via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

横浜市内の激坂⁉︎part2 隠れた名坂

横浜市内の激坂を探し出すシリーズ、PART2です。

前回、黄金町の『きゅうざか』をご紹介(前回記事はこちら)しましたが、今回も同じ丘から違う登り口をご紹介!





ーーーーーーーーーーーーーー



それは、突然現れた。
1つの激坂を制覇し、その疲れと荒い息を整えるべく、住宅街の裏道とも呼べる狭い道をゆっくり流していたulvamは、驚愕の風景を眼にするのであった…






















なんじゃこりゃ!








あまりにひっそりと、そしてあまりに風景に溶け込んでいるため、全く予想出来ない…

そして、油断させた所へガツンとお見舞いさせるという強烈な坂。





当然、油断させなければならないため、坂の名前などはないッ!



今回偶然にも発見した冒険野郎ulvamは、名前がないのが怖さを助長している!として坂の名前を命名
その名を  『新善光寺裏坂』  とする。


ピークにあるお寺さんが由来である。




坂があれば登る。







あまりに単純なその行為に、我々は声をかけることすら出来ず、ただ見守るしか術はない…



バカだから





果敢にも突撃したばかulvamが、死力の限りを尽くして到達した最初のカーブで驚愕の事実を目にする。
















最初のカーブまで8%。
この先明らかに10%超です。
オーバー。







しかし、無銘の名峰にひっそりと暮らす原住民の視線もあり、歩みを止める事も躊躇われる。


意を決して、先へと進むulvam。





家や壁の斜度がトリックアートみたいに、おかしなことになってるんですけど…







次なるカーブに辿り着くも、安心は出来ない!

何故なら、





じゃん!














12%来ました!

オーバー





進むしかない、進むしかないのだulvam!
もう記事を書き始めてしまったので、登るしかないのだ!






我々の声援が届いたのか、朦朧としながらも進んでいる。



しかし、既に脚は終わりかけている。
全ては、目の前のカーブの先がどうなっているか、にかかっている!

果たしてゴールが見えるのか⁉︎






















否ー!
16%来ました…

今からヒラリーステップに入ります。  オーバー







泣くなulvam!
悔しいのはみんな同じだ!

でも走ろうじゃないか。
だって記事は書き始めてるんだッ!




ただ流石、歴戦の勇者。
カーブで一瞬4%になるタイミングを見逃さず脚を休めるあたり、風格さえ感じられる…



しかも、先ほどの写真を見るとあれより高い建物はなく、空が見えている。

と、言う事はゴールはあそこだ!





うぉぉぉぉっ!







ゴールが見えると現金なもので、へそくりパワーで踏ん張ります。










もう少しだ!
頑張れー。











よーしッ!越えたー!







ただご覧のように道が狭いので、奥まで行って休むことにします。











あーあー、こちらulvam。
大変な事になりました。
写真送ります。
オーバー








1本の連絡とともに送られてきた写真を見て、我々一同はため息とともに絶望の淵に立たされることとなった…




























そして再び交信が、




アタック中ですが、信号が赤です!
この場合、どうやって待てばいいか、教え……





この交信を最後に、通信が途絶えたulvam。




彼は無事ピークを越え、颯爽と走り去ったのか⁉︎
はたまた、名も無き名峰の礎となったのか…⁉︎






この結論は、一緒に走ってくれた人にだけ公開します…
(何にもないですが…)





あっ、坂の名前知ってる人いたら教えて下さい〜





新善光寺裏坂データ

距離      : 350m
平均勾配   : 12%
坂タイプ雑感 : ちょっとだけ真っ直ぐの急勾配のあと、カーブ。
           カーブを抜けると更なる急坂がまっていて、どんどん
           斜度が増していくという、死にはしないけど遠慮なくぶすぶすと
           小柄で刺してくるタイプです。












挑戦してやるって方以外、ボチッとお願いします!


横浜市内の激坂!?part1 ここがナンバー1か 黄金町 

神奈川県は、ヤビツ峠や箱根、宮ヶ瀬湖界隈や丹沢湖界隈などの激坂地区が非常に有名です。 


しかし、横浜市からは微妙な距離…

ちょっとだけ時間できたから走りたい、なんて時は困ってしまいます。


本当に横浜市内は坂はないのか!?






