via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

ステムの長さ

実は私、やまめの学校の生徒でして、やまめ乗り(本当はおじぎ乗り)の体得を日々めざしております。


受講内容や劇的な変化は、おいおい書いて行きますが、下りが怖い、1人だと速く走れない、お尻がポンポン跳ねると言った方は、是非オススメです!

そんな中で、今回は最初の改造となるステム交換と最適な長さについて考えてみたいと思います。

ステムってなんだ⁉︎
肉か‼️



いえ、自転車パーツの一つです!
ハンドルとフレームを繋いでいるアレです。


あー、あの棒か!



まあ、間違ってはないです。
大体の方は、完成車を買われてから、ここは特に何もしていない人が大多数ではないでしょうか⁉︎

ショップでロードバイクを買う場合は、きちんと適正サイズのフレームを測ってもらってると思いますので、基本的に何もしないが正解です。

ただし、日々乗りこなし自転車体型が出来てきた方や、胴が長い方…、そしてやまめ乗りみたいに背中を真っ直ぐにして乗る方などは問題が出てきます。

なぜかと言いますと、購入する際の測定は身長やリーチから割り出して、丁度いいフレームサイズを勧められますが、大体のショツプは、背中を丸めて、骨盤を立てて〜という姿勢を前提に考えてます。
その場合、ステムは大体90や100センチなど特に聞かれる事なく付いてきます。

そこで先ほどの条件に当てはまる人ですが、普通よりも胴を使う(長い)ので、重心が前に来てしまいます。
というか、安定感出して乗るためにはこの重心位置が必要です。


参考までに私の乗車姿勢です。
ご覧のように背中ピーン!
骨盤から背中を曲げていて、綺麗なおじぎの様な姿勢じゃないでしょうか…?

この画像は既にステムは交換していますが、もしステムがこれより短かったらどうでしょうか?

手の位置がもっと後ろ寄りで、頭だけ前に来てしまう弱ペダの御堂筋くんの様なが想像できないでしょうか。
若しくは極端に背中が丸まる姿勢でしょうか

君も量産型やね、キモー!




ザクはほっといて、御堂筋くん姿勢だと最大の欠点として腿(モモ)の前側しか使うことができなくなります

このため、おじぎ乗りには必須ですが、ロードバイクに慣れて体が使えるようになると、誰しもが直面する課題だと思います。

その他、ハンドルを前に倒すという方法もありますが、今度はブレーキが掛け難かったり、下ハンだと意味がなかったりします。

本当はロードバイクを買うときに、測定されたサイズより1〜2サイズ上のものを買うのがいいと思いますが、今更遅いです(実際、49サイズの女性でも54をチョイスしていました)

ということでステム交換です。
こちらが交換する前












そして交換後












両者を比べると


ながっ!





そうなのです。
サイズ100→150㎜へと大幅UPしました。
これは極端な例ではなく、割と普通です。
そして、これに体が慣れてくるとサドルを後ろにずらし、それにも慣れたらいよいよフレーム買い替えしか手がなくなってきます。

つい先日、一生モノとして買ったロードですが、早くも次の話が出てきてしまいました…。

ヤツになんて言う気だ⁇⁇?




まあ先の話は置いとくとして、こうすることで色々な効果があります。

詳しくは今後のやまめ受講編で書くとして、1番の効果は安定感が抜群によくなり下り坂が怖くなくなったことと、手放し運転が呆気ないほど簡単にできることです。
これで手放しでカッコよくゴールが決められます!


いつの話だ!



因みに130㎜overのステムは、売っているメーカーが確か3Tしかありませんのでご注意を。


(ステムの最適な長さ)
先程の私の乗車姿勢(画像右側の方)の様な格好をして、腕も同じ様な曲げ具合にして下さい。

そこから背中、腰を動かさずに腕を前後に振ってください。
ブランコのような軌道が描けると思いますが、その曲線上にブラケット握る位置、下ハン持つ位置、ドリンク取る位置が来ることが理想です。
その位置に来るのに必要な長さを計れば最適な長さと成ります。

ただほとんどの人が140㎜か150㎜(3Tの場合)だと思います。






ぽちっ、で応援お願いします。






納車そしてロードバイク初乗車!

壮絶な家族会議の末、晴れてロードバイクを購入したのが前回までのあらすじですが、いよいよ納車そしてロードバイク初乗車となります。
試乗とかしてないのかって?
そんな事はしません、試す前に思い立ったらもう欲しいのです!

誰かが言ってました、
『金銭感覚狂ってからが趣味』って。

週末土曜日、いそいそとショップに出掛けます。
行く途中、ギアってどうやるんだ?
あのピチピチパンツどうやって履くんだ?
当然乗って帰るつもりだったけど大丈夫か?
などなど疑問は尽きません。
当たり前です。だって乗ったことがないんですから…


ショップに到着してすぐ帰れるものと思ってましたが、そこから臨時講習会が始まりました。

店員さんが自転車をローラー台に乗せて、
『暫く好きなように漕いでください』
『あ、はい…』
『ちょっとサドル位置変えますね〜』
『あ、はい』
『背中もう少し丸められますか?そう、それで30分くらい漕ぎ続けてください(^^)』
…10分後…
もう死ぬ!

