ども、おいでませ!
この題名見て、ピンと来た方、あなたは間違いなく坂が登れる人ですね!





昨日5/15は、自転車や車で富士山の五合目まで行ける登り口の内、あざみラインスバルラインを コッソリ1人で 登ってきました。





なんか似たような事前にやってた?

そうなんです、こちらの記事










前は、相模原から自走で富士あざみラインを登って帰る企画でした。

この時、なんと私はあまりのキツさにアザミを途中で引き返し、
脚を復路に備えて貯めると言う、
やろうとしてもなかなか出来ない面の皮の厚さを皆に見せつけたのです。





しかし、アザミの頂上は行きたい…クヤシイ。








と言うことで、今週行く事にしたのです!
クラブライドも、今週は超朝早くにちょっとやる言うことで、私は絶対に起きれないので、パスでしたし…。
朝5時にヤビツ集合して2本とか、ないでしょう!?


そして、誰にも言わず、Twitterからも消息を消し、迎えた当日。







デスライドの借りは、デスライドで晴らすべく、




















朝、6:30に家を出て、東名・御殿場経由で8:00には道の駅須走に到着。



車かいっ!








あざみラインとスバルラインに登れればいいのです…



途中で何度もやめて引き返そうとしながら、準備をして出発!




前回同様、道の駅須走横の富士国際ヒルクライムのスタート位置と同じところまで少し下り、スタートします。





今回の課題は、200W維持。

前回できませんでしたが、前半でパワーを出しすぎないように200Wまでに抑えて最後まで上るという事を意識します。







前半は、道も広く、空も抜けているため、あまり斜度があるように見えない、7~10%を坦々と進み、

森に入って九十九折になっても、ここは斜度は多少緩やかになりますが、はやる気持ちを抑えて200Wに。


しばらくすると、馬返しの激坂が現れます。





ここはわかっていてもキツい。。。








そうです。こういった10㎞超のコースの途中にある、数㎞の激坂区間は、デブパワーない者
容赦なくいたぶってくるのです。


そうすると見えてきたこちら、









前回涙を呑んで引き返した箇所ですが、なんとかここも通過!







しかし、全く楽になる気配なし。。。。





またしばらくすると狩休バス停。
休むという文字に吸い寄せられます。

狩りが休む? 

狩人の休み場が昔ここにあったのでしょうか!?
そう思うと、バス停のすぐ後ろ200坪ほどが平らにならされています。


あー、フラットだ~。 休みて~という思いも振り切り、先へ進みます。 なかなか前に進まないけど。。。




ずっとこんな15%超の坂が続くのと、パワーを気にしながら登っていたため、ずっと下を向いて進んでいましたが、
ふと気づくと、シッティングで超絶苦しくなります。


もうパワー切れか!?と思い前を向いた瞬間です、






壁。。。。







斜度20~25%で構成される  を進んでいるではないですか!




そしてあまりの斜度に、ストレートなのか、カーブなのか、続いているのか、見える範囲で終わりなのか、全く見えません。



視界がぜんぶ  






取り敢えず、見えている範囲で終わりだ!っと力を振り絞ってよじ登ります。





徐々に見えてきた、この道の先……








そう、だんだん見えてきた、きっと下りだ、そうに違いない……









いいぞ少しずつ見えてきた……その先は、
















登りが続いてましたね。










一瞬だけ距離にして30mくらいフラット (に見えるだけで実は10%前後の登り) になりますが、その先は今登ってきた壁と同様の壁。
そしてカーブしているから、その先がどうなっているか全く分からない。





これが何回か続きます。






いい加減ボコられ続け、意識が朦朧としてきた頃、空が広くなった様に感じます。

五合目付近になり、森林が少なくなってきたため、空が広く感じるのです。


少しだけ、根気が戻ってきたので、頑張ります。



もう坂を見るのもしんどいので、ずっとパワメを見て下ばかり向いてると、2人程抜かされ、


1人は原チャかと思うスピードであっという間に見えなくなり、

もう1人は私と同じくヘロヘロなのに、何故か速いという人に抜かされます。

ギリギリ見える範囲で抜いた人が見えるので、ペースメークに使いつつ、何とか踏ん張ります。ホントアリガトウゴザイマシタ!






すると、










景色が急に開け、











ゴール T_T










先程抜かされた方とも少しお話ししてみると、何と雑兵知ってる!ブログ見てますっ!と言ってくれる方が。どうせ隊長のブログたろうけど…

今度横浜ライドやチーム練も是非ご一緒しましょう!







そして、ヘロヘロになりながらベンチに座ると、おばあちゃんが椎茸茶を振舞ってくれます。



これがまた、塩気があってとても美味しい!

ちょっと熱いのと温いのを2杯一緒に持ってきてくれるので、気持ちよく飲めます。



山荘 菊谷のおばあちゃんシズさん(←てめー勝手に名前つけてんじゃねーよ!)、ありがとう!




(モザイクしてもしなくても変わんないな…←とか思ってんじゃねえのか⁉︎)





少し休んだら直ぐ下ります。

まだ次があるので、ゆっくりしている暇はありません。






実は、須走からスバルラインまで自走すっかとも思ってましたが、




そんな事は登ってる途中でやめると決めました。







しかし、私は本当に登れるのでしょうか⁉︎



次回、1人でスバルライン試走をお送りします!










しかし登りおせーな…