ども、おいでませ。

今日は、新しく取り付けた軽量パーツのインプレです。


題名の通り、今回取り付けたのはボトルゲージ。



折角バイクやハンドル、ステムなどカーボン装備にしたので、その他必ず付けるボトルゲージもカーボンにしようと選んでみました。

そして、素材、デザイン、使い勝手などいろいろ比較検討して選んだのが、こちら!









ARUNDEL(アランデル)というメーカーの、


MANDIBLE(マンディーブル)という商品です。















日本代理店のサイト紹介によると、


アメリカ フォートワースに本拠地を置くArundel Bicycle Co.(アランデル)から送り出される製品群です。彼らの言葉を借りると、Arundelという製品にたどり着いた時点で、私たちと同じ『自転車エンスー』だ、というくらい、彼らも自転車を愛しています。
レースシーンでも2016は引き続きWorld TourチームであるTeam CannondaleにMandible等のボトルケージを供給します。





代理店


メーカーのサイト





早速、2個注文してみました。







届きました!











シンプルですが、何故かおしゃれです。

私のフレームはマット系なので、今回マットカラーを頼んでみました。

そのほかにも艶ありや、色んなカラーがあります。




早速、重さを実測してみます。







29g!




カーボンとしては、まあ特別な軽さではないのですが、それでも軽いです。


元々使っていたゲージは、スペシャのプラスチックで、重量は49g。

これも軽かった方ですが、それよりも軽い。





特別な軽さじゃないと書きましたが、何故これにしたかというと、

かなり硬めで、ボトルをしっかりホールドできるという事があります。



走行中に飛んでいくのは恐ろしいですからね…




しかし、硬いからといって嵌めにくくはないようです。



走行中にグラつきがあったり、硬くて出し入れできないとしたら、かなりのストレスで、ライドどころじゃないですからね。






ではいざ装着!















シンプルなデザインなので、似合わないはずはありません。


逆にあまり目立たなくなりますが、しっかり見ると、洗練されたゲージが付いていて、隠れたこだわりが演出できるのでは!






使い勝手は⁉︎

ボトルだけじゃなく、ツールボトルもしっかりはまります。



写真のボトルは500mlですが、770mlの物もきちんと入ります。



この形状なので、横方向からの出し入れは出来ず、上からまっすぐ出し入れしないと行けません。

若干やり難いかなと、初めは思いましたが、ものの数回出し入れすると、すぐ慣れてきて違和感はなくなります。



それよりも、出すときは何の違和感もなく取り出せます。



挿れる入れる時は、普通のゲージに比べて少し押し込む意識が必要になります。

普通のゲージは、ボトルをちゃんとした位置に置きさえすれば、ストンと入ると思いますが、マンディーブルはホールド力があるため、クイッと押し込む事が必要になります。


このワンステップだけが面倒ですが、それ以外がノーストレスなので問題ないのではないでしょうか!




注意点として⁉︎


ホールド力が高いため、当然ボトルをしっかり包み込みます。

ボトルの素材によっては、これによって擦り跡が付くものがあるようです。


私は今のところ問題ないし、そもそも気にしないですが、大事なボトルがある場合は……、




家用にしましょう!










皆さんも気になったら、お試しくださーい!















久々のレビューだ!