via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

2015年12月

今年を振り返って〜隠しネタ放出!〜

ども、おいでませ!

いよいよ、本年も最後となりました。
皆様如何お過ごしでしょうか。



さて、御多分に洩れず今年振り返り記事を書こうかと思ったのですが、


ブログ始めたの7月じゃん!






そして、



振り返り⁉︎
ペペペッ、過去は振り返らない主義だぜっ!





と言うか、





前の記事読み返して、長い文章書くのメンドクサイんです。





と言うことで、恥ずかしくて書けなかったずっと隠し持っていたネタを披露します。




題して、

〜初めてのレース  富士ヒルクライムに無策で出て、やられてきました〜






富士ヒルクライムとは、言わずと知れたビック大会で、獲得標高1,255mくらいを24㎞かけて登っていくコースで、登るだけならなんとかなり、完走率も99%と割ととっつきやすい大会の様でした。



後から気付きました。
参加者8,500名なので、1%でも85名脱落します。




そしてこの年は3%くらいいたそうで(雨だったし)、255名…







息子もスキーがオフのため、一緒に参加!





1番左のヤツはなんだ!
全くの他人だが…





富士ヒルクライム、これは始まる前から勝負は始まっています。

始まるちょっと前に息子に異変が…







ぎゅるるるる〜






お腹から緊急事態を知らせるアラームがなり、トイレに駆け込みますが、




















残念、長蛇の列…







絶対に負けられない戦いがはじまります。








お腹は今にもOB寸前ですが、スタート時間も迫っている…




頑張れ息子!




踏ん張れ息子!




いきんだら出るぞ息子!





そして無情にもトイレの順番が来る前に、スタート時間となり、

人生で1番悲壮な顔を見せながら、ひょこひょことスタートグリッドに向かいます。






料金所にトイレあったから!







と叫ぶ私に、微かに笑いながら軽く頷きスタートしていきました。








そして暫くの後、私もスタート。




1度試走はしたとはいえ、今と違い全く練習なんてしていなかったので、(体重も今より+6キロの84kg)、すぐ息が上がり、以降はずっとゼーハーゼーハー状態。



途中、白い桃源郷の様な世界を垣間見ながら、何とか完走します。






私のタイム   130分…


息子のタイム  125分。




ひどいタイムだ…







因みに息子はスタート後、トイレに行くべくチャリを懸命に漕いでいたら、腹痛は治ったらしく、無事ゴールまで完走してから、トイレに駆け込んだらしいです。



これは試走の時のパシャッ


ヨカッタヨカッタ。










と言う様なチャレンジを今年、無謀にも息子と二人でしてきたのですが、


ぼろ負けという結果に。












何ともほろ苦い経験でした…













しかし現在は、


・毎週クリテ練、エンデューロ練でパワー向上

・10〜25㎞の山々に幾度も挑戦

・日々、SSTやL4、スプリント練を実施

そして、

・ヤビツ峠初挑戦にして、47分台をマーク(天才⁉︎)


という様々なトレーニングを積んできたので、前回のような無様な醜態は晒さないはずです。




なので、振り返りと言いつつ、ちょっと早いですが、


2016年は富士ヒルクライムに出てリベンジしたいと思います!





具体的な目標やタイムは、また新年になってからにします(*^^*)



あ、皆様今年1年ありがとうございました!

新年も引き続き、よろしくお願いします申し上げます。




よいお年を〜







どうせボロボロにされるぜって方ポチッと!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




絶対負けられない戦いがある!

ども、おいでませ!

師走も近づいてきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。





29日は、急遽隊長が、家族に相手されないから誰かかまって 時間が出来たという事で、都合がつく隊員は予定を調整しまくり、馳せ参じました!

隊長含め総勢6名




いつもの猿が島ワンナワーエンデューロで言うと、A班から3名、B班から3名です。





今回の練習内容はこちら!










































絶対負けられない戦い!



相模原ワンナワーお肉デューロです!




相模原にある有名なお肉屋さんで、1時間制限の食べ放題があると聞き、





なに、ワンナワーだと!
行かねば!





と言うことで戦いを挑んできました。



もちろんチーム練習なので、ZAPPEIジャージ着用です…






肉を待つA班





来た!肉の向こうには隊長





戦いが始まりました!




私はつい先日来た事があるので、皆んなの先頭を曳きます!






肉弾列車いっきまーす!







しかも、6名がそれぞれのTwitterでお肉の写真をあげるので、見る限りのツイートがお肉だらけと言う、さながらTwitterジャックも行います!







そして、1人あたり500gほどたいらげて終了!





