via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

レース

'17 第5回 榛名山ヒルクライムin高崎

ども、おいでませ。

5/21は、ハルヒルが開催され、昨年に続き参加してきました。
雑兵メンバーも多数参加しました。





クラス : 榛名湖コース
開催国 : 日本
距離 : 14.6㎞
天候 : 晴れ
起床時体重 : 69.5
起床時心拍 : 58
出場チームメイト:約8名


〜前日〜

昨年に引き続き前泊。
前日受付が〜19:00までだったので、午前中は家近辺で50㎞程度軽く走り、自転車を洗ったりしっかりオイルを指してから出発。

道中渋滞もなく18:00前には受付終了。
当日駐車場は割と近めだが、念の為場所確認をしつつビジネスホテルへ。

雑兵メンは、前日集まって飲むタイプじゃないので、誰とも合流できず1人飯食って、22:00頃床につく。

(が、なかなか寝れず寝たのは24:00頃か…)


3:50起床


再び寝る


4:30起床



朝食とアレをして、出発。



選手集合場所の榛名体育館に6:00ちょっと前に到着した。
当然アップなし。
序盤に激坂ないのと、そもそもヒルクライムなので緊張感は皆無。

何だか、チーム練でヤビツに行く感覚に近い。
集合場所でも自然と雑兵のみんなで集まってたし…




昨年に続き、今日もかぴばらさんは、一定パワーで登ると宣言。
私は、昨年奇しくも負けたロキさんに雪辱を果たすのが目標!

因みに昨年のタイムは、57分50秒だった。








~レーススタート~

スタート地点に移動してから、暫くしてスタート。
セレモニー等やっていたが、3000番台の待機位置からではよく聞こえない。

エキスパートからスタートして、3000番台のスタートとなる。
雑兵メン数人で固まってスタート。
スタートラインから計測開始地点までは脚を回して心の準備を行う。





そして計測開始ライン。
そこから皆ペースを上げていくが、それに連れられないように気を付けてペースアップ。

なぜだか脚が軽く回るので、負荷が掛かり過ぎないように気を付けつつも、このペースで進んでいく。

意外と調子が良いので、皆んなを置いて先を進む。


まだ序盤と言うこともあって、落ちてくる人、上がって行く人様々な人が入り乱れている。
平坦部では、利用できそうな流れに何とか乗りながら、ペースを上げて行く。
するとあっという間に初心者コースのゴールに。

タイムは、17分39秒。

   
続いて多少急なアップダウン区間となるが、まだまだ息も脚も続きそうなのでこのペースのまま進む。


この辺りまで来ると、登り早い組みと平坦早い組みがはっきり分かれて、お互い得意部分で前に出るのが面白い。
私は当然、平坦組み。


神社まで後1〜2㎞の所で、カピバラさんに追い付かれる。
もしやと思って後ろを振り向くが、ロキさんやMOONさんはいない。

ちょっとホッとしつつ聞くと、その前の下りで千切れたらしい…

さようなら(ToT)/~~~




しかし、登りで追い付かれたと言うことは、私はどうやらタレ気味の様だ。

神社を過ぎたら、後先考えず力全部出そうと、それまでの1㎞だけ抑え気味に走る。




神社通過。
神社横を抜けるといよいよ激坂区間だ。
ここからペースもパワーも何も考えず、出し切ることに専念する。

当然カピバラさんは、もう見えないところにいる。


この区間、昨年は只々キツイと感じたが、今年はそれでもペースを上げて走ることができている。

本当に急な箇所は上げてもしょうがないので少し抑えめにして、緩んだ瞬間にパワーを掛ける。

これはインターバルの様で、結構キツかった…


激坂が終わり、九十九折に入ると、維持出来るギリギリのパワーでペース走を行う。

狙うは昨年の自分越えなので、タレないようにするにはこれが1番かな。


さっきラスト1.5㎞の看板が見えたが、なかなか先が見えない…


榛名山のはるなさん(通称ち○こ岩)を越えると、残りは数百m。

周りはアタックしだすが、地味にキツイ箇所あるので、そこを越えるまで我慢してから、ラストの力放出!

これが「はるなさん」トラップだ。
毎年大勢の人が引っ掛かっている。


そして、ラストの力を放出したが、
あんまりスピード変わらず…





そんな自分に苦笑しながらゴール!







