via bike(びーあバイク)

ロードバイク中心、冬はモーグルのブログ 横浜の湾岸や、安曇野・白馬の山々の隙間にある平地をこよなく愛するローディーの、切ない記録です。

レビュー

ディープリムには、バルブエクステンダー

ども、おいでませ。

富士ヒルの天気は、雨から曇りに変わってましたね。
本当、毎年毎年ヤキモキさせられますね…(←っておメー、前回しか出てないだろっ!しかもキンチョーして天気どころじゃなかっただろ〜)



さて、前回はオススメチューブラータイヤの記事を書きましたが、カーボンディープを履いている方は、そのままでは使えないんです、実は⁉︎
(←バカっ、みんな知ってんぞ!)



50㎜ハイト以上のホイールを使っている方は、そのまま嵌めるとタイヤから伸びているバルブが、ディープリムより短くて、全然届かず、空気が入れられないんです。






初めてタイヤ嵌めた時、途方にくれたことは内緒なのか⁉︎







内緒です!


もう、テープでくっつけた後に気付いたんで、情けないやら、可笑しいわで、泣く泣く一度剥がしました…







そんなディープリムホイール愛好者はどうしているか⁉︎




バルブの延長をさせる、

バルブエクステンダー

を付けてあげればいいのです。



これです。







最終的にこうなります。










では、最終形態に向かって作っていきましょう!







①エクステンダーを用意する

まずシュワルベワンは、バルブコアが外せるので、それ用のバルブエクステンダーを用意します。








オススメはこの写真のもので、長さは50㎜もあれば十分です。







②バルブコアを外す

チューブのバルブから、バルブコアを外すため、キャップとネジは外します。





そして、①のエクステンダーの袋に入っている、キャップみたいなの(バルブキャップ)を取り出します。





Pの字を下向きにして、しっかりはめ込みます。




この写真ではPの字が逆ですが、こんな感じで。





ここから反時計回りに回すと…、





おお〜、バルブコアがポロっと取れます!

( ´ ▽ ` )ノぱちぱちぱち!






③アクステンダーを装着


バルブコアが外れたら、先ほどのエクステンダーを嵌めます。







と、ここで裏技!




このまま嵌めると若干の隙間から空気が漏れやすくなるので、密閉させる必要があります。


そこで、こちら。






リング キャブレター用 φ2.8×1.3(mm) 10ピース




これを間に入れてはめます。






この様にエクステンダー側にOリングをはめて、


バルブに差し込みます。





手で回せるだけ回したら、あとはペンチなどで回らなくなるまで、しっかりと締めます!





ピタッとなったらOK!




いよいよ最終工程です。










④バルブコア装着

さあ、これで最後の工程です。
エクステンダーまで装着したら、最後に残ったバルブコアを装着します。

②と全く同じ手順で、バルブコアを手で回しながらキャップみたいなものをPの文字を下にして、今度は時計回りに締めます。


これだけだと締まりが悪いので、私はペンチでダメ押し増し締めします。


そうすると、



完成!








さあ、出来たところで、タイヤを嵌めてみましょう!






もしも〜し、バスサイクルさん〜!






はーい、毎度!








タイヤはめてほしんですけど〜








すぐ行きますね〜










んしょっ!




ちらから!バスサイクルさんにご用命の方は、こちらから






あとこのパナレーサーのエクステンダーは、バルブコア外したキャップは、そのままキャップになります。

今度はPの字を上にしてはめ込めばいいだけ。








さあ、これで貴方もチューブラーにして問題なし!



早速買いに行きましょう〜





ホイールから買わなきゃぁぁぁぁ!




シュワルベワン チューブラータイヤ

ども、おいでませ。
前回、前々回と、2日続けて、とても身になると大絶賛だったレビュー記事を書いてきましたが、今回もレビュー的なアレです。





今回お送りするのは、

チューブラータイヤ





前置きや理屈云々は置いといて、選んだのはズバリこちら!



Schwalbe One
(シュワルベワン  チューブラー)








ネットなどでその存在を知ってから、もうこいつの虜になりました。



何故か⁉︎






この柄に強烈に惹かれたからです!



