ども、おいでませ。


寒い日が続いてますが、皆さんちゃんと自転車乗ってますか?







さてさて、忘れないうちに大磯クリテの続きを書いていきますね。
今回は、11月にあった第2戦です。

今回は、みつさんやイナバさんなど主要メンバーは他の大会に出でおり、テントはナシ。
応援も少なく、ちょっとだけ寂しかったです。








大磯クリテ第2戦目(2016/11/23)

カテゴリー:ビギナー
結果:3位
チームメイト:マツさん、bbさん
レース内容:

スタートは前列にマツさんが並んだので、その巨体に隠れる様にひっそりと後ろに位置取る。
これでもう誰にも発見されず。

スタート後は、集団中程で位置取る。
ローリングスタートで、2周目くらいから1人逃げが発生する。


容認かと思われたが、中途半端に追いつこうとする選手がいて、集団が間延びしたり、中切れが発生したりする。

まだ序盤なので、中切れしても慌てずチームメンバーで固まり、マイペースで集団に追いつく。


なかなか逃げが吸収されないため、集団ペースも一定にならないまま中盤戦が終わって行く。
相変わらず、慌てず集団後方を位置取る。


ラスト3周目
徐々に前に位置取り始めていたマツさんが、ここで先頭を引き出す。
なかなか速いペースで、逃げがあっという間に射程圏内となってくる。
結局、まるまる1周をマツさんがひく。
相変わらず強過ぎ。
私とbbさんは、集団後方で大人しくしていた。


ラスト2周目
バックストレートになったところで、マツさんが疲れてやや後退。
第1戦も似た様なことしたな…
それを見た他選手が一気に活性化して前に行く。
しかし、まだこのストレートでは早い。

少し我慢した後、平塚側コーナーに入るところで、一気にスピードを上げ、コーナーでごぼう抜きをかましながら、集団のトップに出る。
動画で何度見ても、ホレボレするコーナーワークだ。


トップに出たものの、ここで行くには早過ぎるので、並み足で進むと、先に仕掛ける人が出てきたので、後ろに付かせてもらう。



最終LAP

小田原側コーナーを利用して、先行者をパスし少し踏む。
ここで踏み過ぎると持たないので、余力を残しながらいく。
何人か後ろに付いている。

2周目からずっと逃げている人をバックストレートで吸収した瞬間から、私を含めた4人位でアタック合戦となった。
気配に気づかず、3人に先行を許す。

最終小田原側コーナー
勢いをつけてコーナーに入れたので、コーナー立ち上がりでスピードに乗せられたお蔭で、スプリントが伸びてくる。

前には3人。


ゴール前、
一瞬間に合わないか、とも思ったが諦めず必死に追ったら、何とかゴール手前で1人差せた。
結果、3位でゴール!






ウォークライド様の動画





追記
表彰台に立てた事は、凄く嬉しかったが、
前シーズンから約1年ビギナーにいたため、やっと昇格できるという嬉しさの方が上だった。


1ヶ月前から取り組んだインターバル練習が、少しは効果出た様で最後に踏む力が出てきた。
これからの継続に励みとなった。


表彰式では、あのアイドルとツーショットを取らせてもらった。









デレデレ。


次戦は、いよいよスポーツに昇格だ。
より厳しい戦いになりそうだけど、頑張るぞ!





可愛かったな〜