なかなか引っ張っておりすみません!







前回からの続きで、いよいよピュアビギナー組のレーススタートです。



実は前日、悩める私にある1通の指示書が、




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

悩んでるようですな~
なので俺から簡単な指示書を。

・1~5周目兎に角俺の後ろにいること。
・6~7周目ペースが上がっても兎に角俺の後ろにいること。
・8周目俺の後ろから飛び出して逃げること
(←ココ重要)
当然みつ兄さんを連れて行くこと。
・9周目逃げ続けること。
先頭交代はもちろんない。(←ココ重要)
※ポイントは9周でゴールだと思いこむこと。(←ココも重要)
・10周目休んでよし!

ラスト1周で俺がウルちゃんの魂と共に飛び出すので安心して下さい。
必ず優勝しますから!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


証拠コメントはこちら






やべー、これマジなやつだ…








このやり取り、ブログで行っていたので、ご覧になった方もいると思いますが、ほとんどの方は面白いコメント!と思っただけでしょう。





しかし、
この文章の長さ、

具体的すぎる記載、

そして何より人のブログにコメントする違和感⁉︎







完全にマジな指令ですね…






(隊員だけが知る、この恐ろしさ…)






指令をもらったからには、指示通りするしかありません。


寝ながら考えましたよー、アシストして自分も2位になる方法を!



その結果
7周目まで指示通りに。

8周目強い人居なければスルー

9周目最後のホームストレートに入った瞬間、逃げ!

10周目可能な限り逃げ!
 3位以下を大きく突き放して心を折り、余韻で2位に!





まさか寝ながら妄想したシーンが、現実になるとは…













さらに当日の朝、


《隊長》
8週目で逃げて成功したら、おで目立たず悪者だから、9周目かラストにしようぜっ!





それはもう、爽やかな感じで言ってきました。








ここまでくれば、全て言いなりです。
that's  light、失礼…がちイングリッシュが!








そんなこんなでレース前の召集開始時間に




早速、チーム御用達のアスリチューン赤を飲んで!





召集場所となる入場口に行きます。







当然のように入場口どセンターに位置します。







スタートラインに並ぶ際も、








当然、1番前ですね。








スタートして、隊長は誘導員のすぐ後ろに。
私も続こうと思いましたが、そこにもう1人割って入ろうとする若者が!

ベルマーレのチームウェアだったので、ベルマーレボーイ(仮称)とします。



隊長のお尻見て5周とか嫌なんで、譲りましたよ…
ええ、それは素直に。









その体系のまま5周して、6周目いよいよローリングスタートに。









6周目(残り5周)

動きなし。
通常ペースが上がったり、誰かが飛びたりたりしてますが、今回はまったく動きがなかったので、そのまま淡々とパレードランの状態のまま進みます。



先頭に同じウェアが2人いて、1人明らかにアシストだから、当然誰も仕掛けてこないですよね…








7周目(残り4周)

2人ほど飛び出し、それにブリッジかけようと何人かが前に来ますが、流石にこれは、



早い、早いよセーラさん!








ですね。
慌てず淡々とみつ兄さんの後ろで休んでます。










8周目(残り3周)



えー、ここで発表があります。
私、今何周目か分かりません!








周回数はゴールのところに書いてますが、これの見方が分からない⁉︎

そっと隊長の横に並び、周回数を聞きますが、隊長からは、





《隊長》

まだ早いからいいよ〜






と、何となく伝わったか伝わらなかったかの返事が。



困った、完全に迷子だ…








動画でもその様子がはっきりと映っており、笑ってしまいました…







そのうち、逃げてた人が1人また1人と集団に吸収される中、
8周目ゴール前で集団の先頭の人が、2番手の隊長に交代要求して、減速しだしました。



いや、ここで減速したら一人逃げてるからマズいでしょう⁉︎








と、3番手の私が前を曳くことにします!

逃げてるのがベルマーレボーイです。



ついでに減速した人や後ろの集団を疲れさせようと、少しスピードアップ!






9周目(残り2周)

先頭に出て、どんどん曳いていると、逃げていたベルマーレボーイに追いついちゃいました…


しょうがないので、その後ろに付きますが、ベルマーレボーイは、ソッコー交代要求…
当然こんなところで代わったら、私スパートで曳く力残らないし、この人絶対付いてくる…


ペースも落ちたので後ろも数人追いついてきました。




隊長〜、どうします〜?








と思って振り返った瞬間、隊長の目がキラーんと光り、アタック!




