via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

大磯クリテ16-17まとめ第4戦ミディアム

ども、おいでませ。


今週日曜日は、修善寺CSCで東京都ウィンターロードレースがあります。
5耐を除けば、初の修善寺周回レースです。
どうなるかわかりませんが、頑張ってきます!


さてさて、大磯クリテシリーズ。
つい先日行われた第4戦を書いてみました。











大磯クリテ第4戦目(2017/1/22)

カテゴリー:ミディアム
周回数:14周
結果:5位
チームメイト:なし…
レース内容:

いよいよミディアムのレースに出る日が来た。
この日を目標に頑張って来たが、週の頭から体調が悪くなり、自分の体調管理の悪さを呪う。

今回のミディアムは、私の出場を恐れて辞退した人が多数いたため  参加17名と少なめ。
天候は晴れだが、この日は生憎の強風。
しかもいつもと風向きが逆で、バックストレートが追い風、ホームストレートが向かい風。

そのため、試走はいつもと違って時間いっぱい使って、何パターンもコーナーやスプリント練習を行う。
コーナーは特に、アウト、イン、ブレーキ使う、使わないなど何パターンか試し、1番早く曲がれる方法を探った。



スタートは、前回同様最後尾に位置取る。
ローリーングスタート後、2名が飛び出し逃げが始まる。この逃げは確か数周で吸収。
物凄い強風で、バックストレートはかなりキツく、常に牽制がおこる。





道中は度々アタックが起り中切れなど発生するが、向かい風の影響で集団のまま推移。
先頭は頻繁に代わる。


8周目、流石に一度先頭で曳いた方が良いと思い、バックストレート向かい風で前に出る。
暫く進んで、ふと振り返ると、
「誰もついて来てない…」
一瞬逃げようようかな⁉︎と思うが残り6周なので思い留まると、その隙に1人逃げる人が出た。
無理には追わず、集団のペースに合わせて1周曳いて、また後ろに戻る。




1人は逃げたまま。
これを追うように少しペース上がったが、誰も動かず均衡状態が続く。


残り2周
流石に何度もコーナーを回ったので、今日はどちらが回りやすいコーナーか分かってきた。
いつも平塚コーナーで順位を上げるが、今回は小田原側コーナーしか無理そうだ。





ラストLAP
ラスト1周になったところで、平塚コーナーから単独で抜け出し、1周逃げようと決意。
最後尾から思いっきり踏んで、平塚コーナーにトップで入る。
出口からも思いっきり踏んで、独走!

と、思ってたけど動画見ると後ろに2人微妙に付いていた。




バックストレートも踏みまくり、小田原側コーナーもトップで入る。
このまま踏みまくれば1位だ!








が、ホームストレート向かい風のためすぐスプリントに入るのを躊躇し、
もうちょっとだけシッティングのままケイデンスを上げようと逡巡した隙に3人に一気に抜かされる。




慌ててスプリントに入るが、パワーもそんなに残ってなかった。
もう1人にもゴール手前で抜かれ、5位フィニッシュ。







結果、5位で表彰台なしのエキスパート昇格となった。





チームのみんなは、昇格を喜んでくれたが、心の中は、

メチャクチャ悔しい!


で一杯だった。

なぜ、躊躇してしまったのか。
脚は終わったとしても、躊躇なくスプリントしていれば、先行して逃げれたのでないか⁉︎
1周全力を出しきる力が全く足りてなかった。






ウォークライド様掲載の動画





とほほ…


1位も狙えたレースを、未熟さでみすみす逃してしまった。
こんな程度では、エキスパートクラスは全く通用しない。

次戦までに、一から作り直す気持ちでトレーニングをやり抜き、少しでも通用する様にやり切ってみます!





















取り敢えずCSCレース頑張るぞ!


