via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

2016年06月

出力アップの秘密兵器「TURBINE」とは⁉︎

ども、おいでませ。



そう言えば最近、新しいローラー台を物色しているのですが、ローラー台であーでもないこーでもないとウキウキするなんて…




変態ですね。










まあ、その話はまた今度。




今回は、富士ヒルの時に試した秘密兵器のレビューです。


その名も「TURBINE」(タービン)

これ。






これ鼻詰まりや蓄膿など、呼吸で悩みを抱えている人は昔からご存知だと思いますが、

ツールドフランスでクリス・松村・フルームが、これを付けて優勝したと言えば、思い出す方も多いと思います。

確か2013年。2015年はどうだったかな…楕円ギアばかり見てましたので。





イヤだから違うって!




テレビ解説でも、散々フルームの鼻当てや飲み薬についても話をしていましたね。




使い方や、目的などは、メーカーのサイトに任せますが、メーカーのサイト





こちらのブツは、装着すると鼻からの空気摂取が平均38%UPするようで、

バイクやマラソンなど、有酸素運動で鼻からの空気の吸引量を増やすことが可能となり、

それによって今まで以上に出力が上げららる、という商品です。



今回、ハルヒルで出た際、前日受付の後ブースで販売しているのが目に止まり、購入してしまいました。






見た目!


ハルヒルでは、慣れてなくて恥ずかしかったので、富士ヒルクライムで試してみました。


富士ヒルは、五合目の標高2,300mまで登るので、やはり酸素は平地より少なく、

自転車やトレランなどで登った場合、どうしても呼吸が苦しくなってしまうため、テストとしては最高のケースです。




サイズは、Mサイズを購入。

日本人のほとんどは、SかMで十分とのこと。


箱から取り出すと、こんな形状のものが出てきます。







この輪っかの方を、鼻の中に差し込むのです!



怖えー、想像だけで怖えー!







この輪の部分は、大きさが調整できるようで、



鼻がちっちゃいけど、鼻の穴はでかい方、



鼻もでかいが、鼻の穴がでかい方、



とにかく鼻の穴がでかい方、



でも、簡単に調整できるようです。


あと、使用後はもちろん洗って再利用可能ですが、メーカー推奨は7回までとなっているようです。












装着!


とにかく装着してみます。

下図は、取説を撮ったものですが、自分から見てこのような向きでそのまま鼻の穴にインサートします。






思ったより、すんなり入ります。



初めは怖いですが、思い切って奥に当たるまでグイッと差し込みます。



すると、こんな見た目になります…























鼻輪じゃん…





自分がつけてみて気付きましたが、これをつけている人も割といました。

私が見ただけでも、10人以上はいたかな…。



お互い、アッしてるって気付いて、妙に親近感湧くんですよね…

鼻輪同士ですけど…。













効果!

富士ヒル走ってみて…








めちゃくちゃ効果あります!







いつもより断然呼吸が楽。
これは装着してすぐ実感できます。


初めて装着しましたが、5分もすると慣れてきて、つけていることを忘れてしまいます。



ついつい忘れて、鼻に手を当てたりして、「あっつけてたんだ、いけね!」と思い出す事もしばしばです。



富士ヒル中は、ハァハァと呼吸が無酸素運動になる箇所が、試走と比べて明らかに遅くなりました。


あと、私は普段から少し鼻が詰まり気味で、登りになると少し口呼吸し過ぎてカラカラになるのですが、それもかなり抑えられました。



効果は絶大!













デメリット!


効果があれば、悪い事もあります。

まず何と言っても、格好悪いィ!





コレですからね…






そして、地味に嫌なのが、


鼻水がダイレクトにバンジージャンプ!


鼻腔を広げているので、空気吸入量は増えますが、反対に出でいくものも止める術がありません。


そのため、鼻水なんかは、本人も気づかないうちにスルッと落ちて来ちゃったりします。

その度にコソッと拭いて…









まとめ!


以上より、この「TURBINE」(タービン)
は、買いかどうか⁉︎



買いです!



ただし、ここ一発のヒルクライムやレースで使うのがベスト。

また、普段の練習でもキツイ登りの日に装着、と限定するのが良さそうです。



鼻炎などで悩まれている方は、通常使用がオススメ。




やはり使用回数に制限があるのと、見た目…ですかね(>_<)




でも、ここ一発の日は使用していこうと思います!






皆んなで付けようよー!

