via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

2016年02月

だいえっとの途中経過〜2月末編

ども、おいでませ。


名だたる大会のエントリーもぼちぼち開始され、ヒルクライムシーズンもいよいよ目前という時期に入ってきましたね。


それを見据え急に慌てても無駄なのに、最近チーム内でもダイエットする人が増え、

やれ、『何㎏になった』

すわ、『体脂肪何%になった』

ええ、『減らない…』

いやいや『ステーキ食べた!』

まて、『俺は鰻だ!』

ちょっ、『食い道楽は命です』

おう、『デブれ、デブれ』


など、お互い励ましあってダイエットを進めています。




そして今回は、前にだいえっとするぞ!と宣言して、ダイエットを進めてきましたが、勝手にその途中経過をお知らせしたいと思います。


過去の記事









その1を書いたのが、2/10ですが実際はそれよりも前に始めており、おおよそ1ヶ月が経とうとしております。




振り返りますと、78㎏からスタートして、

月1.5㎏ずつ減量し、

2月末で76.5㎏←いまココ

5月末で72.0㎏




というスケジュールを立てていました。

その間自転車トレーニングをほぼ毎日するので、問題といえば、摂取カロリーに気を付け、大量に摂取していたジュースやおやつを止めることでした。


そこでこの1ヶ月間、頑張った時だけ特別にご褒美(ご馳走)を食べ、普段は無理なく節制するという生活を過ごしましたので、特別に食べたものだけ記録していました。


それがこちら!























うん、めっきり減りましたね…






と、と、トレーニングしているので、これで大丈夫なのです。

ほ、本当に節制までしていたら、一気に減量してしまいパワーダウンになってしまうのです…







ご覧の様に結構頑張った結果、横腹の贅肉やアゴのタルタルも最近は減ってきて、脚もぶよぶよが取れスリム化して来ています。



これは順調に減っているのではないでしょうか⁉︎


そして、いざ計測です。














トゥルルルルルぅぅぅ


















はい、75.6㎏〜です!







びっくりぽん!








スタート時と比べ、2.4㎏の減。




ちょっとペースが早過ぎますが、いいでしょう!





体脂肪も同時に測ります。

じゃん!










う〜ん、こちらは全然ダメですね〜
もうちょっと絞れたら、体脂肪率も意識しなければいけません(>_<)





もう一度、昔の写真と今を比べています。







別人ですね…







う〜ん、ダイエットというより、だぶだぶお腹が運動で絞れただけって言う見方もできますが、これからも引き続き頑張っていきます!





応援お願いします!


暖かいと聞いて江戸川行ったのに…復路編

ども、おいでませ。



〜前回のあらすじ〜
バスさんに無理やり連れ出されたチンドン屋一行は、江戸川CR往復の途中で、寒さと空腹から、予定を変更してランチは柴又と決め、残りのHPを使い果たす覚悟で、一路葛飾柴又に向かうのであった。




寒いとお腹空くの早いっす…






ダイエット中だけど、1番食にワガママうるさい私が、真っ先に体の異変に気付きます。


私が言い出すと、皆んなも徐々にそれに気付き始め、今すぐにでもランチをとりたくなります。




しかし、ここは葛西。

空と海と、イチャイチャするための観覧車しか見当たらないので、良さ気な店のありそうな葛飾柴又迄戻る事に。




そうと決まれば急ぎましょう!






行き先が食べ物屋の時だけ発動する、私の曳きで、一路ランチに向かいます。






向かいます。



向かいます。



力尽きた…












上流へ遡ること、10キロ程度?
ようやく柴又へ到着。




お決まりの帝釈天で、記念撮影して、






1人いそいそと商店街に入りお店を物色します。








今からお昼だと言うのに、草団子が私を呼ぶので、






我慢出来ずに、パクり!






連られてこの人も、

パクり!





ふくたいちょうのエミさんも、こっそりいちご大福食べてましたよ。
大丈夫なんですかね…





そしてお待ちかね、ライドの時だけ発動する贅沢お昼!






コンさん、伊藤さん、勝手にこんな高そうな店に決めてスミマセン(>_<)
だって、心はウナギに持って行かれてたんです…



お昼を食べながら、恒例のTwitter昼飯テロを起こしたら、少しまったりした後でゴールを目指すべくイヤイヤ立ち上がります。



最後は皆んなで!








そうそう、柴又来たらやっぱコレですよね!














伊藤さんもようやく自分を出してきました!










帰りは足重お腹ダルダルなので、往路以上にゆっくり走ります。










当然ですが、来た分だけ同じ距離を引き返さないと行きません…


お腹いっぱい食べた後だけに、辛さが余計身に沁みますが、皆んな黙々と進み続けます。


いくつかの観光地やトイレを通過した後、暫くすると…


突然思いもしなかった綺麗な光景が!
















