via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

2016年03月

木下沢梅林とカフェKIKIライド〜その3

ども、おいでませ。


いや〜、なかなか仕事が忙しくなってきましたよ〜。
おかげで、ローラー出来ず悶々とした生活を送っております…

さて、木下沢梅林とカフェKIKIライド、続きを書いていきます!




☆☆☆☆☆☆☆☆


木下沢梅林で鑑賞を終えた我々は、本日の最終目的地カフェKIKIさん目指して出発します。


現在地は八王子高尾ですが、カフェKIKIさんは飯能。
当然日の出町や青梅、成木を経由して飯能に入ります。






大丈夫!あとはよく分からないアップダウンだけだから。










信じて出発します。






峠を攻めるわけではないので、日の出町や飯能までは、何とか進みましたが、



ちょっとしたアップダウンの連続で脚にきました…






圧倒的に距離を乗るライドが足りていない私は、短い激坂はいいのもも、長い登りやアップダウンのあるライドはとても苦手。


今回、鍛える為コーラさんに同行させてもらいましたが、そんな気力だけではどうにも出来ず、着実に脚に疲労がコツコツ貯金されていたのです。


まさかそんな事になっているとは知る由もないコーラさんは、五日市近辺では、


『ここ左行くと都民の森があるんだよ…』

日の出町や青梅では、
『そろそろ日の出ステージのコースだよ』

『奥多摩周遊道路ってとても気持ちいいよ』



などと説明してくれます。






これ、壮大な前フリじゃないよね…
次回いざ、みんもりへ!なんて…






そして、何故か途中で道を外れたと思ったら、







な、成木峠入口!





そう言えば、前日のメールでも、







昨日は、まあ行けたらって事で、完全にスルーしていましたが、まさか簡単に入口まで着いてしまうとは…


そして、コーラさんは、とても登りたそうな目で私を見つめています。





むむっ、どうする⁉︎







こ、ここの距離と斜度ってどれくらい?



5キロで9%かな。
ただ、最初2キロが緩いから…


カフェKIKI行きましょう!







コーラさんの門限は15時。
このまま成木峠に行くと、お昼を食べる時間が無くなっちゃうので、今回はいやずっと断念!
コーラさんの話しにかぶせ気味で、目的地に進むことを進言します。


何とかカフェKIKIを目指します。







しかし、ここからが地味に長くキツい。

名もなき山々に脚を削られつつ、マイペースで進みます。

何も考えず、淡々と登るなか、時折目にする看板がどうにも気になってきます。



『フォーミュランド・ラー飯能  あと2キロ』





ラーって何?






フォーミュランドなら、車関係とか、レジャー施設とかかなっと色々想像つきますが、
ラーの予想が全くつきません。


そう言えば、このあたりは変な名前のマッサージチェーンも進出しています。





画像はpakuriですはい。





まさか、あのムー八尾の関係では⁉︎




ラー飯能……




気になります。







こうなってくると、登っても、心拍上がっても、心の中は、ラー飯能の事で一杯です。





ハァハァ、ラー飯能……

げふぉげふぉ、ラー飯能……






そうして暫く進むと、何やら見えてきました。

そうです、念願のラー飯能です。



























カート場でした…








すみません、オチがなくて。











そんなこんなで地味に長くてキツい道のりをようやく乗り越え、念願のカフェKIKIへ!







当然のように、坂登り丼2つと、フレンチトーストと大人のおやつと、気になった肉巻きサンドを注文します!


坂登り丼をペロリ。

フレンチトーストを飲み込んで

こちらもパクパク





マスターがすっかり忘れて肉巻きサンドは来なかったぜ…
おっちょこちょいめ!




まあ、またお店に来るでしょうから、次の時の楽しみに取っておきます。




1時間ほど、食事を楽しんだら、いよいよ帰宅です。


ここまで必死の思いで来たのですが、
来た道をそのまま帰るかと思うと、憂鬱を通り越して、絶望です。



思わず、グチります。








そんなこんなでこんなで、長らく引っ張った木下沢梅林とカフェKIKIライド、フィナーレです。





帰りは真っ直ぐ町田街道で帰りたいです…







木下沢梅林とカフェKIKIライド〜その2

ども、おいでませ。

関東では、やっと桜が咲き始めましたね。
これからは、お花見ライドも楽しくなりそうです。



では、つづきを。


☆☆☆☆☆☆☆

ライド当日。
取り敢えずコーラさんと落ち合うべく、魔境相模原に向かいます。



車で。





いや、だって無理っしょ!