剥げがハゲを禿げ増す会

ども、おいでませ。


タイトル見て吹き出した方、そのままお読みください。


訳も分からず開いた方、よかったら前回のブログをご覧ください。前回の記事はこちら。






さて、6/20午前中にヤビツ練をした一行は、早々に帰宅し、夜に備えて仮眠をします。


そして、20:00に橋本駅へ集合し、マックの前に続々と集合します。






あー、いたいた!ロキさん。








今回は、ビッグブロガーのあのボッチチャリダーの輪たろう様が音頭をとって開いていただいた飲み会&富士ヒルお疲れ様会です。



富士ヒルで頑張った人、はたまた最近急激な抜け毛で悩んでいる人も、
くよくよすんなよ明日は誰にだってくるのさ!
という気持ちで明るくなってもらおうと企画された飲み会です。


その名も「ハゲを禿げ増す会!」




えっ、そうだっけ⁉︎






たぶん…。




雑兵12名に、輪たろうさんを加えた13名で決行されました。


タチの悪いガラの悪い雑兵とよく一緒に飲もうと思いましたね…
(どっち消しても最悪だな。)



私だったら絶対ヤです。








雑兵メンバーが、何故が集合時間より前にきっちり集まる中、最後に輪たろうさんが登場し、早速焼肉屋さんへ。






画像のほとんどは輪たろうさんからのHIROIです。どうもすみません。





こちら、今回食べ放題で挑戦していきます!






先ずは、我らがリーダー「バスさん」が、振ってもないのに挨拶を始め、





バスさん

「えー、本日はお日柄もよく〜、←そこから始めんのかよ。



私の頭皮のためにお集まりいただき〜←あー、出会った頃に比べて随分とまぁ



誠にありがとうございます。←いえ、こちらこそいつもありがとう!



カンパーイ!」



てな感じではじまり、







後はひたすら、食べます!











食べます!








焼きます!





これ美味かった!







飲みます!










燃えます!












出木杉ます!













そうしてひとしきり食べて飲んでした後は、

主催者 輪たろうさんの締めの挨拶と、

隊長みつさんの一本締めで終了!






すっかりハゲ増された3人は、とても嬉しそうでした!
(≧∇≦)ヨカッタヨカッタ




団結を深めた3人!









こうして各自、明日への活力を充足させたのでした。




楽しかったので、またやりましょー!








 バイバーイ!







次回は君も参加だ!


VIVA☆ヤビツ! ~記録は更新はなるか!?~

ども、おいでませ。


最近、オデさんがパワーメーター買ったそうで、
ますます沼にはまる…、ますます強く遠くなりそうで今から恐ろしいです。 





そんなオデさんは、ほっといて、



6/19(日)は、チーム練習でヤビツに行ってきました。


この日は、夜にお楽しみ会もあったため、朝も少し早めに開始です。



2本予定で、それぞれ参加したい時間に名古木集合

第1集合 6:00 コンビニ
第2集合 8:00 コンビニ





早過ぎだろ~






当然、第1集合に参加しました。

最初は標高も稼ぎたかったので、2本登ろうと考えてましたが、
前日の一人練習で、どうにも足がダル重なので、始めから1本のみに。



さくっと1本登って、

帰って、

少し寝て、

ちょっと残った仕事して、

夜お楽しみ会!



今日は、これで行くことにします。





お楽しみ会とは

輪たろう先生プレゼンツ、「富士ヒルお疲れ様&ハゲを禿げ増す会」に、
雑兵ごと参加するっていう飲み会です。
興味があれば記事にしてみます。
が、ただの酔っぱらいの醜態をさらすだけの記事になると思います。。。興味ある方はリクエストを!








さて、当日のタイムスケジュールです。


3:30 起床

4:15 自宅出発

5:00 秦野到着

5:10 菜の花台駐車

5:30 下まで下山

その後3㎞ほどアップ(蓑毛の坂まで登る)

6:00 コンビニ集合 




この第1陣に集うのは、みつさん、かぴばらさん、bbさん、DDDさん、私。

いつものことですが、皆んな私より速い人ばかり。

1本終わって降りてきたところ。





私のこれまでのベストタイムは、恥ずかしながら47分50秒


一番タイムが近い人でも、DDDさんの45分。

その他3人は、揃ってヤビ4の40分切りメンバー。





当然、ペースメークの参考にするなんて出来ないくらい次元が違うので、
私のFTPパワーを基準にして、タレないっ! っていう作戦で行きます。






アップは十分して、心拍もしっかり上げていましたが、
今到着して、準備運動していないという風を装い、集合場所のコンビニに行きます。



少し喋ってから、レッツ、ライドー!