通称ヘビ柄


もうちょっとアップにしてみると、






おおぉ〜!



見事惚れ惚れするパターンですね〜。







事前調べたネットの評判では、


①サイドまでドレッドが入っているので、カーブでも安心感がある


②雨の日でもグリップ力がそんなに変わらない


③パンクしにくい


④カーボンディープにはめやすい


⑤あまりつけてる人少ないから優越感


⑥でも値段高いし、売ってるところが少ない…




などなどです。


約2,000㎞走ってみてのそれぞれの感想は、


①そもそもサイドのドレッドはグリップにあまり関係ないようですが、グリップ力はピカイチだと思います。

チューブラー特有のねっとり地面に張り付いてくれる感じから、更に強度が高まったイメージです。

一応カーブは好きな部類ですが、満足して曲がれるタイヤです。




②うーん、これは雨の日にかっ飛ばさなければって前提ですね…
ライド中の急な雨で、走れなくなるって事は無いくらいにかなりグリップしてくれます!

あっ、マンホールやグレーチングは未経験です。
雨の日は無理しないでねm(__)m




③今のところ問題なし!
感じとしてもなかなかパンクしなさそうな安定感があります。




④これはかなり易しいです。
私でも1発で入ります。
ただし、バスサイクル直伝の技があったからかも。




⑤クリンチャーではいましたが、チューブラーは出会ったことないです。
ただし、その存在はかなり知られています!





⑥国内だと1本15,000円前後ですね…高けー!
しかし、海外通販サイトでは、なんと半額くらいの値段で買えちゃいます!








で、ポチりました。






届きました。







なんか高級そうな箱に入って届きました。
2本頼んだら、これが二箱届きました。





寝かせてみました。←意味なし!


箱を開けてみると、









ん?高級紳士ベルトが届いたのかな⁉︎

と勘違いする入れ方です。



これ完全に狙ってますね…









バルブの辺りは、





こんな感じで、バルブコアは外せるタイプです。



早速、嵌めてみます!

























安心と信頼のバスサイクル。

出張サービスです。



(ブライバシー保護と本人の名誉のため、一部モザイク処理を施しております。)





無事ハマりました!





ジャン!

















近くで見ると、Schwalbeの文字がサイドに書いていますが、色がもともと薄いため、少し離れると全く見えず黒一色の非常にシンプルなタイヤに見えます。

それがディープリムと相まって50㎜ハイトが、80㎜ハイトにも見えて、非常に戦闘能力が高そうなフォルムに替えてくれます!
←見た目がです。見た目が! 
決して実際の戦闘能力は上がるわけではありません。。。。






因みに、私はサイズ24Cを好んで使っています。


速さも必要ですが、カーブや下りでの安定感を優先した結果、このサイズに落ち着きました。

(本当は26Cが良いんですが、ホイールに嵌らない可能性があって…(>_<))


サイズ展開は、22C、24C、26C、 あとS-ONEという28Cもあります。




チューブラータイヤをどれにしようか悩んでいる方、一度試してみては如何ですか?






ランキングアップ中なので慌てて記事書いてます。。。



初心者用の楕円ギア

ども、おいでませ。
なんか最近、ブログ記事パクりが横行しているようですね…♪(´ε` )


自転車を盗む窃盗は前から頻繁にありますが、相手もプロなのか、犯人や犯行グループは一向に捕まらない様です…

しかしこれとは違い、ブログパクりは足跡が堂々と残るのですが、それでもやっちゃうダメブロガーさんがいるのですね…

きっとバカだな…約2名(−_−;)








まあ、そんな事は置いておいて、今回は初心者向け登りアイテムをご紹介!



