via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

レース

大磯クリテ16-17まとめ第5戦

ども、おいでませ。

先週日曜日は、大磯クリテが開催されました。
いよいよエキスパートデビュー!



大磯デビューは、2015/12/13にピュアビギナーでデビューしたのが始まりでしたが、そこから苦節約1年。
ようやくエキスパートまで昇格いたしました。
そして、同じ日にピュアビギナーでデビューした、みつさんは、あれよあれよと昇格していったのですが、
1年かかってようやく同じ階級まで追いつき、再び同じレースを走ることが出来ました。

久々結成!カルガモ部隊です。

知らない人は、昔の記事見てくださーい。昔の記事












余談はこのくらいにして、レース模様です。





大磯クリテ第5戦目(2017/2/19)

カテゴリー:エキスパート
周回数:25周
結果:19位
チームメイト:みつさん、うどんさん
他チームの仲間:EMHのマキさん、ウォークライドのボブさん
レース内容:


いよいよエキスパートデビューの日。
今までのミディアムとは強度が比べ物にならないくらい上がると忠告を貰っていたので、それに合わせて高強度練を1ヶ月足らずだが積んで参加。

今回は正直、どこまで付いていけるか、何が足りなくて、何か通用するものがあるか確認する事を課題とする。


当日は、スポーツ2組に大勢の仲間が参加するので、その前までにアップを完了しておく。



そして応援で盛り上がった後は、スタート招集。




応援中のへっくん
『ウルちゃんめちゃくちゃ緊張してんじゃん!』



       


声でけーよ。周りの選手皆笑ってたじゃん。。。







緊張したらこちら、肩甲骨ほぐし。
肩の力が抜け、意外と効果ありますので、お試しを。


いよいよレーススタート。
みつさん、うどんさんの二人が並んで並走している中、すぐ後ろに位置する。
しかし私は、25周のうち10周以上は最後尾あたりに位置して、エキスパートの集団走行やコーナーの間隔を感じようとする。





始まって3周当たり。










もう辛い!




小田原コーナーの立ち上がりが、今までに無いくらい強烈なインターバルかかるのですが。。。 

しかし、ストレート部分では牽制が入ったりでスピードが結構緩んだので、その間に足を休める。 

結局これの繰り返しで、まるで30-30インターバルをやっている様
もう一杯一杯過ぎて、何も考えられなくなる。

ただ、普段のローラー練と同じなので、だんだん要領を得てきて、コーナーで如何にスピードを落とさず曲がるかだけを意識し始め、後は立ち上がりを必死に踏むだけを繰り返す。

しかし、人数が多いのでコーナー入り口で激しい減速が度々起こり、その都度強烈なインターバルが発生。


10周を過ぎたあたりで、集団後方に位置する選手のコーナーワークも把握できてくる。
特に、変な動きする人、遅い人の目星は大体付け、後方にいては苦しいし、走りにくいと考え、前に上がる。


集団中盤では、熾烈なポジション争いが繰り返されていた。
私は、コーナー立ち上がりで極端に踏まずにいたので、少しポジション落とすが、コーナー入り口でまたポジションを上げ、そのままコーナーに突入し、また立ち上がりで少し落とし...を繰り返していた。
立ち上がりでは、ボブさんが後ろから度々出てきて、それに付いていく。タスカリマシタ。


ふと前を見ると、うどんさんが先頭で引いたりしているので、これは手伝わなきゃと前に出てみたら、牽制し合っているので割と簡単に先頭に出れた。
そのまま前を引く。



コーナーを曲がり、立ち上がりもちょっと頑張って半周したところで、後ろと替ろうと横にそれると、後ろにうどんさんが。。。
そのまま、またうどんさんが前に出たので、後ろに付けてローテ準備しようと思ったら、


入れてくれない。。。。


うしろの人、こっち見てガン飛ばしてくる。。。

無理やり入ろうとすると何とかなりそうだった(デビューの癖に態度は一流!)が、入れないんならお前ら前引けよ!という意思表示だけ示して、もう少し後ろの空いたスペースに入る。

うどんさん、何にも手伝えず、ゴメン!