『なかなか漕ぎ方の筋がいいですね〜、すぐ速くなりそうですよ』
『え〜、本当ですか〜』
『じゃあ、ビンディングシューズ履いて、はめたり外したり繰り返してください!20分くらい』
…5分後…
すみません、もうロードバイク嫌いになりました…』

何てことを手取り足取り教わります。
もう最初の疑問は吹っ飛びました。
聞くと、私の素人ぶりがよほど心配だったとかではなく、初めての方には同じ様な講習をされているようです。

一通り教わると、今度は外に出て実地です。
『あそこまで行ったら戻ってくるを繰り返してください』
チャリーン
『うおー、 なんだこれめっちゃ進むー❗️はえーー』
 
そうです、ローラー台で事前に漕いだことで、外に出ても一漕ぎめから躊躇なく回すことが出来るようになっていたのです。

あとは、日常的なケアの仕方やらパンクなどのトラブルの事(パンク修理は流石に教えてくれない…)を聞いて晴れて放免です。

『乗って帰りますか⁉︎じゃあ気を付けて乗ってください!
あ、そうそうこの道の100mくらい先で木の根っこがアスファルトを盛り上げている箇所があるので、気を付けてくださいね(≧∇≦)』


よし、行くぞ!
俺は風になるのだー!




チャリリーン
ぐるぐるガッチャーン


気もそぞろで聞いていたので、忘れていました。木の根っこでかなり盛り上がった道にハンドルを取られ、めでたく初ゴケも経験できました。


おいおい盛り上がったって、5つあるとは聞いてないぞ〜     ウェーブか!


記念すべき初ライドはショップから家まで10㌔でした。




ぽちっ、で応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


初めてのロードバイク購入!(壮絶な家族会議の果てに!)3

前回の通り、ロードバイクに興味を持ち買ってみようかなと考え出したしだいですが、色々調べてみると結構な値段がするということに薄々気付き出します。

ふむふむカーボンが今はいいのか〜、
なになに105よりアルテグラ?
やはり通はカンパっしょー、て言うのがカッコいい⁇
これなんて読むんだANCHOR  アンカー⁇?

もう手がつけられなくなりました
そこで都内の某有名ショップに行ってみますが、いちげんが心細げにおっかなびっくり自転車を触っているもんだから、店員も来てくれません。

古いアディダスジャージで声かけ待ちの女子みたいに突っ立ってるからじゃないのか?


しょーがないので、またネットで情報収集です。

デュラエースってのが最高らしいけど、素人が使ってると恥ずかしいのか…
ウェアのお金も考えたほうがいい?
ポッコリお腹で乗ってると笑われるから、やめた方がいい⁉︎

だんだん後ろ向きな検索結果に傾いて来ました…
そしてそこまで調べた結果、ある重大な事実にぶつかり、愕然とします。

それは少なくとも長く使う前提で考えれば、ウン十万もするってことです…
これはやばい、何がってどう許可を取ればいいか途方もつかない事がです、家で…


色々考えて、買いたいな〜と思ってるけど、安くないかも。




やっぱり〜、
でも続くならいいんじゃない!5万くらい?


う、う〜ん、よくわなんないけどそうかな。



やばい、これはやばい。
交渉の余地がないほど両者に開きがあります…


次の週末見に行くから、一緒に行ってみよう!



と言うことで、週末長野にあるバイクランチに行ってみます。



松本市新橋6-16 LIFE STYLE MARKET内


こんにちはー!
自転車見せてください〜




なにこの値段!




《  終了  …》



と言った顛末がありましたが、店内をゆっくり見て親切なスタッフさんの話しを聞き、ようやく敵も落ち着いてきたようです。

そこで、長く使えるだの、膝の心配もいらないだの、痩せやすいだの、少しずつこちらのペースに引き寄せます。

ここまでくれば、こっちも男です!
腹を決めて最後の綱を手繰り寄せることにしました。



お金のことは言うな!
風呂掃除とトイレ掃除ずっと、で手を打とうではないか!
ついでにたまに肩も揉ませていただきます❗️

ということで、無事自転車購入の許可を貰うことができました。

めでたし、めでたし!


ではなかった、肝心の自転車です。
時期は2014年7月、折しも新型が出るの出ないのという時期でもあり、所々で30%offの自転車が散見されます。

もちろん、私も吟味するまでもなく30%offに一気に絞り込みます。


何とかここまでたどり着いたので、一度帰って考えるのなんて、嫁の気が変わりそうで怖いもう面倒くさいです。

黄色か緑色か赤黒か赤黒でウニュウニュしたのか白が候補です。



赤黒ください❗️



今から考えるとトレック、キャノンデール、ピナレロ、アンカーと豪華なラインアップの中、私が選んだのは、
SPECIALIZEDスペシャライズド
TARMAC SL4
コンポはアルテグラの完成車でした。




































うおー、超カッケー!
標準ではバーテープが白でした(すぐに赤に変更する)

もう乗って帰ります‼︎
え、1〜2週間かかる⁉︎

はい、はい、じゃあまた取りに来ます。
支払いは先にしときますので、カードで!

え、ニコニコ現金払いだけ⁉︎
いえ、ローンとかじゃないです。ポイントが…
あ、はい、じゃあ後で振り込みます。

と何やら自動的にお会計フローにのり、気がついたらヘルメットやピチピチウェアなども手に持っておりました…


この俺様があんなピチピチ着るのか!
しかも、こ、これはパンツ
               履かないって‼️


こうして晴れて皆さんの仲間入りを果たすことが出来ました!

ここまで長い自己紹介でしたが、次号から、やっと自転車あれこれを綴っていきたいと思います。



続かないと、分かってるよね!

……。



ぽちっ、で応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