その名も、

スミス社の『Baroque-Gear(バロックギア』




写真の赤い部分です。




Baroque-Gear(バロックギア)とは⁉︎


スミスの「バロックギア:Baroque-Gear」は、ペダリング時にクランク角度によってギヤ倍数が変化する、円形でも楕円形でもない非円形をしています。バロックギアの形状は1つのパターンではなく4種類の非円形状をラインナップ。

その理由はペダリング時の発生ベクトルが各個人によって様々であり、取組む種目によっても異なるからです。

また、バロックギアの製品では4つの形状を提案していますが、パイオニア社のペダリングモニターによる測定結果を元に、選手の個別性に応じたギヤ形状のオーダーメイド作成も可能です。



なんと、いきなりタイトルが間違ってましたが、楕円ではなく、非円形だそうです。



少し補足すると、これは楕円ギアのROTARと違い、インナーだけ変えるというものです。

そのため、パイオニアのパワーメーターを付けていても、すぐ交換できるというもの。


また、アウターは今付けているアウターから変わらないので、チェーン落ちも比較的少なく、フラットでガシガシ踏む時は、真円リングのまま行えるのです!







では、初心者で貧脚な私がなぜ、急にこれをつけようと思ったのか。


このサイトで心を打たれたからです!



pedalist


私もお世話になってるショップの商品紹介ページで、私も見事これに吊られてしまったのですが…



ここによると、


ツラい坂道を、「楽に」は登れませんが、「効率的に」登ってクリアしてみませんか?


と書かれています。
なかなか興味を惹かれる書き出しをしてくれますね。

そしてさらによく読むと、



「楕円ギア」はペダルが一回転する中で、力のかかるところはギアが重く、かかりにくいところは軽くなる、簡単に言うと高速かつ自動でギアチェンジをしているような感覚が得られるアイテムです。

そういった意味ではビギナーの方の補助になるアイテムとも言えます。






これは試してみるしかないですね。

と言うことで注文、納品、取り付けと、思い立って1週間後にはこうなってました。





よく見ないと付いているかどうかわかりませんが、チラチラと赤が見えるパーツは、まるで私のエスワークスターマック(ただのターマックな…)のためにある様です。



これをつけてから、あざみライン、スバルライン×2、ハルヒル、妙義山などと6,000m、距離はローラー含めて800㎞以上乗ってみました。


色々違いは感じてきましたが、長所とも短所ともつかないので、これに変えて感じる特徴を挙げてみます。






①初めての使い心地

初めてバロックギアにして回した感想は、ウニュウニュする感じです。
脚が強制的に楕円形(非円形)に沿って回る様になるので、今までくるくる回してた感覚とかなり違うと体感できます。





②山とフラットで使い分けできて違和感がない

このバロックギアは、インナー専用のためアウターは、変えずにそのまま使います。
そのため、インナーは非円形、アウターは円形と使い分けができるので、その場で違いや上達度が分かります。

また、アウターはフラットや下りでガシガシ踏むとき多様すると思いますが、そんな時は円形のチェーンリングが使えます!

私みたいな強脚の持ち主なら (←オメー、急に強気になったな!)、フラットや5%程度の登りまではアウター、それ以上の登りでインナーと使い分けると思いますが、しっかりした登りだけ効率的なバロックギアを使えるのは、非常に使い勝手が良いです。





③登りのペタリングで遊びがなくなった

楽にはならないが、効率的なる!
これを一番体感するのは、登りでインナーローにしたとき。。。。

今までのインナーローはくるくる回して辛さをしのぐというスタンスでしたが、バロックギアでインナーローにすると、慣れるまでのしばらくの期間は、くるくる回すというより、楕円形に沿って常にトルクがかかった状態で回すという感じになります。

これ、慣れるまでは、インナーローが今までと違って重く感じます。。。。


ただ、しばらく使用した今は、今までのクルクルの感覚が戻ってきたのと、常にトルクがかかって効率的っていう両方を体感できるようになりました!

むしろパワーが出しやすくなったかな。



④インナーアウター切替でペダリング意識が強くなる

②と同じことですが、インナーアウターを意識的に切り替える事で、円形のアウターでもぺダリング意識をかなり持つことができます。

これの最たるものが、ローラー練習 の時。
アップはインナーで行い、メニューに入ったらアウターにしてコギコギすると、慣れないうちは足が先走ったり、ウニャウニャしてうまく乗れませんが、骨盤から脚すべてを使って回す意識をすると、スムーズに、楽に、回り出します。







以上が、良いか悪いか別として、バロックギアにした場合に私が感じた違いとなります。


私個人としては、同じ強度でもパワーや推進力が出しやすくなったので、替えて良かったです。




ああ、あと巷の心配ごとについて、

チェーン落ちしやすいのか!?
 