タイム、52分51秒







昨年のタイムを、何と5分短縮して走ることが出来た。


これには正直驚いたが、少しはベースアップ練習が効いてきているようで嬉しかった。


でも、みつさんやボーリーとか強いメンバーの去年のタイムとほぼ同じと言う…

一年遅れの力関係かと思うと少し凹む(T ^ T)







高級ないちごチームのmokaさんが撮ってくれていた写真





この後下山したらまだ11時だったので、碓氷峠に向かって出発!

更に山を目指して走ってきました*(^o^)/*




   








えっ、ロキさんとMOONさんはって?








ふふふふふっ( ͡° ͜ʖ ͡°)







'17 JBCFブルークリテリウムin鴨川(E3)

ども、おいでませ。


ブログが滞っている間にハルヒルも終わってしまった。。。。
早く適当に書かなければ!







今回は、5/14に開催された【'17 JBCFブルークリテリウムin鴨川】の事です。
前号は、タイムトライアルの事書きましたが、今回の鴨川は2日間開催でクリテリウムが2日目。


前日の豪雨とは打って変わって、晴天に。
つくづく昨日と天気が逆じゃなくて良かったです。
だって、雨の中、コーナーが多いコースで、クリテリウムとか流石に怖すぎです。


前日は、鴨川市に宿を取って朝ゆっくり会場に向かいました。
と言っても、試走が8:00~だったので、7:00には出発していましたが。。。





ホテルですべての準備を整え、会場入りしてすぐ自転車の準備をして、時間ピッタリにコースイン!
昨日のタイムトライアルと同じコースですが、昨日は雨が降っていたので、改めて念入りにコーナーや泥の様子を見ながら時間一杯まで走ります。



時間一杯まで走って疲れないか!? ですって?



だって、試走時間が8:00~8:30までですが、E3のレースは昼から。
私の第3組目も15:40スタートともう夕方スタートなので、それまで超ヒマだから大丈夫なのです。



試走後は、その後始まった上位クラスのレースを見学したり、寝たりしながら只管時間が来るのを待ちます。
見学していたレースでは、ショッキングな落車を目撃してしまったりと、かなりブルーになりましたが、お昼頃に勝ってきたパンやおにぎりを食べ、ローラーでアップをしたら、いよいよ待ちに待った時間です。

今回一緒に参加した、みつさん、うどんさんは、第4組と私と違う組になったので、私だけ先に検車・招集場所に向かいます。






カテゴリー :E3_3組目    
周回数   :1.3㎞ 20周
結果     :20位/
チームメイト:みつさん(E3_4組目)うどんさん(E3_4組目)    
レース内容 : 

スタート1.5時間前。
第1組目がスタートした直後に検車に向かう。
今回検車はスムーズに済んだため、すぐさま第2組で並んでいる後ろに少し間をあけて待機する。
まだ早すぎたようで、第3組は他に2~3人だけしか並べておらず、無事前列を確保できそう。

今回はテクニカルなコースで、抜き場所は1箇所しかなさそうなので、張り切って前列を確保。
第1組、2組とレースが進行していき、いよいよスタートに。

待機場所からスタートラインまでは、20m程度。
「移動開始!」
の合図からうまくクリートもはまり、最前列をキープしたままスタートラインに並ぶことができた。

いつもスタート位置は後ろ目にするのに、珍しくやる気に!そして前列スタートなので、スタートと同時に頑張って前位置を維持する。
300mくらいは追い抜き禁止のローリングスタートなので、フラッグ降られるタイミングを注視して、解除と同時にスピードを上げる。

解除はコーナー区間のため、なかなか抜き難くなるだろうとの思惑は見事成功。
1周目は、集団先頭付近のまま抜ける。

しかし、唯一の抜かしどころとなるストレート手前のインターバルは、めちゃめちゃキツイ。



2周目、コーナーは難なくこなすがインターバルかかる箇所で、何人かに抜かされる。
この時点で、もうインターバル出す力がなくなっていくのが分かる。。。


3周目、早くも踏めなくなる。
1~2周目で行けるだけ行こうと力を出し切ってしまった。
インターバルかかる箇所で、かなりの人数にごぼう抜かれる。
そして気づくと集団最後尾に位置していた。
キツい。


