ども、おいでませ。

週末は、栂池ヒルクライムに参戦して来ました。

何故私か登りを⁉︎

って感じなんですが、練習だとヘタって高強度で登らないから、レースに参加してしまおう!
という魂胆です。





<前日>

今回は日曜開催ですが、土曜日にクリテなどはないため、受付のみ。
翌日のレースは、開始が早いためお楽しみの前泊。

また、前日にコース試走が組まれている。


お昼頃到着して、ゆっくりコース試走や白馬・小谷村の山々をポタリングしようと思っていたが、
金曜日の夜、突然スマホの電話が鳴る。




なんと、かかりつけのショップから、

『明日FUJIの試乗会があるんですけど、コンポがSRAM eTApやSRAM REDが付いてるんですよ~』

『前から替えたいって言われてたから、一度触りに来ませんか!?』


と連絡があった。

SRAMの小さいブラケットは、私の握り方やブレーキの掛け方が合うのではないかと考えていたので、
これは是非行きたい!

という事で朝イチ 10時にショップに行くことにした。
そしてその感触は、、、、





いかん、脱線した。
試乗会の話はまた別途。


1時間ほど、色々試乗したため出発は11時。
それでも横浜からだと、15時頃について3時間程度走れるので、ちょうど良い感じ。

高速も、東名は渋滞だがその他は渋滞なし。東名だけ避ければいいかなと、横浜から16号で相模原愛川まで行き、そこから圏央道~中央道~長野自動車道と行く事にする。
颯爽と出発したのもつかの間、まさかの下道大渋滞。。。

愛川に行くまでの相模原区間で全く進まない。。。




結局、相模原区間で1時間以上余計に費やし、到着は16時10分。
受付は、16時半までだったのでぎりぎりだった。
やはり相模原か・・・・。





栂池のコースは、スタート2㎞以外の15㎞は、一般車乗り入れ禁止区間でもあるため、
試走も16時半までと定められ、もう難しい。
ってか、この時間から試走すると真っ暗な下り&熊に怯えなきゃいけないので、まっぴらゴメンである。



しょうがないので、スタート地点から2㎞までの区間を2本ほど走り、その後白馬まで軽く流す程度にする。







栂池のコースは、最初の2㎞区間が、最も勾配がキツい様で、なかなか脚にくる。

これは、明日スタートと同時にイキったら、初めの2㎞で全てが終わるな・・・と、肝に銘じた。
表彰台争いには、絶対絡めないので、自分の実力をすべて発揮するためには、最初のこの区間を穏便に済ます必要がある。



   


<宿>

むかしスキーをやっていた時代にかなりお世話になった宿へ。
まさか自分が自転車をもって、再びこの宿を利用することになるとは思わなかった。





久々だが、オーナーは覚えていてくれて、ゆっくり過ごす事が出来た。
この宿はお世辞にも綺麗とは言わないが、ちゃんとした温泉が付き、かなりボリューミーなステーキを出してくれるのでお勧めです。


老夫婦が経営のため、手広くやっておらず、この日の宿泊も3組(全員1人なので3人のみ)
しかも、大会受付場所から自転車で5分程度の場所なのに、奥まっているからなのか、大会出場者は私のみ。

お蔭で、気持ち的にもゆったり過ごす事が出来た。


食事前と食後に2回も温泉につかり、




意外と言っては失礼だが、かなり美味しい料理とステーキをいただき、






   





おっと間違えた。









ゆっくり心を落ち着け、早々に眠りにつくことが出来ました。
   




さあ、明日は大会!


つづく


   


えっ、前泊で1記事書くの?