→これはしやすくなると思います。
  が、私は一度もありません。
  特にインナーからアウターにする際、落ちやすいかなと思いますが、替える間不用意に踏まなければ大丈夫なようです。






以上、皆さんもバロックギアを試してみてはいかがですか!!!












ちょっと気になってきた方ポチッと!

にほんブログ村



チューブラーでの長距離遠征に光明が!

ども、おいでませ。


今週は、仕事が忙しいはずなのに、なぜか日中ブログ作成がはかどっています。



さて、今回は特にチューブラータイヤを履いてて、車や輪行で長距離遠征に出掛ける方に最適グッズを紹介します!
特にレースなどの参加が増えて、車で会場まで行く方は覚えがあると思いますが、チューブラーはすぐ空気が抜けるのでフロアポンプ(空気入れ→以下 ポンプ )が必携だと思います。

ただ、車移動の度に、普段家にあるポンプを毎回毎回持っていくのは、わずらわしいですよね!?


ってか、つい忘れちゃって困るって事もありますよね。。。。



そうそう!







そこで車に常備出来るポンプを探していました。
フロアポンプを置きっぱなしってのは、流石に場所取り過ぎですよね。

そうしたら調度良いのがありましたよ!!バスサイクルさんに!!w (バスサイクルさんのブログ




出張修理もOK…!







それがこちら!


























この写真ダイスキ!



すみません、画像間違えました。。。

こちら!





K1JP2586 posted by (C)basspurin
【スペシャライズド:Air Tool ComPak Floor Pump】

¥12,800(税込) 高えぇ!

こんな素敵なケースに収まっています。







K1JP2587 posted by (C)basspurin
中身はこんなです。
なんか良い音がしそうな楽器みたいですねw  パ~~ププ~~ッ!








K1JP2582 posted by (C)basspurin
実際の使用風景はこんなです。
なんか良い写真撮れた!!w
 
なんか部品転がってますが。
画像はHIROIです。その他なんの意図もございません。




どうですか〜⁉︎



実はまだ買ってないんですが、雰囲気エアゲージがなさそう。。。。
と思って確認するため、ブログを漁っていたら、


こちらのブログでエアゲージもあるって紹介されていました!



【自分流四十代 : 遠征用ポンプ【スペシャライズド:Air Tool ComPak Floor Pump】】



この方のブログで確認されたエアゲージの写真がこちら!




K1JP2577 posted by (C)basspurin
付いてましたww





ううん!?
しかしよく見るとこの方、今回の私と全く同じ動機で探していますね~。
いや~偶然!(親近感わくなぁ~)

ただ、品質や使い勝手が良いものは皆さん、同じように注目しているんですね~



→ねぇ~じゃねえよ、パクリだろパクリ








しかし、これで遠征時の空気入れも楽しくなっちゃいますね。




ただし、金持ちだけな!








次回は、チューブラー使い必携の携帯ポンプ、レイザンをパクリ レビューいたします!





いざ、バスサイクルへ!

にほんブログ村


富士ヒルの秘策!

ども、おいでませ。


いよいよ今週末に迫ってきました富士ヒルクライムですが、皆さん準備は万端でしょうか!?
私も試走に始まり、機材の整備、天候の変化による服装の準備など・・・



ほとんどまだ何にもしていない・・・






そんな中、先日の試走でパワーの基準などの他、補給についてもテストをしてきました。


補給というと、エナジーバーやゼリー、バナナ、塩タブレットからスポーツ羊羹など、皆さん普段から色々実践されていると思いますが、ヒルクライム大会(特に1時間以上が想定される富士ヒルなど)では、何が一番良いのか?