4周目、コーナー区間では集団に付いて行けるが、インターバル区間で少し離されてしまった。
そこからのストレートで決定的に間が空く。
もう集団からちぎれてしまった。

しかし後ろを見ると何人か更に後方にいるのが分かる。



5周目、同じく千切れてきた人や後ろから驚異の追い上げをしてきた人4人程度で集団を作る。
しかし、ローテに加わるほどの力は残っていない。
マズい。。。


6周目、この集団からもこぼれる。
1人旅に。
いつの間にかバイクが後ろに付く。
最終走者の様だ。


7周目、LAPアウトは嫌だ!と何とか頑張る。


8周目、まだ粘っている。
ずっとバイクが後ろにいる。


9周目、さっき一緒にいた小集団が見え隠れするが、なかなか追いつかない。
LAPされるかな・・・とひやひやしたが何とかセーフだったようだ。


10周目、気持ちは粘りたいが脚がいう事を聞かない。
前日のタイムトライアルに近いペースでずっと一人で走っているので、かなりキツい。

と、ここで赤旗振られてコースアウト指示。
とうとうLAPされてしまった。



結果、10周終わったところでLAPアウト。
残り10周は走れないまま終わってしまいました。


やはり、集団に残るというベースのパワーが不足しているので、いくらインターバル鍛えてもそれを使う以前に脚が終わってしまう。
引き続きしばらくは、ベーストレーニングを継続します。


しかし、E3でもLAPアウトされるレベルとは。。。
上を目指すのは、なかなか厳しい道のりになりそうです。




にほんブログ村

'17 JBCFブルータイムトライアルin鴨川

どもおいでませ。

先週は実業団レースの鴨川タイムトライアル&クリテに参加して来ました。


先ずは、初日タイムトライアルから。









この日は朝から生憎の雨。
前日から、大雨と凄い降雨量と言う事は分かってましたが、タイムトライアルで1人で走るのでまあ何とかなるだろう…と考えていましたら、

同じく参加するみつさんが、





などど、珍しくネガテイブ発言。

当日の朝起きてみると、そこまで雨も風も強く無い。

これは持つかな〜と思いながら、車1台で一緒に向かったんですが、

まあ、道中も珍しく弱気発言連発。
ぷぷぷぷぷ( ͡° ͜ʖ ͡°)