無事落ち合ってから、スタート!




今回のルートはこんな感じ
 






このルート、走る前に知りたかった…





そうなんです。今回ご一緒するコーラさんは無類の方向音痴。

そのコーラさんがうろ覚えしているコースを行くため、事前のルートマップはありません。





なので、





相模原から半原交差点(オギノパンの坂下)目指して進みますが、いきなりインナーに変えたかと思うと、『左!』と言ったまま左折しだします。



慌てて左折して付いて行くと、





画像はHIROIですはい。





私アウターで入ってきちゃいましたよ…






ちょっと勢いをつけてチェーンの負荷を軽くしてから、インナーへチェンジ。

しかし、その後もこんな感じで、全てだまし討ちを仕掛けてくるので、脚がかなり削られます。






因みにここは、途中信号があるためセグメントも2つに分かれてますが、


馬渡大坂0.4㎞  平均9.9%
馬渡坂0.9㎞  平均8%


と言う坂スペックで、私は初めて通りましたが、朝一で挑むには頃合いの坂です。




ふふふっ、強がってみました。








そこからstumpや服部牧場を通って、宮ヶ瀬周回に入ります。

周回途中で同志道経由の大垂水峠です。

同志道では、所々で咲いている桜もあり、しばし鑑賞しながら進みます。


桜の木とJK




大垂水を逆から登り、下り切った所を左折して暫く進むと、


今回私の1番の目的地
『木下沢梅林』です。















時刻は、まだ朝の8時。
流石に梅林公園も空いていませんでしたが、外からでも十分堪能できます。


かなりハゲ散らかしていたのが残念ですが、また来年来たいなと思わせるほど、見事な梅林でした。




ひと通り梅をめでたら、お昼を食べるべく、飯能目指して出発です。





コーラさん、あとどのくらい?







ん?まだ半分も来てないよ(≧∇≦)





………。










つづく。



ポチッとお願いします!


木下沢梅林とカフェKIKIライド〜その1

ども、おいでませ。

久々の更新失礼します。


いや〜、風邪を引いていたのですが無理して熊谷クリテ出場して、またぶり返しちゃいまして、

しかも奥さんにも映すという大惨事に見舞われまして、

ブログ所かローラーすら出来ない2週間となっておりました…




みんな、待たせたな!








………。






と言う事で、サクサク書いていきましょう〜。


本当は熊谷クリテから書くべきですが、ほぼ忘れたので、カフェKIKIライドから書いていきます。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それは、突然の出来事だった。
恐怖の大王コーラさんから、突然tweetが。







ダラダラとか、絶対嘘じゃん…






正確に言うと、コーラさんのダラダラは、私の本気ライド+αのレベルです。



これはスルースルー!






と思ってましたが、なんとよく見ると、ヘックンと私だけに向けたダイレクトメッセージです。


と言うことは、用事がない限り指名されたと言うことです。

そう!  これは既に、行かないという選択肢は初めから用意されていないのです…。








気持ちを落ち着かせて、もう一度よく読むと、


・(我が家横浜から)カフェKIKI堪能ライド

・(我が家横浜から)同志道、明神、三国峠ライド






どっちも私の最長距離を更新だな…






すると危険を察知したのか、ヘックンは颯爽と私を裏切り、こんな返信を…







うっ、嘘だろ!







こうなったらしょうがありません!
せめて少しでも楽な方へと持って行こうと、ささやかな抵抗を示します。








風邪明けで、迷惑になるので!

と、伏線をしっかり貼ります。




するとそこは流石、百戦錬磨のコーラさん。









風邪のくだりは、一切スルー…







しかも在ろう事か、



・何かよくわからない細かいアップダウン

・な、成木峠




と言う、恐ろしいワードで伏線返しをお見舞いして来ました!



因みに、木下沢梅林とは、(こげさわばいりん)と読み、中央道と圏央道が交差する八王子ジャンクションの下あたりにあります。



こんな感じ

今回のライド唯一の鑑賞ポイントになりました。






そんなこんなで、ものの10分で土曜日地獄ライドが決定したのでした…



次回、いざ出発です。











更に伏線張ってきた!!!








ユルポタなのに時間制限付き!
果たして間に合うのか⁉︎


第13回 Mt.富士ヒルクライムのエントリー

ども、おいでませ。


今日20:00は、「第13回 Mt.富士ヒルクライム」のエントリー開始時間でした。



皆様は、いかがだったでしょうか!?