と言う事で、今回は横浜市内の激坂探しをしてみました!



実は、横浜は大きい山こそないですが、いくつもの丘に囲まれた町なのです。

いくつもの丘を選んで走れば、獲得標高2,000mも夢じゃない!






いざッ!









初回の今回は、南区の京急黄金町近くにある坂をご紹介。









横浜の数ある坂の中で、この坂は一番の激坂だと思います。


距離は230m足らずですが、ルートラボでは平均9.5%、ガーミンでは出だし8%、中盤12%、後半15%・・・。





普通の生活道路で、小中高校がある道が激坂って!







スタート地点











カーブから先が、ありえない角度でグイーンって・・・。





意を決してスタート!

カーブの先がどうなっているのか!?
















DSC09203






またカーブでした・・・。



距離は短いので、ぐいぐい行きます。


DSC09201





カーブまで来ると、序盤終了。
いよいよ中盤に入りますが、このカーブの先はどうなっているのかッ!?














DSC09198




カーブ・・・。



そして激坂の証拠、輪っかがでてきた



このカーブを抜ければ、いよいよ激坂の全貌が姿を現します。






じゃん!

















DSC09196



DSC09195





ひえ~!








そしてこの坂が恐ろしいのは、これから。

上の写真では全く分からず、走ってみないとわからないのですが、
こちらを見てください。




DSC09193




自販機のあたりで、再びクイッと角度が急になってるのがわかるでしょうか!?

これ、実際は走ってみて、その時になってみないとわからないトリック坂なのです。

そして終盤、ラストスパートとなるそこからの斜度は15%となり、短いながらももうダメかも・・・
と思わせる構成となってます。








しかし、ヒルクライムスプリントばかり練習している成果なのか、基礎体力が上がってきたからか、
なんとかこの坂も無事クリア!


タイムは、1:25。

あとで見たら、STRAVAも設定されていたようで、現在のトップは1:33。




よしッ、もうちょっと引き離せるくらい練習して、更新しよう!






ぜーはぁー、ぜーはぁー言いながら少し休んだら、下りながら坂の全貌を収めるべく写真を撮ります。
(上の写真も下り中に撮ったんですからね!)







頂上から

DSC09175





どうでしょうか、この急斜面っぷりは!
先が全く見えません。

因みに車だと、ボンネットがあって一瞬何も見えなくなります。
ここに寝ていたら、間違いなく轢かれるでしょう!




恐る恐る進むと、カーブも混ざって見通し悪過ぎ・・・。



DSC09176








先ほどの自販機のあたりから。


DSC09177






向こうの建物と比べると、いかに急斜面になっているのが分かります。









坂の途中に、坂の名前がありました。

うんっ?










きゅうざか!?







えらくトンチの聞いた名前です。
昔の人も思うところは一緒だったのでしょう・・・・・・・





と、思ったら







漢字で書くと『旧坂』でした。




しかし、どこで撮ってもとんでもない坂です。



DSC09199








以上、横浜の激坂紹介第一弾は、黄金町駅近くの旧坂でした。


皆さんも、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。




あっ、連絡くれたら跳んでいきますので!






STRAVA使いの方は、ほどほどにお願いします。。。













輪っか怖いって方、ポチッと!

にほんブログ村



震災から1年。白馬激坂を見に行ってみた!

こんにちは。

今週は、久々長野に行き坂道練習をたっぷり⁉︎してきました。




さて、白馬は一足先に紅葉も始まり、それが終わればいよいよスキーシーズンとなります。


まだ昨年襲った長野県神城断層地震の復旧も完全復旧とまでは行っておりませんが、雪が降ったら工事はストップとなります。

(観光関連の施設、宿、飲食店などは大丈夫です。)



その雪が降る前に、よく行っていた白馬の激坂はどのくらい復旧しているのか、見に行ってきました。

(私にとっての激坂で、皆さんにとってただの坂)






白馬は、南北を国道148号線(千国街道)や大糸線が通っていますが、地図で見て北アルプスやスキー場が多くある西側はあまり被害はなく、主に東側の被害が大きかったのです。







なので、栂池の坂道などは変わらず健在!