なにやら、大磯の落車をまだ引きずっていて、雨のコーナーはとてつもなく怖いそうです。


これはチャンスです(^_^)v






現地に着いて、受付・監督会議など済ませている間に、弱かった雨がいつの間にか本降りに。







もう傘なしでは、一瞬でビチョビチョになるレベルです。


みつさんは、ますますネガテイブに磨きがかかります…







今回の大会は、一般カテゴリーのクリテレースも併催しているため、これが終わるまで駐車場入場ができません。

時間まで待機して、時間とともに一斉に移動します。


タイムトライアルは、ここからが大変。
11:00〜11:30監督会議
11:30〜12:00駐車場移動
12:30〜13:00試走

(スタート15前までに検車)
13:10みつさんスタート
13:20私スタート

と言う、怒涛のスケジュールです。
アップはおろか試走もフルにはできません。


そうです、2人ともスタートが始めの方なのです。


みつさんなんて、2番スタートです。



どうやらこれもネガテイブになる原因のようです。

だって2番手スタートなんて、大体みんな見学しているので、ここでスリップしようもんなら、大ウケ必至です。




いざ準備ですが、
監督会議前に着替えておいて、車移動後すぐ自転車を取り出して、いつでも出れる準備をします。


が、余りにも暴風雨のため、堪らず車に退避。

結局ろくにアップもできないまま試走時間を迎えます。



試走時間になってコースインしましたが、兎に角難しい…

1周1.3㎞のコースを約2周、2.4㎞ほどのコースプロフィールで、

野球、陸上競技場の間を縫うように走るコースですが、兎に角狭い。

そして直角コーナーや絶妙な場所にあるガレーチング、マンホールなど、雨の日の大敵のオンパレードです。

ストレートも微妙にカーブしたところばかりですし、何よりいつもの感覚よりずいぶん手前からブレーキかけないと全然効かないという状態。



それでも7周程度走り、そのまま車に戻らず検車、スタート待機エリアで順番を待ちます。



もうこの時点でウェアはグチャグチャ。
か寒くて震えも出て来ます。


そんな絶望的な状況の中、ある天使が現れます。




雑兵の鬼より怖い『若頭』です。





何と大雨で大変だろうからと、サポートに来てくれました。


スタート待機エリアでも、ずっと傘を差してくれ、これで濡れずに済みました。





そして、寒さに耐えていたらいつの間にかみつさんスタートしていて、
気が付いたら2周目に入るところで目の前を通り過ぎます。


画像は試走時のもの




『頑張れ〜、ここからタレずに粘れ〜』と言うようなことを、寒くて声を出したくなかったので、心の中で叫び、

いよいよ私の順番が来ました。




スタートは当然1人ずつで、30秒感覚です。

タイムトライアルなので、係員の方が後ろを支えてくれて、クリートを両足はめた状態でスタートです。




3、2、1、スタート!



掛け声とともに飛び出します。


緩やかなカーブの後は、S字の幅が狭いコーナーです。

試走では、ノープレーキで突っ込めそうだったんですが、本番効果か走り始めでビビったか、ちょっとだけブレーキ。


その後バックストレート手前の90度の直角コーナー(グレーチングをマットで蓋してて怖い箇所)で1度ブレーキを使います。


画像は試走時のもの



後はブレーキ使わないコースなので、夢中で踏み切って1周完了。

再びS字コーナーに突入しますが、2回目はブレーキをチョンチョンとかけるだけで何とか回り込めます。

その後の緩やかなコーナーで一瞬リアが滑りますが、一瞬だったのでなかった事にして踏み続けます。


蓋してある90度コーナーを超え、バックストレート。
初めから全開で行ったため、この辺りでもうパワーはスカスカですが、のこり400〜500m。
ラストはバックストレートのみ。

ここは競技場外周のため、ストレートと言えど曲がっているコースになります。

雨の日にスプリントする技術も残りパワーもないため、シッティングでゴールラインまで踏みまくって、

ゴール!






たった3㎞弱のコースですが、
今までにないほど、脚はパンパンで自転車から降りれません…




そして結果は、


3分46秒で、


第37位/83人中


でした。




まあ、真ん中くらいっす…(>_<)







有り余るパワーで爆走したみつさんは、



何と⁉︎






何と⁉︎













3分47秒で、第41位…








おれ勝っとるやん…🐼







E3の後はE2のレースですが、大雨のため車で着替えた後も出る気にならず、ダラダラしていると、コースがあり得ないくらい冠水して来て、流石に中止に…


結局E3だけレース成立という事で、1日目が終了しました。




翌日のクリテが心配ですが、夕方には雨も止んだため、気持ちを切らさず宿に向かいました。




つづく。



大磯まとめ16-17第7戦!

ども、おいでませ。

4/16は、大磯クリテリウムがありもちろん参戦してきました。

まだ、第6戦の事書いてなかったですが、先に第7戦を書いちゃいます。











大磯クリテ第7戦目(2017/4/16)

カテゴリー:エキスパート
周回数:25周
結果:13位
チームメイト:うどんさん、いなばさん
他チームの仲間:ウォークライドのボブさん、同NTAさん
レース内容: 


いよいよ大磯クリテの最終戦。
今回は、エリート/エキスパート混合ではなく、別々の組分け。

そのため、エリートに昇格したみつさんとは別のクラスとなる。


今回から、新たに昇格してきたNTAさんや、
私とどうしても走りたかったいなばさんが、同じくエキスパートで出走。


しかし、今回心は燃えてるものの、身体は元気なく、FTP練ばっかりしてたので、あまり意気込む事もなく参戦。

1週間丸々乗れてなかったので、前日に無理やり心拍だけ上げておく。




当日、エキスパートは12:06スタートなので、試走の関係で7:00には会場入り。







試走を終え、ゆっくりしていると続々と差し入れが届く。









暫くは、他カテゴリーに出るチームメンバーを熱烈に応援し、時間とともにアップをし、着替えを行い、徐々に戦闘モードへ切り替えていく。



が、前回までに比べて今回は全く緊張しない…
慣れたというより、気持ちの問題のようだ。


しかし、そうも行ってられないので、気持ちを作ってスタート準備を行う















キリリっっっー!

