サイトは、こちら




1




私、仕事中でしたが、会社の定時が18:30.


ダッシュで帰ったとしても、片付けや業務終了後に質問に来る不届き者のせいで、会社を出るのが早くて19時。

会社から家まで1.5時間かかるので、家に勝った時点で20:30・・・・。

そこから着替えたり、PC立ち上げたりすると21:00になってしまいそうだったので、








1時間前から、会社のPCの前で不動の姿勢を取り、


仕事の話は後回し!


作業に没頭して時間過ぎてしまうのも恐ろしいので、何もせず、


20:00のエントリー開始とともに、物凄い勢いで、PCを打ち込み、


そらで覚えている魔法のカードクレジットカードの番号を入力し、


バシッとエントリーするボタンを押して、無事エントリー完了しました!







申告タイムは、85分!



昨年は、申告タイムも実際のタイムも 120分だったので、大幅な記録更新を目指します。

昨年出場した記事はこちら



ヤビツ47分だから、いけるはず!








今回は、ZAPPEI軍団こぞって出場するため、

前もって出場希望者を募って、あらかじめ宿も確保しております!


その数総勢15名!




すげー事になった!







出場される皆様、一緒に楽しみましょうね~!







タイム縮めろよって方ポチッと!

にほんブログ村



熊谷クリテに参加します!

ども、おいでませ。


やっと週末に引いた風邪も落ち着いてきまして、何とか週末も走れるかな⁉︎と言う感じになってきました。


何故か私の周りのローディーは、今週になって突然風邪をひき始めたようなんですが、気をつけてほしいものです。




お前のせいだろう⁉︎










さて、今週土曜日は、待ちに待った熊谷クリテが開催されます。


実はこれを申し込む前に、ちょっとした挑戦を挑まれていたのです。

と言うのが、今回のお話です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



一応、
いつも申し上げておりますが、わたくしZAPPEI4期生の駆け出しでして、チーム最弱を自負しております。




しかし、最近5期生を募集いたしまして、それはもう若いのから強いのまで、わんさか猛者どもが入隊された様です。


そんな中、5期生の中の1人で、自転車始めて間もないにも関わらずメキメキ強くなってきている若者が、

何故か私にフォーカスしてきまして、こんなメッセージを寄越して来たんですね…。









どうです、この太々しい感じは…




『アシスト&なんだかんだと7位お疲れ様っす!』



いきなりの上から目線…。

彼、かなりの年下なんですが、まあ趣味の自転車に年齢は関係なしっと割り切ったとしても、余りある冒頭ですな…





『初クリテ8位だった俺より順位上ですなー(>_<)』



来ました!

ここはスルー出来ません。

何度も積み重ねてきた私の大磯クリテの成果が、初めて出場したどっかのクリテと同程度だと…


と言うか、言葉の端々に、『俺より上だぞ、喜べ!』と言う気持ちが滲み出ています。




そして、極め付けが最後の締め!




『まずは総裁に追いつくように頑張りまーす( ̄▽ ̄)』




まずは…


まずは、と言うことは、その先どうするんでしょうか???





そして、ワタクシごときは、すぐ追いつくよ!っと信じて疑わないこの文章…





コレハハラダタシイデスネ。( ̄^ ̄)







本当に失礼だな〜、と思っていましたが、よく考えたら彼は、うどん一門でしたね…。



ジャア、ショウガナイ。ダッテノウキングンダンダカラ…



長兄のかれ〜うどん兄さんは、先の大磯で実業団と同じカテゴリーであるエリートへと昇格を果たし、今一番乗りに乗っている一門です。







しかし、これですごすごと黙って引っ込んでいるわけには行きません!




今こそ、下手に出てアシストをお願いする、雌雄を決するべきです!




折しも丁度良いタイミングで、熊谷クリテがあるじゃないですか!




これは、ちょっと誘えば熊谷クリテ参加するかも!




と呼水してみます。







すると早速反応が!








と言うことで、2人で熊谷クリテに出場してきます!




彼と、





まさかこのウェアで来ないよな〜






狭い道幅と、カーブの多いコースで、私に有利っぽいですが、これでアシストも用意できたので、仲間もできたので、2人でどこまでやれるか、





クラスは、Bで…







クズダナ…









頑張ってまいります!

晴れたら…







風邪治せって方ポチッと!

にほんブログ村
 

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