まー皆さんローテしてたらスピード上がって、私みたいなカルガモは、千切られていたんですが。。。(小声)



そのまま中盤ポジションにいるが、このポジションも維持しようと思うと、なかなか大変。
立ち上がりで中切れしそうになりながら、何とかくらいつき、ストレートで脚休めを繰り返す。
相変わらずインターバルはかかりっぱなし。
私の後ろでコーナー入った人は、さぞかしイラついたことでしょう。


ポジション維持するスキルが足りないのか、位置を前後させながら周回を重ね、気づいたら残り10周程度。
丁度同じ様な場所にマキさんがいたので、後ろに付かせてもらってポジションを安定させる。

そのまま5周くらい走る。

この頃になると、コーナーはかなり慣れてきた。
今までと違い、コーナーでの密集度はかなり高い。
人数も他クラスの倍以上参加しているのに加え、スピードも段違い。
ほとんどの人が遜色ないくらい上手い。
客観的に見てると、ハイスピードでラインキープしたまま、塊のままコーナーを通過していく。

でも、皆上手いのではたで見るより気持ちは楽にコーナーに入っていける。
そしてハイスピードコーナーのスリルが徐々に楽しくなってきた。


中には下手な人いるが、見ていると皆その人の前に出てコーナー入ろうとしていた。


ここまでの感触として、
・コーナーは通用しそう。ただし飛び抜けて秀でているわけじゃない。
・コーナー立ち上がりは、皆強くてちょっと不足している部分。
・脚は集団後方の人は苦しそうな人いるが、そこまでじゃない。1回だけなら何かできそう。。。。
・強度は今までにないくらいパネェ、辛い。




残り4周。
ここで一人逃げが発生。
それにつられて集団のペースも一気に上がっていく。
ペースが辛い。


残り2周。
バックストレートで、みつさん、うどんさん、マキさん、私がほぼ集団中盤でほぼ同じ位置取りとなる。
その時点で前までの距離が多少あったが、みつさんが上がろうとし始める。

まだ早い!
そう思い、どうせ私は最後のスプリントなんて絡む脚残ってないので、ここでみつさんの前に出て引く。 



平塚コーナー、ここで一番ベストなコーナーリングが決まり、立ち上がりも苦も無くスピードを乗せていく。

多少混雑していたが、声掛けしながらスピードに乗せてこじ開けていく。





ラスト1周。
ホームストレートも踏み続け、小田原コーナー手前で脚終了・・・・
みつさん達3人が発射したのを見届けて、気持ちが緩む。
私の後ろにいた人は、まさか脚が終わるなんて思ってなかったため、結果ふたをしてしまう事に。
ご迷惑おかけしました。



バックストレート中ほどで、みつさんアタック。





そのままの勢いでホームストレートゴール直前で、逃げていた人をかわしそのままトップゴール!パチパチパチパチ
マキさんも2位に!



私は、そのまま集団の中に埋もれてバックストレートを走ると、ちょびっとだけ脚回復したので、最後のホームストレートは頑張って踏むと3~4人抜かせて、何とか19位。
皆さん、着に絡めないと脚止めるので、少しでも良い順位がほしい私は最後まで踏んで、ゴール!




デビュー戦という事で、様子見感がかなりありましたが、自分なりに少しは展開に絡む動きが出来ました。
しかし、今回はいつにもまして楽なペースだった様なので、今後の地脚つくりが必要と痛感。

今までは、短期成果が見込めるインターバル練ばかりやってきましたが、そろそろFTPレベルを一段上げるトレーニングを積もうと思います。


以上、エキスパートのうしろの模様でした。










しかし、半周程度のアシストって誰も見てな~い。。。

にほんブログ村



今週のメニュー(2/6〜2/10)

ども、おいでませ。

特にトピックスがないので、今回もトレーニングのこと書きます。



がぁお〜




先週土曜日は、彩湖で高強度ローテ練があった為、疲れMAX。
(まあ、速攻千切れてほぼソロでの疲れですが)