当然ヤビ4の3人とは、ペースが違うので序盤から話されます。


が、そこにDDDさんも張り付いています。



彼もそんなに速くなったのかー、裏切ったな!  

と思いつつも、ここで飛ばすと必ずタレると自分に言い聞かせ、

抑えめながら、フラットではスピードを上げながら頑張ります。




この日の目標は、260wで通す事。



鳥居や蓑毛の坂も這々の体でなんとかこなし、クリア。


蓑毛のバス停、この時点で、パワーは260w。

タイムは、14:33で自分の中では良いタイム。



急な坂道込みなので、多少はパワー出ますが、脚の残り具合からみても丁度良い感じでこれたようです。



そして、急坂を攻略したので、後は淡々と登りながら、ペースを落とさないように気をつけます。



ここで今までと違う感覚が…

身体が軽いのです!

今までは、ここから既に苦しく、ひたすら頑張るだけでしたが、

ちょっと斜度が緩むと飛ばして、

ちょっとキツいとやり過ごすと言う工夫ができる様になったのです。



この感覚はなんだ!

はっ、体重か⁉︎




前回挑んだ時が、体重78Kg。

今回は、およそ71Kgなので、7キロの減量。


軽い自転車1台分です。

(と言うことは、この減量は50万円くらいの価値がある⁉︎)




これで気持ちが楽になったのか、 自分の中では、スイスイ進み、案の定タレてきたDDDさんをパスし、颯爽と進みます。




必死やん!



写真は別日のものです。





どんどん進むと、いよいよ菜の花台手前のキツイ区間。

ここは、なけなしのパワーを使いつつなんとか耐えます。



菜の花台あたりから、車に戻ります。少しずつパワーを出し切るようにして、タレを防ぐのと、使い残しが無いように出し切るように努めます。


パワーメーターがあると、出し切る部分がよく分かるので、利点の一つなのかな、と思います。


あとは、今までと違って気持ちが前向きになったので、不思議とここから踏めるようになりました。



やはり、気持ちは前だね!前向き!




その後も、タレないようにという事だけ考えて踏み続け、



ゴール手前1㎞くらいで現れる、

カーブを曲がるとまだ先があんなにあるのか〜と錯覚してしまうゾーン、

通称「心が折れるカーブ」(私の中で)も、パワーを出し切ることだけに努め、


ラスト区間も踏み続け、


最後にちょこっとある登りも、ダンシングで無理やり進み、





ゴール!






タイムは、











43:33。







自己ベスト更新出来ました!




( ´ ▽ ` )ノパチパチパチパチ





その後は、急いで車に戻って、着替えて、第2陣のみんなが集まるコンビニに向かいます。


私1人だけリラックスモード!



そして、皆んなスタートしていきます。


がんばれー!




皆様の応援のおかげで、貧脚デブの私でも、自己ベスト更新出来ましたが、


シルバー目指すには38分を切っておかなければいけません。



これに満足せず、まだまだ頑張るぞ!



おー!


にほんブログ村


6月ライドのおすすめ紫陽花ロード〜その2

ども、おいでませ。

前回からの続きです。


無事、最乗寺の参道を制したウルちゃんでしたが、お茶屋さんでソフトを食べていると、時刻は13:30を回っていました…



今回の目的は、あくまでいい感じの茶房でランチをすることなので、急いで下山します。



下りで、紫陽花の撮影に勤しみ、








参道のはじまる山門まで下ります。











実は、目的の茶房はこの山門のところにあるのです。





じゃん!








た、た、た、た、高そう…(; ̄O ̄)








「大雄山  茶房  天んぐ」さんです。

※リンクは最後です。読み終わってから行ってね!




実はテレビでやっていたのをたまたま見かけただけで、

美味しいのか⁉︎
ランチあるのか⁉︎
どんなメニューがあるのか⁉︎

は、一切調べずにやってきました。





店構えだけで、決め打ちしてみると言うスーパーひとし君発動です。





このためだけに片道80㎞…





ほんと、営業してて良かったです。





堂々と入り口近くにバイクを止め、恐る恐る中に入ると、







おばちゃん
「いらっしゃいませー!」






ラ、ランチありますか?