大磯クリテ16-17まとめ第3戦スポーツ

ども、おいでませ。


大磯クリテシリーズもやっと3戦目まできました。
今回は見事昇格を果たし、一つ上のスポーツクラスで出走だったのですが、ここには最近上がったロキさんや、やっと追い付くことが出来たボーリーと、一緒に出場することが出来ました。


    photo by BASS,udon,boriko&kun-hori, thanks
レース前、一切視線を合わさない3人…



では、レース模様です。







大磯クリテ第3戦目(2016/12/25)

カテゴリー:スポーツ
周回数:12周
結果:2位
チームメイト:ロキさん、ボーリー
レース内容:

いよいよビギナーを卒業してスポーツクラスに。
上位クラスなので、ちょっとドキドキ。


スタートは、レベルを確かめるため後方に並ぶ。
ロキさんとボーリーは、前めの位置でスタート。

スタートから1.5周走り、ローリングスタートとなった瞬間からペースが一気に上がる。
集団の中程で、中切れがたびたび発生したが、ここは離されることなさそうだと感じて、後方待機のまま我慢する。

いよいよの時まで、出来るだけペースは一定に。
しかし、今回ロキさんとボーリーは積極的に先頭付近に位置している。
やはり上位クラスで後方にいると、対応できないのか?


暫くこんな感じで展開するが、8周目辺りの小田原側コーナーで落車が発生。
2台が絡む落車で、一旦徐行しないと抜けれない状態に。


この時前方にいた4名とそのほかの集団で分断が発生。
先行4人は逃げの体制に入った。


「マズイな」とは思ったものの、この時私とロキさんは、集団最後方から更に千切れた状態に。


堪らず、私はロキさんの後ろにベッタリ着く。
ロキさんは、慌てる事なく一定ペースで集団に追い付く。

〜助かりましたm(__)m〜






逃げグループはまだ活発にローテを繰り返して進んでいるが、集団も必死に追う展開。

1〜2周はこのままの距離間だろうな、と思った瞬間ボーリーが飛び出しブリッジを狙う。

「まだ早い!」思わずそう声を掛けたが、聞こえていないようだった。
暫くして、ヘトヘトになったボーリーが集団に戻ってくる。

お疲れ様です!






そこから1周する間、逃げグループを見ると、ローテが上手くいっていない様で、特に2人が疲れている様子。

ボーリーのブリッジ(未遂)でペースが上がったため、差は少し縮まったが、集団も徐々に牽制が入り上手く追えない状況になる。


「マズイな、逃げ4名が2人切り捨てて更に逃げると厄介だな…」
そう感じていた瞬間、集団が牽制に入りペースが落ちる。



今だ!


考えるより先に、体が勝手に動き、全力スプリントに。

始めから誰も連れて行く気もなく、兎に角1人抜け出る事だけ考えて踏みまくると、単独化に成功。

ここから逃げグループ目指して、単独ブリッジの開始となった。






差は200mほど。
後ろとも同じくらいの差。
必死に巡航体制で回し続ける。
風がキツい。
めちゃくちゃキツい。

でも、1人だと応援がよく聞こえて、皆んな中洲で声を張り上げてくれる。
一際声が高いコーラさんは特に目立つ。
風で何言ってるかよく聞こえない!   皆んなありがとう!


のん気にワコーズの無料メンテを受けていた  みつさんもゴール付近で応援をくれる。
いつもと違ってまじめな応援じゃん!などと変に冷静になっていた。


でも嬉しい。意地でも追い付いてやる!





何とか2周かかって、逃げ集団の最後尾に付く。

中洲やまわりの観客から歓声が湧くのが分かった。
でも、頭の中はここからどう勝つか?で一杯。



ラスト2周目

追い付いた逃げ集団だが、すぐローテには加われそうにないので、申し訳ないが少し間を空けてギリギリ追い付いていない状態で、脚を貯める。

当然、後ろからほか選手の残りライフゲージも確認しておく。
後ろ集団は、もう追い付かないだろうという距離になっていた。






ラストLAP

流石にローテに加わる。
小田原側コーナーを抜け、私が先頭の番になって少し進んだタイミングで、アタック合戦となった。

すぐに反応できたので、3番手で平塚コーナーを通り、その間に1人抜かしたままホームストレート、スプリント(の様なもがき)に入る。


ちょっと詰めるのが遅くなって ここが1番ダメなところ、1番手の人には離されてしまったが、追い付こうと必死にもがく。










が、全く届かずフィニッシュ!