日曜日は100㎞ライドしようと思ったのですが、雨が予報より早く降り出したので40㎞で帰宅。
これでは少し足りなかったので、夕方ローラーをやって回復に当てました。


そんなこんなで、月曜日。
週末の疲れを落とすべく月曜日も軽めのメニュー。



今週からは、こんな予定でメニューを組んでみました。



月曜日  軽め30分、短いインターバル数本

火曜日  高強度インターバル練  SST15分

水曜日  軽め40分、短いインターバル数本

木曜日  高強度インターバル練  SST15分

金曜日  完全レスト

土曜日  軽め実走

日曜日  高強度チーム練or彩湖練orレース



平日1回だった高強度日を、2回に。

ようやくインターバルもこなせるようになったのと、
インターバルに対しては回復が早くなったようなので、2回にして可能か試してみます。





そして迎えた、火曜日の高強度日。
ワンパターンですが、30-30インターバルを行いました。
30秒400w以上で踏んで、レストの30秒は150wで5本。
間髪入れずに続けて
30秒400w以上、レストの30秒は50wを5本

これを一気にやって計10本。
まだまだレスト150wパターンで10本とか出来ませんでした…


10分レストを挟んで、SST15分。の予定が足が攣ったり限界だったので、10分に短縮。


どうやら、SSTやFTP強度で乗り続けるメニューが弱いらしく、未完でした。

当面は、インターバル後の15〜20分走をしっかりやって強度を上げていきたいです。




という事で、

今週のメニューって言っても、まだ月曜日と火曜日しかこなせてないので、まだ分かりませんが、頑張って木曜日もこなしていきたいと思います。



前は嫌で仕方なかったインターバル練ですが、10本ならキツい強度でも割と心は落ち着いて来ました。
少しは慣れて来たようです。





ただ、こうは決めたものの、金曜〜土曜日はお出かけのため、
土曜日の実走は難しいかな…

その代わり、木曜日は有給とったので、しっかり走りたいと思います!







木曜日雨じゃん…

2017年第1回東京都ウィンターロードレース(2)

ども、おいでませ。


そう言えば火曜日は有休とりまして、でも脚パンパンで自転車乗る気にならなかったので、ウルと散歩に行ったのですが、

なかなか良い写真が撮れました。










スマホで撮ったんですが、こんな事なら面倒でもコンデジ持って行けば良かったです…






さて、レースの続きですね。













第1回東京都ウィンターロードレース(2017/1/29)

カテゴリー:Cクラス
周回数:4.5周
チームメイト:イナバさん、みつさん、withヘツクン、高校生メンバーは登録学校で参加
撮影:ですけんさん、YOU325さん(本名許可聞き忘れたため)

レース内容:


10:05スタートで、受付&試走が9:15〜なので、9:00に会場入りする。

こういったちゃんとしたレースでは、ナンバープレートの他、ヘルメットの上からカバーも掛ける。






Cクラスは、カバー、プレート共に黒色。


Aクラスのスタートは10:00で、1分おきに各クラスがスタートするので、ほぼ同時に並ぶ。




Aクラスがスタートしてから、あっという間にスタートとなる。


レースでは、左回りのためスタート後直ぐに下りがあり、下りきった先にバンクかコーナーが待ち構える。



試走の段階で思ったが、路面が濡れていたのでめちゃくちゃ怖い。

取り敢えず集団のまま、自分の位置をキープしてコーナーをやり過ごすと、間髪入れずに登りが始まる。




事前にイナバ監督から、
「この最初の登りで、調子に乗って跳ばす人出てくるけど、そう言う人たちは必ず直ぐタレるから、絶対乗ったらダメだよ!いい最初は自分のペースね!」