おばちゃん
「あと1人分しかないですが…、えっ1人ですか⁉︎」





失礼だなこのばばぁ
「はい、1人です!」







ばばぁ
「どうぞこちらへ〜」






と席に通されると、






























外がよく見えるカウンター席に通してくれました。


目の前には、道路と紫陽花。

この道路は、先ほど必死の形相で登って来た道です。

私の必死の形相が、自分の知らないところで見られていたかと思うと、

恥ずかしくて、

穴があったら突っ込みたいです。






くそばばぁ
「いま、お持ちしますね」







ん?メニューかな、お茶かな?








さて、どんな物を頼もうかな〜と、ワクワクしながら待っていると…







































もう料理やん!














おねえさま
「さしみ湯葉です。わさび醤油でお召し上がりください。」






まだ何も頼んでませーん!









どうやらここまでで推測するに、ランチメニューは1種類と決まっていて、ここに来るお客さんは、既にそのことを知っている方ばかり。


当然注文なんてせず、ランチと人数だけ言えば事足りるというコトのようです。








そこで一つ困った問題が…










ここのランチは、一体幾らなんでしょう⁉︎









ここまでの経緯で、お店のおネェさんは私の事を来たことがあるお客さんと言う認識のようです…




聞けねえ!
今更値段とか聞き難い









そんな葛藤とは裏腹に、
メイン御膳なるものがやってきます。











スマホでは、美味しさが伝わらないので、お店のサイトから。












栗おこわウメー!
疲れた身体に丁度いいし、これからの夏バテ防止にもgood!




でも幾らだろ⁉︎







茶碗蒸しは冷たいタイプで、つるんとのどを通るよ〜!




でも幾らだろ⁉︎








メインの豚シャブも柔らかいっ!
そしてゴマだれが何とも美味しい…






美味しすぎて、私の中で値段の評価がどんどん上がっていきます。








あー、満腹満腹。








ばばあ
「トドメのデザートです。ウヒヒヒヒッ」






まるで私の恐怖心を分かっているかのように、駄目押しで和菓子のデザートも付いてきます。











はい、これで和御膳というコース料理を、値段もわからないまま食べ尽くしてしまいました。







お腹もこなれてきたので、



我が身と等き、宝物の打ち出る小袋から黄金に輝く勾玉を、天高く掲げ賜る儀式へと向かいます!!!





お会計ね⁉︎







ばばぁ
「ありがとうございました!」





ドキドキ…
幾らかな⁉︎







3,000円とかしたらどうしよう…






5,000円の分量じゃないよな









ドキドキ…









美人のおねえさま
「ありがとうございました。 1,500円です。」







ほっ…

良かった。







これはお得!
むしろ味から見たら安い。






と言うことで、目的のランチは大満足だったので、後は来た道と全く同じコースで帰ります!





80㎞帰るのだり~







と思いながら、来た道をヘロヘロ~っと進んでいきます。





すると帰り道の江の島のあたりで、信号待ちをしていると、




すばらしい読者
「雑兵さんですか!? ウルバムさんですか!? いつも見てます!」



と声を掛けてくれる方が!

ご指名でのお声掛けは初めてだったので、なんと言っていいか分からず、ドギマギしていると、何と信号が青に…


「いつもありがとうございます!」
と、返答をして走り出しましたが、ちゃんと聞こえたでしょうか…

お名前も聞けず、すみませんでした。




みつさんと間違えたわけじゃないよね…(>_<)







そんなこんなで、ボロボロになりつつも何とか帰宅。

フラットなのに、何故か脚パンパンになってしまいました。



そして、翌日のチーム練ヤビツに向け、早々に眠りにつくのでした…







そんな状態でヤビツ大丈夫っ!?



6月ライドのおすすめ紫陽花ロード〜その1

ども、おいでませ。
梅雨ですが、暑いですね〜
この土日も日中は雨降らなかったため、自転車思いっきり乗れましたね〜




もう、脚パンパン








そんな6/18土曜日のライドを書いていきます。


この日は朝から猛暑で、当初あざみに行く予定でしたが、急遽変更。
流石にこんな日に頑張ったら、溶けたバターになっちゃいますね…


そこで、前から行ってみたかった大雄山の最乗寺参道に行ってみます。





ストラバ








ここは、距離3㎞程度と程よい登りで、途中が紫陽花参道なる名所として知られていて、更に手前の山門にある茶房が、とっても良い感じのランチができそうな場所なんです。





もう全部言うてもうてるやん!









