ども、おいでませ。





さて、レイクラインを踏破した我々は時間の都合上やむなく、次を目指さず、宿に向けて引き返すことにします。


















ようやく宿に!




まずは温泉!
















うお〜、めっちゃ最高!







これぞ大人の遠足です。













温泉で着込んでいた疲れをゆったりと解き、治癒成分を肌へ沁み渡らせます。



一通り温泉を堪能した後は、夕食。





まあ、温泉宿の夕食なんて味は普通ですけん!











うまっ!










パッと見普通なんですが、よく見ると一品一品かなり手が加えられていて、その味が絶妙。


見た目上品で薄味系のお造りも、しっかり味も付いているという塩梅で、どれもハズレがありません。



適度な値段で、これだけのものが出てくるなんて、




私史上最高の宿です!






















野地温泉ホテル












明けて翌朝、


まずは雲海が見えるかと、宿から昨日のスポット迄行きますが、














雲海は遠くの方にありました…





その代わり綺麗な朝日と、





朝焼け。




まあ、朝焼けは宿の部屋からが一番綺麗に見えたんですが…









そして、さらに移動を続けると、











キ〜ッ、ですけん!

















猿の群れ。


道路のあっちこっちに猿、猿、猿。



刺激しないようにゆっくり通りますが、







シロクマが通りますよー。








ちっ、襲われれば良かったのに!





向こうも自転車だからか、あんまり気にしていない様子。








この日は、大内宿周辺をライドです。





再び廃墟ホテルを通って、移動します。














大内宿は、下の湯野上温泉駅からスタートします。





足湯とネコ駅長が有名なんでしたっけ?
観光スポットには疎い2人です…





大内宿は、山の中腹にあるため、ここからだと登りです。


基本的には程よい登りですが、途中少しだけ急勾配あるのと、1本道なので紅葉シーズンで車が渋滞する時は、ちょっと厳しそうです。



しかし、この日も快晴!

天気予報では、雨予報でしたが、良い意味で裏切られ、旅運の良さを2人して痛感します。






しばらく登り続けると、開けたところが現れ、






到着!











撮影スポットまで歩いて登ってみますが、












彼の進む所、常に暗雲が垂れ込めます。

本当に20分後、スコールにあいました。





ザ・大内宿!
というスポットで、












写真を愛で、


激坂を下り、









デザートタイムとします!


大内宿と言えば、ねぎそばや雪ノ下珈琲が有名ですが、そんな人が多いところは、意外と行かない2人。



大内宿内の意外と知られていないカフェへ向かいます!




分家玉や



なんとパティシエール在住!






ブリュレ。


ブルーベリー。



鶏せいろう飯



季節のパフェと、











1人何個?とか聞くなですけん!
ほとんどワシのですけん!






その後は、大内宿を抜け更に登っだ後、
反対側に下りて、登り返します。


ここが時空路ヒルクライムのコースだそうです。



写真はなし。
なかなかパンチのあるコースでした。




距離、斜度共に、足柄峠に近いです。
ただ、足柄が真っ直ぐ見通せる道が少ないのに対し、こちらはそれが2〜3本あって絶望しやすいって違いがあります。



頂上は人造湖になっていて、












1周4㎞程度で周回できるので、2人っきりでバトルを行い、










ふふっ、ようやく帰ってきたo(^_-)O






楽しかった遠足もこれで終了!

結局、私の夏休みはこの後仕事で全て潰れたため、これが唯一の夏休みとなりました。




楽しかった。
また行きましょう〜






皆さんも、機会があれば福島ライドオススメです!












































最後に昔のですけんさんを!



むかし




悲しい現実





はっはっはっー、太ったちゃーん!










福島ライド編おわり。