としつこい位言われたので、そのままの位置で一定ペースを貫く。

私、みつさん、ヘックンは似たような位置。
イナバさんは、少し前の集団先頭辺りにいる。


一定ペースでジリジリ登る。

アップが足りなかったようで、脚がまだしっかり回らない。

ジリジリ、ジリジリ。

すると登りの中盤まで来たところで、急にしびれを切らした何人かが早いペースで登っていく。










みつさんとヘックンじゃん…




猛然と登り、集団の先頭辺りまで進んでいく。



イキった人は置いておいて、登りがウィークポイントな私は兎に角一定ペース。


最初の登りが終わり、再び下りきった後また登る。
これを登りきると秀峰亭がある。

この秀峰亭までの登りが長くてキツい。

いつしか集団から千切れる千切れないのギリギリのところにいた。

秀峰亭の後は一瞬下り、また登り。


これを登り切った後、少し下ってスタートエリアに戻る。
これで1周。

今回4.5周なので、ゴールは秀峰亭となる。






1周回ってスタート位置に戻る下りで、微妙に集団から離れていた私は、ドラフティングの効果を得られず、みるみる離されてしまった。

そして、その後の登りで決定的に置いていかれた…



ここらは一人旅。


千切れても気持ちは切らさないと決めて、最後まで頑張る。

すると周回を重ねるたびに、どんどん人が垂れてくるので、次々パスする。






はるか前方に女子が1人見えるが、登りも下りも速く、なかなか差がつまらない。


ゴールまでに追い付く!と勝手に目標にさせてもらう。


あと2.5周。


ええっ、まだあと2周半あるの⁉︎
などと1人で絶望しながらも漕ぐ。

抜いた人がたまに付いてくるが、下りと一瞬あるフラットで千切る。
そう、レース中の私はケチなのだ。




そこから自分と戦う事数周。



スタートエリアに再び戻り、やっとあと半周となる。


とここで目標の女子に追い付く。(๑˃̵ᴗ˂̵)ホッ


ちっちゃくて可愛いが、高校生くらいのようだ。


下り区間に入って、最後だからと思いっきり漕ぎながらギリギリを攻めると、



女子真後ろに付いてる…




初めて下りで女子にツキイチされた。
とんでもないテクニックだ。
今度会ったらアドバイスを貰おう!


下り切って最後の登り。
何とかゴールまで持つ、ギリギリのパワーで出し切るように漕ぐ。


ここで女子千切れた。



そして、さっきからチラチラ見えてるジャージはもしかして…


ヘックンだ!





何としてでも追い付いてやろうと、張り切る!

が、その必要がないくらいタレてて、直ぐ追い付く。

何故か後ろを何度もチラチラ見てる。


やっと追い付き真横に付いて声掛けると、
「これ登ったら終わり?」
とか聞いてくる。


「違う!」
と答えようと思ったが、怒られそうなので、そうだと答える。


すると、
「ふ〜ラスト!ウェ〜い」
とか言いながらインターバルを掛けてくる。

ゴールまで50mくらい。
どうやら私にだけは抜かれまいと、タレながら最後の脚を溜めていた様だ。

一定ペースで出し切る様にガンガン登ってきたので、ここからのインターバルに対応出来る脚もなく、呆気なく5秒先行を許したままゴール!






結果は、15位/43人中


一桁台になる事は出来なかった。
しかしこのレースで、

イナバ監督  3位

みつさん 5位入賞

ヘツクン 14位


と、凄い結果を叩き出しました。
おめでとうございます!


表彰式は、ゴールの秀峰亭にて行われ、
勝利者インタービューでは、

イナバ監督のマイクパフォーマンスが冴え渡り、

















私も無事表彰台に乗れて、


勝てなくて何処かに消えた、みつさんの代わりに、
5位の表彰状を受け取り、





無事、本人に授与を終えました。





いやーしかし、22㎞とは思えない位の脚の疲れが残りました…


あまりにも疲れたので、温泉もすっ飛ばして渋滞にハマる前に直帰しました…




次は頑張るぞ!



大磯クリテ16-17まとめ第4戦ミディアム

ども、おいでませ。


今週日曜日は、修善寺CSCで東京都ウィンターロードレースがあります。
5耐を除けば、初の修善寺周回レースです。
どうなるかわかりませんが、頑張ってきます!