今回は、東側を見に行きます。



私も暫くは遠慮していましたので、久しぶりです。




今回行ってみるのは、

・小谷地区の青鬼集落

・大出の吊り橋から鬼無里の奥裾花渓谷まで

・白馬ハイランドのハイランド坂(通称)



・ついでに五竜エスカル坂


です。





分かりにくいですよね…








《青鬼集落》


白馬村観光HPから引用



いきなり粋な名前ですが…

ここは、ほぼ小谷村(おたりむら)で棚田百選にも選ばれたほど景観の良いところですが、アクセスが非常に困難。



車一台がやっと通れる道を登ること1.5Km、村に到着します。

高度はスタート650mから120mほど登り、平均勾配8%弱です。



登りの練習をしたいので、行ってみましたが、




残念…。

でもしょうがないですね。
青鬼集落の方は、一時期避難所生活を強いられていた程の被害だったようです。
今も不便な生活を余儀なくされているので、一刻も早い復旧を願っております。




しかし、もう通行止の看板は見慣れてきました…


あ、ここは蛇も多いところで、この日も、




何匹か現れたり、轢かれていたりしました。




ぬおっ、ロードでこいつ踏んじまった〜!

ぐちゅってした…






これマジです。
看板見てたら気付きませんでした…











《大出の吊り橋から奥裾花渓谷》


ここは激坂ではありませんが、長い登りということで。

  奥裾花渓谷は、日本百景にも選ばれる程の景観で、グランドキャニオンのような崖が何キロも続いています。





白馬村側からここに行くには、国道406号線を通ります。

登り始めるのは、白馬村の大出公園からですが、そこには大出の吊り橋という名所もあります。





人がいなかったので、乗ったまま渡ってみた。

紅葉真っ盛り!


つり橋を堪能したら、スタートです。
ここの目の前から、急に登りが始まります。


よしっ、



























ダートでした…。






どのくらい続いているか、分かりませんでしたが、もう少しで舗装が出来そうといった感じでした。



次っ!









《白馬ハイランドのハイランド坂(通称)》



その名の通り、白馬ハイランドスキー場入り口がある道です。
ハイランドの方が、自分のブログで坂の名前がないからハイランド坂!っと言ってましたので、それを借用。


自分で撮った



初夏は、田圃に張った水が一面鏡のように白馬岳を写しとても綺麗です。




下の小川から、スキー場入り口までか400m平均6.9%。入り口に入らずそのまま道なりに進んで集落抜けた辺りが700mで平均6.5%。

土手斜面など補強工事していましたが、道は問題なかったです。



建物のところが入り口。


今の私には丁度いい感じ。

今日はまだポタしかしていないので、ここで2本全力走!



1本目タイム2:25
2本目タイム2:50



昨日より斜度緩いので、速くなりましたが、まだまだ話になりません…









《ついでの白馬五竜エスカルプラザ坂》


名前の通りです。
私のホームゲレンデ、五竜とおみゲレンデ側入口の坂です。
スプリント練習のために寄りました。


下の交差点や踏切がある辺りから、スキーセンターのエスカルプラザまで、1.5Km。

前半0.8Kmは平均3%程度ですが、後半0.7Kmは平均8%!



あまりの斜度に、冬に雪が降ったら、スキーブーツ履いたまま登るのは至難の技です。


当然後半だけ堪能します。




1日3本は無理!
足攣った…














とまあ、復旧状況はこんな感じです。

スキー場側は問題ないですが、反対側は道がもうちょっとで復旧しそうな感じ。
観光名所は大丈夫です。





これだけだと、アレなんで、道道撮った写真でもどうぞ。


五竜いいもりも準備万端のようです。



白馬岳大雪渓も


ズーム

こんな小道のアイテムも

いいもり神社(霊験あらたか、あらかた、あやたか?)




ついでに白馬ではありませんが、聖地で有名な木崎湖の海ノ口駅に。



無人駅です


待合室にはこんなノートも。




以上、ゆるポタレポートでした!



練習しろよって思った方ポチっと、

 

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