今回はこれらについて、書いていきたいと思います。




(考察)

普段のライドでは、ジェルタイプのものでなく〇〇バーやバナナ、羊羹、はたまたしっかり休憩して食事やケーキなど、固形物をしっかり取ることが大事のようです。


しかし、ヒルクライム大会など比較的短時間で終わるものは、そこまで補給にこだわらなくても良いかと思います。
(一部マラソンなどは違うようです。)


ただ、私の経験上、1時間を超すレースの場合(特に登り)、本気で登っていると途中でどうしても、パワーが減衰したり、空腹感を感じてしまったりします。


かといって、ヒルクライムやロードレース中にちゃんとした補給食をとることは、とても難しい。。。


では、どうしたら良いのでしょうか?








(絞込)

補給と考えると、どうしても固形物やしっかりしたものを考えがちですが、私の場合特にパワーの減衰 (いわゆるタレるというやつです。)を感じるため、これらを対策すればよいのではと考えられます。


所詮1~2時間程度の大会(ライド)なので、固形物をとっても消化されない可能性も高いため、パワーチャージを念頭に置いて考えると、間違いなく消化が速いジェルやドリンク系に絞られます。



そしてパワーチャージ系のジェルとしては、間違いなくコイツ!





image
久々heckunの登場です。




VIVA☆雑兵の公式エナジージェル 


 ATHLETUNE(アスリチューン)



商品紹介ページ


左から、

アスリチューン エナゲイン(以降、赤)

ポケットエナジー(以降、黒)

アスリチューン スピードキュア(以降、青)



まあ効果については、チームメンバーの殆どがブログで記載してますので割愛します。

ざっと説明すると、


エネルギー生産促進、血行促進の効果があり、運動直前や運動中の摂取がベスト

運動中のエネルギー補給

筋肉ダメージの回復、疲労物質の分解効果があり、運動後の素早い摂取がベスト



となりますが、特に赤の効果が凄いこと凄いこと。




富士ヒルを見越して大量追加購入!

 







(対策)

ここまででエネルギー補給が必要だと述べてきましたが、ではどのタイミングで服用すれば良いか⁉︎


ここで分野は違いますが、マラソンランナーでアスリチューンジャンキーの方のブログ(ウルトラランナーへの道)が非常に参考となります。


マラソンのタイム別に、2時間台の人、3時間台の人など詳しく書かれています。


これらを参考に、試行錯誤を繰り返した結果、1番ベストを維持できて、タレにくい補給タイミングが見えてきました。


【富士ヒルブロンズレベルの補給】

前日夜  

当日スタート20分前

10㎞地点

16㎞地点

ゴール後


何故10㎞地点と16㎞地点という半端なタイミングになるかと言うと、赤などは効果が出るのに多少タイムラグがあるため、少し手前で飲み始めるのが良かったからです。



人によっては、10㎞で黒、20㎞で赤だったり、

40分経って黒、更に20分経って赤でも良いと思います。






(便利な使い方)

最後にレース中に補給をする場合、便利なやり方を、これも先ほどのブログで紹介していましたので、真似してみました。



先ずジャージポケットに黒、赤を忍ばせると思いますが、

セロテープなどで、こうして括っておけば、


まさかの画像まで借用…


ジャージポケットから取り出しやすく、飲み易いです。


特に、最後の残った部分を絞り出す時、通常両手で絞らないと上手く出てきませんが、この形状にしておけば、片手で簡単に絞ることができます!






アスリチューンの唯一の欠点は、飲み口を開ける際、小さなゴミが出ることです。

ヒルクライムで一生懸命の中、この小さなゴミを処理するのは正直メンドクサイ…


かといって捨てるわけにはいかない…


と言う事で、開け口をセロテープで結んであげると、


まさかの画像借用2



この状態で口を開けると、


まさかの画像借用3


小さなゴミも分離せずに済みます。



これで富士ヒル対策は万全。

皆さんも試してみては如何ですか⁉︎



【アスリチューンの販売サイト】

HAYATOネットショップ



あとは、雨が降った際の対策を考えるだけです。

しかし、ふくらはぎの違和感が取れません…

どうしよう〜



にほんブログ村 


livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