さてさて、大磯クリテシリーズ。
つい先日行われた第4戦を書いてみました。











大磯クリテ第4戦目(2017/1/22)

カテゴリー:ミディアム
周回数:14周
結果:5位
チームメイト:なし…
レース内容:

いよいよミディアムのレースに出る日が来た。
この日を目標に頑張って来たが、週の頭から体調が悪くなり、自分の体調管理の悪さを呪う。

今回のミディアムは、私の出場を恐れて辞退した人が多数いたため  参加17名と少なめ。
天候は晴れだが、この日は生憎の強風。
しかもいつもと風向きが逆で、バックストレートが追い風、ホームストレートが向かい風。

そのため、試走はいつもと違って時間いっぱい使って、何パターンもコーナーやスプリント練習を行う。
コーナーは特に、アウト、イン、ブレーキ使う、使わないなど何パターンか試し、1番早く曲がれる方法を探った。



スタートは、前回同様最後尾に位置取る。
ローリーングスタート後、2名が飛び出し逃げが始まる。この逃げは確か数周で吸収。
物凄い強風で、バックストレートはかなりキツく、常に牽制がおこる。





道中は度々アタックが起り中切れなど発生するが、向かい風の影響で集団のまま推移。
先頭は頻繁に代わる。


8周目、流石に一度先頭で曳いた方が良いと思い、バックストレート向かい風で前に出る。
暫く進んで、ふと振り返ると、
「誰もついて来てない…」
一瞬逃げようようかな⁉︎と思うが残り6周なので思い留まると、その隙に1人逃げる人が出た。
無理には追わず、集団のペースに合わせて1周曳いて、また後ろに戻る。




1人は逃げたまま。
これを追うように少しペース上がったが、誰も動かず均衡状態が続く。


残り2周
流石に何度もコーナーを回ったので、今日はどちらが回りやすいコーナーか分かってきた。
いつも平塚コーナーで順位を上げるが、今回は小田原側コーナーしか無理そうだ。





ラストLAP
ラスト1周になったところで、平塚コーナーから単独で抜け出し、1周逃げようと決意。
最後尾から思いっきり踏んで、平塚コーナーにトップで入る。
出口からも思いっきり踏んで、独走!

と、思ってたけど動画見ると後ろに2人微妙に付いていた。




バックストレートも踏みまくり、小田原側コーナーもトップで入る。
このまま踏みまくれば1位だ!








が、ホームストレート向かい風のためすぐスプリントに入るのを躊躇し、
もうちょっとだけシッティングのままケイデンスを上げようと逡巡した隙に3人に一気に抜かされる。




慌ててスプリントに入るが、パワーもそんなに残ってなかった。
もう1人にもゴール手前で抜かれ、5位フィニッシュ。







結果、5位で表彰台なしのエキスパート昇格となった。





チームのみんなは、昇格を喜んでくれたが、心の中は、

メチャクチャ悔しい!


で一杯だった。

なぜ、躊躇してしまったのか。
脚は終わったとしても、躊躇なくスプリントしていれば、先行して逃げれたのでないか⁉︎
1周全力を出しきる力が全く足りてなかった。






ウォークライド様掲載の動画





とほほ…


1位も狙えたレースを、未熟さでみすみす逃してしまった。
こんな程度では、エキスパートクラスは全く通用しない。

次戦までに、一から作り直す気持ちでトレーニングをやり抜き、少しでも通用する様にやり切ってみます!





















取り敢えずCSCレース頑張るぞ!


大磯クリテ16-17まとめ第3戦スポーツ

ども、おいでませ。


大磯クリテシリーズもやっと3戦目まできました。
今回は見事昇格を果たし、一つ上のスポーツクラスで出走だったのですが、ここには最近上がったロキさんや、やっと追い付くことが出来たボーリーと、一緒に出場することが出来ました。


    photo by BASS,udon,boriko&kun-hori, thanks
レース前、一切視線を合わさない3人…



では、レース模様です。







大磯クリテ第3戦目(2016/12/25)

カテゴリー:スポーツ
周回数:12周
結果:2位
チームメイト:ロキさん、ボーリー
レース内容:

いよいよビギナーを卒業してスポーツクラスに。
上位クラスなので、ちょっとドキドキ。


スタートは、レベルを確かめるため後方に並ぶ。
ロキさんとボーリーは、前めの位置でスタート。

スタートから1.5周走り、ローリングスタートとなった瞬間からペースが一気に上がる。
集団の中程で、中切れがたびたび発生したが、ここは離されることなさそうだと感じて、後方待機のまま我慢する。

いよいよの時まで、出来るだけペースは一定に。
しかし、今回ロキさんとボーリーは積極的に先頭付近に位置している。
やはり上位クラスで後方にいると、対応できないのか?