違ったこちらだった。




同じ極チームだけで、スタート位置に並ぶ。






そしてレーススタート。

ローリングの1.5周はあっという間に終わり、一気にペースが上がっていく。


前半は、コーナーのレベルもまちまちで、後ろは無駄なインターバルが掛かりそうなので、真ん中より少し前目の位置取りとする。





7〜8周まではこの位置に留まるが、ウォークライドのNTAさんヘッくんが、少し上げてきたので、存在を消すように後ろに下がる。


ここからは、いつもの最後尾位置で、只々付いていく。






が、今日はどうやらインターバルがキツく感じるようで、なかなか踏めない。
しょうがないのでコーナー立ち上がりは無理して踏まず、ストレートで追い付くようにする。



それでも身体が思うように動かず、何度も千切れそうになる。
いや、もう千切れようかな〜と考え出す。


この辺りから、中洲で応援してくれている仲間の声が聞こえるようになった。


「頑張れー、千切れるなー、前について行けー!」


これが励みになって、意地でも喰らいつく。



このあたりの数周は何も考えずに前に追い付くことだけを考えているといつの間にか、あとちょっとになっていた。






するとこのタイミングで、集団先頭辺りにいた2名がコーナーで落車。

集団が分裂しかけたので、必死で前に追い付く。
かなりキツいが、この勢いを借りて、少しずつポジションをあげる。


因みに脚はほぼ残ってない。
スプリント10秒程度分くらいのこってるかな…とか考えながら、




ラスト2周。



コーナー2つを利用して前に上がる。

今回のメンバーは、割とアウトーインーアウトで回る人が多く怖かったが、
逆にアウトからまくりあげて、前に上がった。

こういった人がいると、インやミドルでコーナーに入ると塞がれてブレーキが必要になってくるので要注意だ。





と、ここでいなばさんが逃げを見せる。


私もアウトからコーナーを出て、膨らんでくる人を抑えながらスピードを上げる。






ラスト1周。


逃げたいなばさんは、後ろにブリッジされ何人か連なっているので、その後ろに着く。


ホームストレートは、慎重に前に出ないように気をつける。





小田原側コーナー。
ここを勢いつけながら周り、立ち上がりで前出る。

が、後ろからも何人かすごい勢いで抜かされたので、それに懸命についていく。
確か、うどんさんとへっくん、ボブさんもこの中にいた。


徐々に離されそうだったので、残りのパワーをここで使いスプリント。


離されることはなくなったが、縮まりもしない。
みんな勢いつけ出した中でスプリントしても、大した効果はなかった。最悪な使い方だった。



ラストコーナー。

コーナーワーク一発で追い付くしかない。
アウトからスピードを落とさず、まくりの体勢で入る。






しかし、前の人が入り口手前でアウトに寄ってくる。
そしてやっぱりイン側に向かっていくので、踏みながらアウトを捲っていくが、一度落ちたスピードはそんなに卍解 挽回できず、1人2人抜かすだけで終わる。





ゴール前、最後まで踏もうと足掻いて1人抜かして終了。



結果、13位でした。








いつにも増してキツく感じたレースだった。
やっぱりベースのパワーレシオが足りないと痛感。

レースなど結果出なくてもいいので、暫くはベースアップを図ろうと思う。





最後に、撮影班のバスさん、ボーリーさん、いつも素晴らしい写真をありがとうございます!








これにて今シーズンの大磯クリテは終了。
本来ならここからシーズンインで、ぶいぶい言わすところだが、
前述の通り基本パワー不足を露呈中なので、小手先対処せず、しっかり核となる基本パワーをつけて行くことにする。


応援ありがとうー!

宇都宮クリテリウム_レース本番

ども、おいでませ。

前回の準備編に続いて、いよいよレース本番を書いて行きます。






その前に検車を終えホッとしているところを写した写真を発見しました!