400gバーグとガーミンを比較




残すと追加料金を取られるので、全力でぶつかり、見事勝利を収めました。





………。






本当は、お肉の前に猿が島ワンナワーをちゃんとやって、1時間で1人1,000Cal消費してましたよ。

いや、ほんと。








そして今日は1日練習会なので、

もうお腹パンパンですが、食べた分(過剰摂取した分)を消化すべく渋々ライドします。



か、か、軽くポタにしましょう!





《隊長以外4名》

そ、そうだそうだー!

何だったらもう帰っていいぞー!










《隊長》


そうか…

じゃ、相模野CCサクッと登りに行くか!







《一同》



………。










☆☆☆☆☆☆

Zappedia

 SAGAMINO CC(サガミーノ チィーチィー)(←調子のんなよテメ)



相模野カントリークラブに行くアプローチ道路で、世に言う激坂の1つ。


距離1.6㎞、平均勾配10.1%とまあまあのスペックで挑みやすさすら感じるが、実際に挑むと行程の半分が20%という現実を突きつけられ、何とか最終工程まで進むも、最後の最後が1番殺しにくる勾配を用意している、とっても危険な坂である。

この坂の手前、20%危険と言う看板の前で、ニヤッと笑う隊長の写真はあまりにも有名である。



因みにストラバセグメントあり。
KOMは、6:11という恐ろしいタイムを叩き出している。

参考までに筆者は、10:43。
隊長が8:07、登りのスペシャリストshinkさんが、7:29である。



ローディー界では、◯◯カントリーと名のつく道は、危険な香りしかしないともっぱらの噂。


覚悟して挑もう!

☆☆☆☆☆☆






すみません、絶対吐くので、夕飯にもう1回さっきの店行きませんか…⁉︎






こうして、我々ZAPPEIは、大磯クリテに向けて年末も関係なく、鍛え続けているのであった。





肉うまそーって思った方ポチッと!



クリスマスの後に…

ども、おいでませ! 


本日は、26日。
クリスマスを家族のため無事乗り切ったローディーの皆さんは、晴れた今日、ライドに出かけている方も多いと思います。

もしくは、今日から連休になる方も多いらしい様ですが、

私は仕事。

しかも休日出勤です。



29日から休む為、休日出勤ってなんのこっちゃ。








このような激務中なので、ライド記事もありません。


なので、適当な記事でお茶を濁すネタはないかと悩んだ所、クリスマス前後の顛末を書いていきます。






さて、クリスマス。

多神教の日本人は、死んだら坊主を呼び、願い事があれば神主へ詣で、12/25はツリーを見ると言う、フリースタイルな世界観を持っていますが、


それ故、本来のクリスマススタイルはとっくに忘れ、クリスマスにプレゼントを渡すという悪しき習慣だけが残ってしまいました。


そうです、プレゼントです。







日本におけるクリスマス論については、さて置いて、
現実問題として、プレゼントをあげないと、子供や配偶者から非難されるという現実が待っているのです。



普段、土日も子供や家の事をやらずに野山を駆け巡っているローディーの皆さんは、やましい気持ちを払拭するチャンスです。



そして、そればかりではありません。

考え方を変えると、


来年1年間も楽しく出かけられますように、とお願いできる唯一のチャンスが、クリスマスなのです!









そこで我が家は、











ちゃんと今年もつつがなく務めを果たしました。







しかし、ZAPPEI隊員の中には、まだ若い隊員も多く、この幸せサイクルをわかっていない者もいるのです。








ふ〜、困った坊やだ事








そこで私や皆んなで、速攻指摘します。















そして、分かってる人は事例を紹介し出します。











みんなお洒落です。

そしてこれには、














何やら、無理やり張り合おうとする人まで出現。





どんだけ負けず嫌いなんだ⁉︎
温泉か⁉︎






そんなこんなで、ようやく重い 筋肉腰をあげようと思い立った若い者は、












なんと、前向き発言をしてきます。


ここではっきり言うと、ドン引きしてプレゼントを買わない可能性も出でくるので、慎重に回答します。


それも、何となく高くないと言う印象が必要。





そこで、ローディーだけが通じる、あの文法を繰り出します!




















アルテ=アルテグラ



世界のシマノが誇るコンポで、上位から2番目のグレードにもかかわらず、そのコストの安さと最上位機種にも迫ろうかと言う性能で、ダントツのコストパフォーマンスを誇る、あのアルテグラです。






この一言が決め手となったのか、これ以後みんなが盛り上がってるTweetに一切レスがなくなりましたが、きっと仕事を早く切り上げて、ティファニーに走ったことでしょう!



これで、来年1年間も楽しく走れるね!















ローディーあるあるですよね…






お、おれもプレゼントしたって方、ポチッと!