暫くこんな感じで展開するが、8周目辺りの小田原側コーナーで落車が発生。
2台が絡む落車で、一旦徐行しないと抜けれない状態に。


この時前方にいた4名とそのほかの集団で分断が発生。
先行4人は逃げの体制に入った。


「マズイな」とは思ったものの、この時私とロキさんは、集団最後方から更に千切れた状態に。


堪らず、私はロキさんの後ろにベッタリ着く。
ロキさんは、慌てる事なく一定ペースで集団に追い付く。

〜助かりましたm(__)m〜






逃げグループはまだ活発にローテを繰り返して進んでいるが、集団も必死に追う展開。

1〜2周はこのままの距離間だろうな、と思った瞬間ボーリーが飛び出しブリッジを狙う。

「まだ早い!」思わずそう声を掛けたが、聞こえていないようだった。
暫くして、ヘトヘトになったボーリーが集団に戻ってくる。

お疲れ様です!






そこから1周する間、逃げグループを見ると、ローテが上手くいっていない様で、特に2人が疲れている様子。

ボーリーのブリッジ(未遂)でペースが上がったため、差は少し縮まったが、集団も徐々に牽制が入り上手く追えない状況になる。


「マズイな、逃げ4名が2人切り捨てて更に逃げると厄介だな…」
そう感じていた瞬間、集団が牽制に入りペースが落ちる。



今だ!


考えるより先に、体が勝手に動き、全力スプリントに。

始めから誰も連れて行く気もなく、兎に角1人抜け出る事だけ考えて踏みまくると、単独化に成功。

ここから逃げグループ目指して、単独ブリッジの開始となった。






差は200mほど。
後ろとも同じくらいの差。
必死に巡航体制で回し続ける。
風がキツい。
めちゃくちゃキツい。

でも、1人だと応援がよく聞こえて、皆んな中洲で声を張り上げてくれる。
一際声が高いコーラさんは特に目立つ。
風で何言ってるかよく聞こえない!   皆んなありがとう!


のん気にワコーズの無料メンテを受けていた  みつさんもゴール付近で応援をくれる。
いつもと違ってまじめな応援じゃん!などと変に冷静になっていた。


でも嬉しい。意地でも追い付いてやる!





何とか2周かかって、逃げ集団の最後尾に付く。

中洲やまわりの観客から歓声が湧くのが分かった。
でも、頭の中はここからどう勝つか?で一杯。



ラスト2周目

追い付いた逃げ集団だが、すぐローテには加われそうにないので、申し訳ないが少し間を空けてギリギリ追い付いていない状態で、脚を貯める。

当然、後ろからほか選手の残りライフゲージも確認しておく。
後ろ集団は、もう追い付かないだろうという距離になっていた。






ラストLAP

流石にローテに加わる。
小田原側コーナーを抜け、私が先頭の番になって少し進んだタイミングで、アタック合戦となった。

すぐに反応できたので、3番手で平塚コーナーを通り、その間に1人抜かしたままホームストレート、スプリント(の様なもがき)に入る。


ちょっと詰めるのが遅くなって ここが1番ダメなところ、1番手の人には離されてしまったが、追い付こうと必死にもがく。










が、全く届かずフィニッシュ!

第2位。






めちゃくちゃしんどいレースだった…

テントに戻ると、皆んなからすごい祝福を受けた。
今まで3位しかとったことなかったので、初の2位に。
やっと1段階上がったかなと実感できました。



ウォークライド様掲載のレース動画





これで晴れて今期目標だった、ミディアムクラスへの昇格を果たせましたので、
今回の表彰台は本当に嬉しかったです。

次は更にレベルが上がるので、こんなに順調にはいかないと思いますが、1ヵ月インターバル練
頑張って望みたいと思います。





立てない…






 でも、後から動画見ると、1位も十分ねらえたな・・・。と悔しくなりました。
       


次はミディアム!

にほんブログ村



   

livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