土手一面に菜の花が咲くスポットが!

これは圧巻です。





私とバスさんは、FTPの話ししてて気付きませんでしたが…







ゴホゴホッ!

まあ、気を取り直して絶景を堪能します。





















土手と菜の花と私。
綺麗?うふふっ  ←キモい!うふふじゃねーよ!!




だいたいこの辺りから土手を降りて行けば出発地点らしいので、楽しい江戸川CRとお別れして、出発地へ向かいます。






暫くして、











チクッ!









首筋に一瞬痛みを感じます…



ん?なんだ??
髪の毛引っ掛かってるか?










ちょっとした痛みだったのでそのまま走り続けますが、
何かがネックウォーマーの中でもぞもぞしてます。






コンビニで最後の休憩した際、確かめてみると、何やら多少存在感のある塊が…



慌てて取り出してみると、






















ハチじゃねーか!








どうやら、蜂に刺された様です………。

ミツバチは針を刺すと死んでしまうといいいますが、その貴重な、文字通り最後の一撃を、
なんと私の首に突き刺したまま、ネックウォーマーの中で、御臨終なされているではないですか!!!




しかも、首筋を見ると、針はしっかり残ってます…

慌ててエミさんに取ってもらい、

(この間一番慣れてるはずのバスさんは、何の役にも立たず…)








刺されたところは、赤く腫れ上がっています。













まあ、そんなに痛みはなかったので、大丈夫ですが…。







しかし、何故突然刺されたか?
こんな寒い日に蜂がウロウロしていたのか?
これからライド中もこんなことが起こるのか?





理由の検討もつかなかったので、怖くてたまりません…






いや、ありました


























コレですね…






どうやらこの時に、蜂がくっついてきた様です。




かくして、最後はアレでしたが、楽しいライドでした。

ご一緒した皆様、ありがとうございました。






〜刺されたところは…〜
翌日、痛みはないですが、多少赤くなっているのと、痒みがある程度でした。。。








最後に、
送り迎えしてくれたバスさんの車が汚れてたので…












イタズラしちゃえっ!





おわり。

















刺されてざまぁって方ポチッと!


暖かいと聞いて江戸川行ったのに…往路編

ども、おいでませ。
今回もZAPPEIスピオフ集会『木曜どうでしょう』が開催されるとの事で、気が付いたら強制的に名簿に名前があり、参加して来ました。




と言うもの、この人



BASSぷりん『自分流40代』



埼玉に 旧ZAPPEI半袖ジャージの在庫があると聞きつけ受け取りに行った、とある買い物をしたいと言うことで、付き合わされました…



(バスさん)
ついでに普段行く機会のない、江戸川沿いを下流のマウスーランド目指してポタしてみよう。
暖かいから楽しいよ、きっと!




おっさん2人で⁉︎







曳き廻されて私が辛いので、前日に不満を漏らすと、流石バスさん、あっという間に手はずを整えてくれました。



会えない事では最早神レベルのこの人とか…




emilleふくたいちょう『ロードレーサーに乗るぞ』





突然連れまわされることになった、そのお仲間達…

伊藤さんと、


konさん






可哀想に、バスさんのせいで…








バスさんの強引なお誘いにまんまと引きずり込まれてしまった、楽しい仲間とのライドは、とてもウキウキするもので、急遽決まったライドですが楽しんでまいりました。


今回もほぼ全ての画像はバスさん提供です。
ありがとうございます!





《バスさん》
初めましてメンバーもいるし、今年は暖かいからゆっくりポタにしようよ!



と言う事で、当日の朝。

じゃん!










さ、さ、さ、寒いっ!






あろうことか、昨晩から今朝にかけて降雪があったらしく、辺り一面別世界です。






それでも何とか集合場所に向かい、



セブンイレブンのバイクを勝手に使ってセルフ撮影。






皆で江戸川沿いのサイクリング道路に入ります。


朝一の雪は、日が出てくると徐々に解け始め、道路には全く雪がない状態になりました。



それでも、



寒さは今シーズン一番





午前中は、結局気温4〜8℃でした。マイナスの…


せっかくZAPPEIジャージ着てても、寒くて全く脱げません。。。
集合写真でも、チラッと見せる程度。






江戸川CR(?)は、途中細くなったり、大型国道と交差する部分では、土手下や土手上を行ったりさせられますが、総じて道も広く、かなり見通しの良い直線なので、とっても走り易い!




登りのない世界最高!










途中、矢切の渡し、寅さん記念館など、程よく休憩スポットもあり、トイレも点在しているので、休憩にも事欠きません。









痩せてきて、腰回りに妖艶さが出てきたウルちゃん…




ただ寒いので、行きは休憩少なめで、一路ネズミ―ランド(本当は葛西臨海公園)を目指します。



江戸川CR(?)取り付き地点から約30キロ、
ようやくネズミ―ランドの活火山が見えてくる場所まで来ました!