にほんブログ村


格好いィダンシングを手に入れよう!〜フォーム編

いきなりなんだとお思いでしょうが、最近ZAPPEI隊員のブログで、この「ベンチプレス」というキーワードを発すると、面白い事が起きるようなので、試してみました。。。

改題しました 『格好いィダンシングを手に入れよう!〜フォーム編』




と、釣りの様な書き出しとなってしまいましたが、今回の内容は当たらずとも遠からず。

今回は、レースでつかう「ダンシング」を考えてみました。



副題〜格好いィダンシングを手に入れよう!〜




ダンシングと言うと、登りでのアレを考えますが、今回は平地での加速時などに使うスプリントに近いものを考えていきたいと思います。



というもの、前回出場した大磯クリテや、チーム練習での猿ケ島クリテなどを見ていても、速い人のダンシングは加速する!(→当たり前だ、今頃気づいたのか、ボケっ!)
そして、フォームが格好いィ!





特に、ハッとさせられたのが、前回大磯クリテのエキスパートやエリートの方々のレースを見ていた時です。



image
平塚ボーイを激写!





このクラスになると、加速が必要なとき、(カーブの立ち上がりやストレートでの順位上げ、逃げ)などで、ダンシングを使いますが、


・頭の高さが変わらず

・背中が上に伸びず、前に向かう

・上体は動いていない

・当然下ハンが多い 

・腕も伸びず、肘を曲げホールドしている感じ


(カーブの立ち上がりは、加速じゃない場合はもう少し上に伸びるようですが)


どんなものかというと、こういった感じです。






以上のように、普段一般ローディーが考えるダンシングとは全く別物を見る事が出来ます。







対して私のダンシング







完全に立ち上がってますね。はい。





何故ゴール前で立ち上がってるのか?と言いますと、踏めるだけの脚が残ってなかったので、思わず体重乗っけてるだけのペダリングしちゃってるんですね。
せめて下ハン持っておきたかった…

どうりで、幾らやっても加速しないわけです。


悪い見本…





具体的に自分で傷をえぐりますと、

・頭(腰)の位置高い

・背中は上に向かっている

・脚の軌道が立っても座っても同じ

・腕が伸び切ってる

・顔がイケメン過ぎる





でしょうか。(大きくは)




ペダリングについては、今回振れません。
難しいので!








理想やイメージとしては、下ハンのシッティングフォームのまま、少し前に行くというものでしょうか。




そこで参考にしたいダンシング(まあスプリントなんですが)がこちら。 

Mark Cavendish's(マーク・カヴェンディッシュ)選手の動画2本です。



1本目が「Mark Cavendish's top5」というレースでのスプリントベスト5を集めたもの。
正面だけでなく、真横からのアングルもあるので非常に参考になります。







2本目が「Mark Cavendish's top cycling tips - The Sprint Finish」というカヴェンディッシュ選手が語るゴールスプリントのポイントです。





特に2本目は、レース中ではなく、動画撮影のために走っているようで、きちんとフォームを意識してみている人に分かり易く走っているようです。

(喋っている事は長くなるので振れません。当然分かりますけどね…)




これを見ると、すぐ目につくポイントとして、

・上体は正対したまま動かない。
・腕も振ったりしない。
・肘をしぼる(これは上体をホールドする&ハンドルが振れないようにつかまえておくためか)
・お尻(の位置は)はあまり浮かせてない



話が長いので、気分転換に…




因みに、誤解を恐れつつ言いますと、ハンドルを自分から振るは大きな誤解で、車体自体振れているのは、ペダルを踏み込むと重心位置が若干左右にズレます。 このズレの分だけ車体が振れる事になります。


スプリントだと、踏み込む力も強いのでより大きな反動になり、凄く振ってるように見えますが、腕はむしろ車体を抑えるために使わなくてはなりません!




えっへん!













☆☆☆ここから、FTPパワーや基礎力がそもそも低いのは一旦棚上げします☆☆☆



先ずは、パワーアップ練習する前に、フォームの練習を実践してみます。


1人じゃなく、見てくれる人や動画撮ってれる人がいた方が便利です。




私は、カメラを置いて、そこを駆け抜けました。何度も。




何度目かの後、まあ我慢出来る見栄えのフォームが出ました。


そして、そのときどう感じたかを必死に思い出します。






ちっちっちっちっ、



ちーん!






①低い姿勢をずっと維持出来ず、上体が上に向く

②腕力(特に二の腕部分)が弱い

③肘を曲げても身体が横にブレる時がままある。




では、具体的に何が足らないのか…



①低い姿勢の鍛錬と背筋、お腹の柔軟性

②二の腕の腕力(腕を引く力)

③体幹と握力 




と言うことで、(最短で)ダンシングを上達させるには、脚のパワーだけじゃなく、上体のトレーニングも必要かなっと推察できます。




はっ、これって、もしかして、いつも見てる… 





そうです、あの


BPD(ベンチ・プレス・ダンシング)!