第2位。






めちゃくちゃしんどいレースだった…

テントに戻ると、皆んなからすごい祝福を受けた。
今まで3位しかとったことなかったので、初の2位に。
やっと1段階上がったかなと実感できました。



ウォークライド様掲載のレース動画





これで晴れて今期目標だった、ミディアムクラスへの昇格を果たせましたので、
今回の表彰台は本当に嬉しかったです。

次は更にレベルが上がるので、こんなに順調にはいかないと思いますが、1ヵ月インターバル練
頑張って望みたいと思います。





立てない…






 でも、後から動画見ると、1位も十分ねらえたな・・・。と悔しくなりました。
       


次はミディアム!

にほんブログ村



   

大磯クリテ16-17まとめ第2戦

ども、おいでませ。


寒い日が続いてますが、皆さんちゃんと自転車乗ってますか?







さてさて、忘れないうちに大磯クリテの続きを書いていきますね。
今回は、11月にあった第2戦です。

今回は、みつさんやイナバさんなど主要メンバーは他の大会に出でおり、テントはナシ。
応援も少なく、ちょっとだけ寂しかったです。








大磯クリテ第2戦目(2016/11/23)

カテゴリー:ビギナー
結果:3位
チームメイト:マツさん、bbさん
レース内容:

スタートは前列にマツさんが並んだので、その巨体に隠れる様にひっそりと後ろに位置取る。
これでもう誰にも発見されず。

スタート後は、集団中程で位置取る。
ローリングスタートで、2周目くらいから1人逃げが発生する。


容認かと思われたが、中途半端に追いつこうとする選手がいて、集団が間延びしたり、中切れが発生したりする。

まだ序盤なので、中切れしても慌てずチームメンバーで固まり、マイペースで集団に追いつく。


なかなか逃げが吸収されないため、集団ペースも一定にならないまま中盤戦が終わって行く。
相変わらず、慌てず集団後方を位置取る。


ラスト3周目
徐々に前に位置取り始めていたマツさんが、ここで先頭を引き出す。
なかなか速いペースで、逃げがあっという間に射程圏内となってくる。
結局、まるまる1周をマツさんがひく。
相変わらず強過ぎ。
私とbbさんは、集団後方で大人しくしていた。


ラスト2周目
バックストレートになったところで、マツさんが疲れてやや後退。
第1戦も似た様なことしたな…
それを見た他選手が一気に活性化して前に行く。
しかし、まだこのストレートでは早い。

少し我慢した後、平塚側コーナーに入るところで、一気にスピードを上げ、コーナーでごぼう抜きをかましながら、集団のトップに出る。
動画で何度見ても、ホレボレするコーナーワークだ。


トップに出たものの、ここで行くには早過ぎるので、並み足で進むと、先に仕掛ける人が出てきたので、後ろに付かせてもらう。



最終LAP

小田原側コーナーを利用して、先行者をパスし少し踏む。
ここで踏み過ぎると持たないので、余力を残しながらいく。
何人か後ろに付いている。

2周目からずっと逃げている人をバックストレートで吸収した瞬間から、私を含めた4人位でアタック合戦となった。
気配に気づかず、3人に先行を許す。

最終小田原側コーナー
勢いをつけてコーナーに入れたので、コーナー立ち上がりでスピードに乗せられたお蔭で、スプリントが伸びてくる。

前には3人。


ゴール前、
一瞬間に合わないか、とも思ったが諦めず必死に追ったら、何とかゴール手前で1人差せた。
結果、3位でゴール!






ウォークライド様の動画





追記
表彰台に立てた事は、凄く嬉しかったが、
前シーズンから約1年ビギナーにいたため、やっと昇格できるという嬉しさの方が上だった。


1ヶ月前から取り組んだインターバル練習が、少しは効果出た様で最後に踏む力が出てきた。
これからの継続に励みとなった。


表彰式では、あのアイドルとツーショットを取らせてもらった。









デレデレ。


次戦は、いよいよスポーツに昇格だ。
より厳しい戦いになりそうだけど、頑張るぞ!





可愛かったな〜

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