今回の実業団レースは、チームから私とかれ~うどんさんがE3でエントリーしましたが、
E3は、大人数のため二組に分かれました。
私とうどんさんは、別々の組になり、私が1組目。うどんさんが2組目となっています。




初めてという事で、受付で失敗し60番目くらいになってしまいましたが、





この待機場所からスタート地点まで移動があるので、気を抜かずに待ちます。


プロのレースが終わり、暫くして準備が整ったのか移動の合図が。


それっ!






あらかじめ聞いていたので助かりましたが、待機場所からスタート位置までの50mくらいの移動が戦いでした。

   
ある者はクリートキャッチをミスり、


ある者は知らずにのんびり移動しようとして、


どんどん後方に追いやられます。






私は、今までにないくらい綺麗にクリートキャッチをして、まるでスプリントの如く1人でも多く前に出ます。




幸い、5人くらい抜かして少しスタート位置もアップに成功 (^^)v



しかし、それでもどこにいるか全く分からないくらいに後方です。






そして、号砲とともにいよいよスタート!






全員一気にスピード上げて、前へ前へ出ようとします。

私もせめて20〜30番手くらいまでには上がっておきたいと考えますが、


集団の中から上がるのは至難の技。


上がる者がいれば、当然下げられる者もいて、
うっかり下げられる人のラインにいると一緒に後ろに追いやられてしまうので、現状を維持するだけでも大変です。







ここで、
「どうせ皆んな1周目は元気だから、2周目から上げていこう。」

と考え現状維持に努めますが、、これが運の尽きでした…





1週目第2コーナーにて、
ここは道幅が広いので、ほとんどブレーキを使わないで回れるコーナーですが、

ミドルからアウトに膨らんだ人がいて、元々アウトにいた人と接触。

かなりのスピードで接触して、何人か巻き込んだ落車が発生。

パキーンっとか凄い音もしてました…

落車した人の2人後ろくらい、しかも真ん中辺りにいたので、何とか回避。


しかし、先頭集団とは中切れが発生。

慌てて追いかけます。






すぐに回避できた人が私含めて5〜6名いたので、何となく回しながら走ると、やっと集団後方にキャッチアップ成功。。。
かなり疲れたので、1周くらいはこの位置で休もうと、脚を温存します。

流石に、2周目ホームストレートで順位を上げておこうとしますが、前も必死、後ろも必死。
真ん中からアウトに出て前に出ようと試みますが、アウトに出させてもらえないくらい依然として密集隊形です。
  




   
しかし、先頭集団も徐々にペースを上げており、後方はコーナーの度に立ち上がりが強烈なインターバル地獄。
脚を休めることが全くできません。。。


2周目を過ぎたあたりから、中切れが発生しだします。





小規模な中切れが発生するたび前にブリッジして追いつき、何とか喰らいつきますが、
3周目後半から4周にかけてだったでしょうか、先頭が見渡し難いブラインドされるコーナーで、
派手な中切れが発生!

「うぉいっ!ふざけんな!」って言いたくなるくらい、わざととしか思えない中切れで、あっという間に先頭集団と差が開いています。

中切れすんなら、何故オレを前にしなかったのか・・・・






必死に追いますが、元々戦闘能力の高い先頭集団が、ラストに向けてペースを大幅に上げてきていたので、
全く追いつく気配もなく、第2集団となりました。。。






このままラスト周回。
先頭集団はラストスプリントに向けたペースアップで更に何人か振り落し、これが第2集団となったため、
私は結局第3集団に。

何人かで回して進んでいましたが、ヘアピンコーナーを先頭で入ったのを機に一人で飛び出し、そのままゴールまで
一目散に踏み込んでいきます。


第2集団のしっぽを何とかとらえられるか!?というところで、
同じ第3集団だった人数人に抜かれて、そのままゴール。。。



結果、105人中63位でした。トホホホ




 特にアピールする場面もなく、只々頑張ってペースについて行こうとしたまま終了と、いいところなしでした。

折角応援いただいた皆様、大した戦果も得られず申し訳ございません。

かなりイキッてきましたが、なかなか層は厚そうです。
これに勝てるトレーニングを積まなくては、と固く誓った次第です。





最後に、E3 2組目のうどんさんと。








初めてプレートを付けた姿の愛車もバッチリ。






BOSS、写真撮影ありがとうございました。
Hullさんも写真いただきありがとうございます。






次の日は大磯クリテ。早く書かなくては!

にほんブログ村

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