皆んなで。
やはりカメラを依頼するときのバスさん最強!





そのまま、ネズミ―ランドに入ると、タイツと被り物の出演者を、タイツとヘルメットのお客が、ウキウキしながらショーを見るというカオスを味わう羽目になるので、仕方なく葛西臨海公園を折り返し地点とします。


時刻は10時15分くらい。
売店閉まってるし、只々寒いので撮影だけして、早々に撤退。






ここで折り返し、お昼の予定はあやふやだったのですか、あまりの寒さで思考力も低下していたため、
途中にあった寅さん記念館のある柴又で、美味しいお昼をする事にしました。



何を食べるか⁉︎

どんな美味しいものが待っているのか⁉︎

あまりの寒さの中、只々それだけを考え、一路葛飾柴又を目指します…






さて、果たしてチンドン屋一行は、無事グルメを堪能できるのか⁉︎





つづきます…










ハートのロック!












またしても楽しいライドしてしまった(≧∇≦)




江戸川サイコー!

初心者必読。登りで腕が痛くなるのは⁉︎

ども、おいでませ。
いやー、ダイエット中なのに鰻食ったり、寿司行ったり、甘いもの食べたりと、食欲1000%なオデでつ。



さて、こんな弱小ブログでも参考にしてくれる読者がいるようで、
質問いただきました。




だ、だ、大丈夫ですか⁉︎






早速参りましょう〜。

『初心者が答える、初心者からの質問コーナー!』





《質問》


温泉良いですね〜混浴も(≧∇≦)

ぴーちゃんより


《回答》

じゃあ、今度行きましょうね! ←ゲス野郎・・・






いや、そこじゃねぇって!













《質問》

山登り2回程行ったのですが、2回共登り中に二の腕(プルプルしてる方)がもー無理ーて持たなくなるんですけど、登り方の問題ですか?筋力の問題ですか?アドバイス下さーいm(_ _)m





【回答】

質問者さんは、ぴーちゃんで自転車始めて1年くらい?最近100㎞超をちょくちょくこなしており、これから超級山岳にも挑みたいと考えている(元引き籠り)レディです。
スリム体型喫煙ローディーと言うのが、私とシンクロする部分です。




A.答え


乗りこなして必要な筋力付いてるか、付いてないかの違いです!







結果だけ言うな、誤解されるぞ!





すみません、真面目に言います。





《詳細》

同じ経験をつい最近まで私もしておりました。
私の場合は、登り途中にある激坂区間でダンシングした時などでよく感じてました。




その私の経験と、Googleで調べまくった知識から導きますと、






登板時のフォームに合わせた筋力がないのが原因!





ってことになります。
シッティングとダンシングで多少理由が異なるので、今回はシッティングを中心に見ていきましょう。






シッティング時の原因

まずはこちらの写真をみてください。



お世辞にも綺麗なフォームとは言えませんが、登っている時の一コマです。


もう少し肘が曲がるか、上体がハンドル側に近づけばベストですが、今はそこじゃないです。


よく見る登坂時の姿勢ですが、この体勢が維持できるかどうかが、大切になります。






何でか?





登坂時の一コマとして見たら割と普通のフォームですが、このままフラットになったとしたら、どうなるでしょうか⁉︎






やってみましょう!





写真を回転させて、フラット走ってる様に道路の角度を水平にしたら…、









こうなりました。



ちっちゃいので、画像を拡大してみます。




割と緩い(確か8%程度)坂をのんびり走っていた時のフォームですが、


皆さんのフラットフォームと比べてどうでしょうか?
意外と前傾姿勢と思った方、要注意です。





フラットでは慣性(スピード)が付いているので、漕がないタイミングもあり、
また漕がなくても進むので、楽にこの姿勢は維持でき、普段そんなに意識しないと思いますが、

登坂時は重力やらなんやらで、常に負荷抵抗があり、漕ぎ続けないと進まない状態です。

また、登りでは勾配があるので、後ろに向かって重力が働きます。
当然、姿勢も勾配に合わせて前に傾けなければ、後ろにのけぞってしまいます。





言い換えると、

 登りは、常に力を出し続けて進みますが、
  それ以上の時間、同じパワーで、
 フラットでも、低い姿勢を維持したまま走れるか!?


と言う事が言えると思うのです。







ではなぜ腕(二の腕)などが痛くなるのか?



これは、



登りの勾配に合わせて上体を前に傾けますが(これは誰でもある程度自然にやれている)、
この姿勢でパワーを出す脚力や上体の筋力がない場合、

どうしても腕を突っ張り、ハンドルに荷重を掛けて何とかしながら漕いでしまうからです。。。。




分かりましたでしょうか?