私は見ていたので、即座に対応出来ましたが、他の人にはカウンターとなったようで、皆んな一瞬遅れます。






確かベルマーレボーイともう1人くらいはついてきましたが、集団を少し離せればこっちのもので、後は巡航スピードで、1周回ります。





9周目ラストカーブで、
隊長、私、ベルマーレボーイが連なった状態で曲がります。


このまま行っても隊長は勝てそうです。


しかし…面白くない混戦だと何があるか分からないので、カーブが終わった瞬間に、私がアタック!








10周目(ラスト周回)

アタックをかけた私は、シッティングで踏めるだけ踏みます!

隊長は見なくても当然ついてくるので、気にせず飛ばします。



最初のカーブ手前で後ろを確認すると、隊長だけで、その後ろは大きく差が開いているではありませんか⁉︎



あとは、バックストレートを出来るだけ踏んでいれば、隊長は勝手に発射するので、その時を待ちます。。。







カーブを終え、20mくらい進んだところでしょうか、ついにその時がやってきました。









後ろから、ふんっ!という掛け声とともに、ホイールの轟音を鳴り響かせながら、あいつみつ兄さんがアタックを掛け出します!




私の横を通り過ぎる際、


「ありがとっ!」



という一声を置きみやげに、あっという間に数十メートル彼方に逝ってしまいます。


背中に纏った黄金の星が、まるで突然現れた流れ星のように、彼方に消えて行きました。




※当ブログは、思いこみも激しくあった出来事を格好よくデフォルメするクセがあります。
参加者の皆様及び読まれる方は話半分、大きな心で読んで下さいませ。









それを一人見守っていた私は、













願いが叶わないのは、一緒だな…
連れてけよ。。。








**********************

ここまでは、隊長と同じ行動でしたので、こちらもご参照ください。
同じ出来事を面白おかしく脚色した、とても読み応えのあるブログです。

「格好いィお父さんに俺はなる!」


**********************





まあ、しかしこれも当初予定の通りです。
アシストできて満足だったので、



これで仕事は終わった。。。







と余韻に浸り、もう脚もパンパンなので、すぐ集団に飲まれるかなーと思って後ろを振り向くと、




後ろいねー!







後ろの集団とはかなり差が開いているではないですか⁉︎




これ粘れば表彰台行けんじゃないっ⁉︎









欲が出てきました。

ということで、お休みになった脚に急遽語りかけ、騙し騙しもがき出します。







バックストレートを終え、カーブを曲がるところで1人に猛追を受け、


カーブ立ち上がりで、なりふり構わずもがきながら後ろを見ると、


向こうもカーブを終え、スプリント体制に入っています。



最悪でも3位だ。







えーい、ここまできたら2位取るんじゃー! と道は若干曲がってますが、直線になるラインを取ってもがきます。



ふんっ、ふんっ、ふんっ!




いやいや、動画見たらヘロヘロでしたよ。







あと10m、


あと5m、


とここで並ばれてしまいます


あと3m、まだ粘ります!



あと1m、






が、




ここで惜しくも差され、








ゴール!









その差1m… 悔しい~




結果、第3位に。   でも大満足です。


ゴール後に隊長においついて、




3位になっちゃいましたー!



というと、




≪隊長≫

「へっ!うそーまじで!!!」



と素の対応。。。






この人、本当に捨て駒にする気だったんだ。。。









ま、まあ、うれしかったので、二人で喜びを爆発させっ!






雑兵基地へ帰還!







喜びの表彰式で、またもや隊長大暴走。。。




あーあ、2位の人完全に引いてるよ。













という具合に、みつ兄さんこと隊長の引き揚げや戦略のおかげで、私も何とか仕事をこなしつつ、
3位という分不相応な結果を得る事が出来ました。


えー、今後ともこの結果に溺れることなく・・・・・・



















デビュー戦で3位という結果を出した天才として、ロードバイクを続けていきたいと思います。





本当は?







 はやく皆さんに追いつける様、精進してまいります。









長くなりましたが、次はいよいよビギナー戦を応援する立場から、綴ってまいります。

例のアレは、発動されたのか!? 


乞うご期待!








最後に、


今回けがにより私に権利を譲ってくれ、悔しい中応援&カメラマンを務めてくださった BASSさん (ブログこちら)


borikoシステムという新たな仕組みを生み出すだけでなく、カメラマンとしてすばらしい写真を提供してくださった borikoさん(ブログはこちら)
カーブで写真撮る姿は、走りながら笑ってしまいます。。。



自ら1位を獲得しながら、我々おっさんの写真を一生懸命とってくれた、かれ~うどんさん (ブログはこちら)




そして、一生懸命応援してくださった皆様、



本当にありがとうございます。  動画で応援の様子映ってて、泣きそうになりました。(コレホント!)








おめでとうって事でたまにはポチッと!

にほんブログ村