改めて、 うどんさんの凄さを実感します。




と言うことで今度トレーニング方法聞いてみよ〜






暫くは何時でも低い姿勢を取りつつ、

ダンシングフォームに気をつけながら、

色んな走り方でトレーニングをしていきたいと思います。





走りながらのトレーニングは、また色々試行錯誤して固まったら、書いていきたいと思います!





まあ、頑張れよって方ポチッと!

にほんブログ村


大磯クリテ~様々な反響~

ども、おいでませ。

前回まで何度かに引っ張って分けて記載してきた、大磯クリテリウムシリーズですが、今回色々な反響、様々なメッセージをいただきましたので、ここに簡単ではございますが、ご紹介させていただきます。

(私に向けたものだけ)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Mさん
『うそ、まじ⁉︎残ったのー』

( ̄□ ̄)・・・ウルちゃんなのに??
なんとウルちゃん自力で頑張って表彰台に!!
いやービックリしたし嬉しかったな~!!
バックストレートまでは共闘してきましたが最後はやはり自力で頑張るしかない
実力で3位をもぎ取ったウルちゃんおめでとう!

ブログこちら


Hさん
「ウル総裁、準備期間ゼロの中、渾身の粘り、驚異の食らいつきでピュアビギナー3位表彰台!総統へ昇格か!」  
 正直ね。オデの中でこのネタで行くぞ!って思いましたよ。感動したもん。緊張しただろうし後半苦しかっただろうし。でも諦めず踏んだ!そこに感動!これ普通はイジリ倒すやつでしょうwwww次控えるオデ達3人共魂もらいましたよwwwww

ブログこちら




H母(はは)さん
(けっして、スケベな母さんではありません。)

前の日に隊長さんのブログやら、ulvamさんのブログやらを楽しませていただいていましたので、
会場に到着して、PB1組のリザルトを確認しましたら、隊長さんの1位だけじゃなくて、もうひとりザッペイさんが3位に入っていらっしゃるのをみて、「あっ!捨て駒・風よけの人も入賞してるっ!!」と驚いちゃいました。笑

なんだか、生餌に投入された金魚やラットが生きのびてた!みたいな感慨がありました。
隊長さんのブログではカルガモになっていて、いよいよ可愛らしかったです。






Bさん
今回は突然の代走お願いを快く引き受けて頂き本当にありがとうございました!!
そしてしっかり結果を出し、皆に感動をくれた事にも感謝感謝です!!
1月は一緒に入れると思うので、又最高のレースを出来る様に頑張りましょう!!

私のブログコメントから



B&Dさん
日曜日はおめでとうございます!
素晴らしいリードアウトでしたね!
僕もそれをヘックンさんにしたかったのに、
ついていくのがやっとでした(;´Д`)


参戦、しかも代打で3位!!おめでとうございます!
ゴール前の接戦熱かったですね~。

私のブログコメントから



ROさん
良い走りでした。
数年前のチームSkyのウィギンスとフルームみたいに、エースに走りで負けないアシストのようでした。
表彰台おめでとうございます。
しっかり準備して挑んだらどうなっただろ。末恐ろしい。。。

私のブログコメントから





デザDさん
残念だが、写真かっこええ。
ジャージ間に合ったのね。
似合います\(^o^)/

私のブログコメントから

   


Gさん
まさか!あの人がひくなんてっ!?
ってくらいびっくりはしてないんでけど、、、

動画見る限り、カッコええっ!!
ってか、3位!!(((o(*゚▽゚*)o)))


私のブログコメントから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そのほか多くのコメント、お祝いをいただきました。
本当にありがとうございます。
















しかし、


若干2名、素直に喜んでいない方がいますね…




そのうち1名は、完全な悪口です。



それは、













「あっ!捨て駒・風よけの人も入賞してるっ!!」



生餌に投入された金魚やラットが生きのびてた!みたいな…





















このコメント、まさかのかれ〜うどんさんのブログコメントで盛大に喝采を浴びておりました…


問題のコメントは、こちらのブログから








H母さん (決してスケベな母さんではありません)とは、お会いしたこともあり、当日も祝福していただきました。
誤解されるといけないので言いますと、お会いしている時は、とても良い人です。

なので、何も気にしていませんよ。何も。











これを見た瞬間、流石の私も爆笑してしまいました。


普段人をいじる事が多いので、イジられたりするのは全然OKなんですが…、


イヤーここまで秀逸な感じで言われると、気持ちいいっすね〜




HINODE母、全然怒ってないですよ。

ぜんぜん…






ざまぁ見ろと思った方、おぼえとけよ



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