要するに、

登りであんまりハンドルに荷重を掛け過ぎずに、上体の力で姿勢を維持するって事です!










《解決策》


では、どうしたらこれは解消されるのか?




乗って、乗って、乗りまくることですか?






ま、まあそういう事ですが、初心者がやる場合、直したいところを意識する事が重要なので、

例えば、


週末ライドで、
① ちょくちょく休憩取る人は、ある程度の時間乗り続けて、後から長めの休憩をとる

② ブラケットポジションのまま、1時間、2時間、3時間~と休憩なしで乗り続ける

③ ②ができたら下ハンポジションで、1時間、2時間、3時間~と休憩なしで乗り続ける




といった事を意識しながら乗り続けるのが、結局一番早道なのではと考えます。



また、登りの問題だからと言って、登りばかりやらなくても大丈夫です。



①~③の様に、フラットでもできることはたくさんあるので、
これらを続けると、前と比べて格段に登れるようになっている自分ができている筈です!





以上ですが、これで何となくでもわかりましたのでしょうか?


イマイチよく分からなかった方は、一緒にライドしながらでも力説しますので(女性限定←ここ重要!)、
顔写真同封のうえ、メッセージください。





以上、『初心者が答える、初心者からの質問コーナー!』でした〜




私ごときが語ってスイマソン!


にほんブログ村


大人の休日〜西伊豆ライド〜その2

ども、おいでませ。


大人の休日ライド、続きを乙たえしまつ…。




★★★★★★

この日一番のピークにたどり着き、ホッと胸をなでおろしながら、絶景をバックに記念写真撮影に興じます。






いつもバスさんが撮影で申し訳ないからと、ヘックンが進んで交代を申し出ます。


バスさんのカメラは、高級コンデジと言われるSONY  RX-100MⅢ。当然マニュアル撮影やファインダー撮影も可能な優れもの。

ヘックンもデジカメに詳しく、高級コンデジに興味津々。
カメラを受け取りながら、『シャッタースピードが…』などと、ブツブツ言っています。

そしてやおら構図や背景を気にして動き回り、『カメラは水準が大事だから』と聞いてもいない事を喋りだします。



カメラの水準とは、



この画面中央にあるマークで、
カメラの向きが水平になっているか、上下も鉛直向きになっているか、確認する機能です。
これを気にして取るのとそうでないのでは、綺麗さが異なってきます。

流石、カメラに詳しい人は構図から入るので一味違います。

やっと最適なボジションを定めたようで、『逝くよー』と合図。



ファインダー撮影が可能なのに、液晶モニターをじっと睨みつつ、ブレない手の構えに持ち直して、

『水平直角オーケー!逝くよ!』

と合図。

そしてそのままシャッターボチり。





















はぁっ、素人以下だな…





水平直角を意識するあまり、手が疎かになるという大失態。
本人も間抜けさ加減にビックリしたのか、笑いのツボに…


散々注意をした後、気を取り直してポチッ!










今回の旅で、細かく色々やらかしていたのは、コイツかも知れません…


あっちに近そうな駐車場ありましたよー、とナビさせてみれば、細い道通って結局一周して元のところに戻ったり…




朝食にわさび丼勝手に食って、途中で『気持ち悪りー』と言いだしたり…



まあ、そんな失敗の都度、JK(女子高生)のようにキャッキャと大笑いしながら進むのも楽しいものです。






途中の絶景で幾度も撮影しながら、






尾根上に伸びるスカイラインを進みます。






尾根上のアップダウンが一頻り続いた後は、長いダウンヒルです。


ウインドブレーカーを羽織り、防寒対策をしっかりとして…


跳ばします!(いや、本当は安全に降りましたよ。コーラさん以外。)











皆さん、コーラさんとのライドは要注意です。
登りも下りも追いつけません…🐽







途中で、スカイラインを離脱して修善寺に戻るべく、136号線に入ります。
帰りは基本的に下りなので、気は楽。


安全にトレイン組んで下ります。



微妙な名所、コケの壁を削って書いたPOP⁉︎





綺麗なトレイン。ビシッ!


少しは先頭で仕事します。





以上、楽しい楽しい西伊豆ライドでした!


ん?昼メシ食べてないって?

いえいえ、こちら









いひっひっひっひっ! 鰻!








そして、トランポなので、









温泉!
ふふふふふっ!






大人の休日を満喫した旅でした。
ヘックン、バスさん、コーラさん、ありがとうございました!


次回は、箱根か福島でつ。





俺も行きたいって方、足繁くこのブログに通い、コメント残していってくださいませ。

あと、押して!!!




livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