ども、おいでませ。
またまた歳のわかるタイトルです。





さて、今日はコキさんと前々から約束していたヤビツ峠へ挑戦です。







なんと私、こう見えてもヤビツ峠は未経験。
(別にどっちでもいい?)



今までボッチだったので、人の多いヤビツは何となく避けて来てしまいました。



しかし、そんな事とはつゆ知らず、私の事を峠や激坂好きと勘違いしているコキさんは、



『ヤビツ峠ってどんな所?』




と、トンチンカンな相談を持ちかけてくるではないですか!




面倒くさいから、適当に流しとけ。






適当な事を言っていると、なんだか煮え切らない様子…








こいつのサポートをダシに、こっそり初ヤビツ済ませばいんじゃない⁉︎




と思いつきました。
そこで、







するとしばらく経って、観念したのか返事が、






と言うことで、11/28に決行となりました!




しかし、残りのこいつ






自分も参加したい気満々なのは見え見えなので、強制参加と言う手法を取ると、








まさかの仕事を理由に断ってきました。




先に言っておく。いつか必ず連れて行く事を。
ulvam&コキ





とまあ、そんなしょうもないキッカケでライドを決定しましたが、直前になって私も流石に不安になってきました。



そこで、体重が私とあまり変わらないけど、滅法早い過労うどん(旧かれ〜うどん)さんに、コツ的なものを聞いてみると、





ザックリした返答が帰ってきました…


そして、それを見ていた他の雑兵軍団が、




ヘックン…参加していい?

カゼトバさん…車で拾って!

shinkさん…行くと言ってないが、何時?

クアトモさん…午前縛りなら行けるかな〜

うどんさん…もう1人犠牲者連れて行きます!


そして、もう1人の犠牲者、foil係長を含めた計8名でのライドとなりました。









寒さも増してきたので、9:30集合と割とゆっくり目にします。



何故なら、



カゼトバさん連れてトランポだから、車でコースを試走するのだ!解説付きで。





入念な準備は欠かせません…

車は、菜の花台に止めるという念の入れよう。




コキさんには、内緒!








名古木のセブン集合で、





初めましての方もいるので、一通り挨拶してからスタートです。



どうせみんなペース違うので、一斉にスタートします。





今回、私には秘策があります。

クアトモさんが参加すると決まった時から、体重や走力が近いクアトモさんをペースメーカーにしようと決めていました。




何故なら、先日ふらっと立ち寄ったショップで、暇だったから買ったというs-works tarmacの初おろしなのです。



カッケー!






これは張り切るしかない!必ず40分台で走るはずなので、



ツキイチすれば俺も40分台だ!





題して、

『私を頂上に連れてって作戦』


副題

あわよくば、最後刺す






さてさて、初めてのヤビツ峠。

一体どうなるのか⁉︎

そして、コキさんは今日中に足付き無しで頂上まで行けるのか⁉︎




つづく





今更初ヤビツって思った方ポチッと