存在しています。




































まるで心洗われる風景です。

訪れたのは、早朝だったので新緑に太陽が降り注ぐ前だったのは残念ですが、

朝靄が少し立ちこめ、幻想的な雰囲気でした。


因みに、プロが撮るとこうなる様です。




























超絶オススメですので、
是非、八ヶ岳ライドと併せて行ってみてください!








しかし!

優雅なメルヘン街道を1本でも逸れると、まるで地獄の様相を呈します。

八ヶ岳の取り付き、茅野市からここまで、約16㎞。
始めの11㎞は、確かにゆるい勾配でとても気持ちいい道ですが、
ラスト5㎞は、不用意に行くとチネます…

勾配は10%を下回ることはなく、12〜15%は当たり前!

余りの地獄さで、勾配12%が、
「あれっ、脚良く回るな〜」

勾配10%が、
「おっ、下り!」

と勘違いするレベルです。




どうか皆さん、お気をつけて〜





是非行って欲しいな〜
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