朝、コンタクトの調子が悪く、まごまごしてスタートしたのが8時。

コースもロクに調べもせず、目的地まで何キロあるかもわからないまま、出発します。




ずさん!








横浜から朝比奈経由で小田原まで、ほぼフラットをバカみたいに巡航します。



この日は、冒頭の通り猛暑。



水もすぐなくなるので、途中でコンビニ休憩。




目的地の途中で休んだら、負けって気しないですか?






再びスタートを切っても、太陽がジリジリと照りつけてきます。


家から65㎞前後で、ようやく小田原城まできました。

ここまで特に何もなかったので、記念撮影。



ついでに今の気持ちも綴ってみました。




近所の由緒あるお寺さん。名前は...由緒ある寺。




今までは、海沿いのどフラットを走ってきましたが、ここからは一気に北へ進路を変え、山に向かってひた走ります。



向かうは南足柄市。



金太郎ですね。。。







ここからジリジリとした登りが始まる!
と思ってましたが、意表をついて暫くはフラット。


ただ安心は出来ません。


だって行くべき山が既に見えてるのですから。







小田原から南足柄市の大雄山駅までが、たぶん10㎞程度。もっとあったかな?



時刻もお昼くらいで、お腹もすいてきますが、あいにく田舎道なのでめぼしい食事屋さんもありません…


と言うことで我慢して先に進みますが、小田原からここまで5㎞過ぎ、依然としてフラットなので、スピードを落とさずいたら、えらいしんどくなってきました。






ただ、この先登りがあると思うので、そこでスピードが落ちるのは必至。
そこまでは頑張らなければいけません。



だって行くべき山が既に見えているのですから。







そこからも同じような道を数キロ程、ひたすら進みます。


すると、なんと大雄山駅に到着…




登らないのかよ⁉︎






完全に誤算でした。






もっと登るかと思ったコースなのに、全然です。

家から南足柄市という、結構な田舎まで来たのに、獲得標高250m…





三浦イチの方が登りますね…





まあ、メインはこれからなので、早速向かいます。


駅を過ぎ、最乗寺方面という看板に従って進むと、
これはという道が見えてきます。






この交差点から、最乗寺まで3.1㎞とのこと。


どんな勾配かは、調べてませんが、未知ですが、行ってみます。


暫くは住宅街の中を進みますが、これが思ったよりキツい。
普通に8〜10%を指します。


頑張って1㎞ほど進むと、程なく、高い木立に囲まれた、参道という感じの道に入ります。








この辺りから、道の両側に紫陽花が咲き乱れます!




おお〜、勾配10%ということを除けば、とても気持ちのいい道です。



参道は、道の左側に赤い山門があるので、すぐここからだとわかると思います。



また、セグメントもこの山門あたりから始まっています。いや、いました。




その後も同じ様な勾配が続きますが、道の両側に紫陽花が咲く、あじさいロードのおかげで、気持ちがまぎれます。







なお、とても綺麗ですが、今年は紫陽花の色付きが悪いようで、療養期間に入っているそうです。

近くの山北町にも紫陽花小道があるそうで、そちらでも良いかもしれません。















辛くとも紫陽花を愛でながら進むと、最乗寺まで残り1.7㎞の看板が。



ここまで2㎞以上登ってきたのにおかしいな?と思いながらも、最後踏ん張って進みます。



すると、






















勾配おかしいだろッ!










左側通行なので、明らかに斜度のキツそうな方を進み、その後も一向にゆるくならない道を進むと、



ゴール!








見えにくいですが、写真真ん中が階段になっていて、登ると本堂に行けます。



階段横には舗装路もあって、本堂まで行けそうですが、敷地内なので遠慮することにしました。




登り切った後、登って来た道を振り返るとこんな光景です。









ここのゴール地点ご、バス停になっており、いくつかお茶屋さんもあるので、


早速、










いっただきまーす!










階段登って本堂に行くと、更に奥の院があるそうで、
ここの階段が…




the.hiroiです。問題あれば光の速度で削除します!


こんなになってるそうです。




天狗さんもお待ちかね!




一部ネットを通して観光を楽しんだ後は、念願のランチです。


しかし、このランチで思わぬ出来事が⁉︎




つづく



てめー記事刻んできたな!?

にほんブログ村



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